season1-9*「敵と味方の境界線」

season 1

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード9 「敵と味方の境界線」

<SUITSの概要とあらすじ>
<人物紹介:ガブリエルマクト>

ハーヴィージェシカと共に低所得者向けの
住宅建設プロジェクト(ステーブル・シェルター)を
進めているクライアントのルシール・ジャクソン
の元へ来ていた。

彼女はホームレス用の住宅プロジェクトを行っており
資金の一部を投資会社に回していたが、その投資会社
のCEOのアンソニー・マズロに横領され友人の
ジェシカに相談をしていた。

「ハーヴィーが銀行にコネがあって繋ぎ融資が決定
したわ」ジェシカがルシールに報告しファイルを渡す。

ルシールは書類に目を通すと
年利15%?高すぎるわ!」
「返済能力が心配らしい」

「マズロに横領されたお金が戻らなきゃ、大勢の
人が路頭に迷うわ」とルシールが訴える。

「午後から投資会社のナンバー2のパーキンス
事務所に来るから、ボスの悪事を聞き出すよ」
と、言い残し、ハーヴィーとジェシカは事務所に
戻った。

ハーヴィーはオフィスでマイクと共に
『クラリティー・ドリリング社』の
ジェローム・ジェンセンを迎えていた。

「今日は会社の株式公開の事じゃなくてね、
娘のローラの件で来た」と言い、ハーヴィーに
ローラのIDを渡すと、ハーヴィーはIDを見て
「ローラが偽のIDで何をしているんです?」
と質問する。

「それを調べて欲しいんだ。パーティーでバッグ
から落としたのに気が付いていなんだ」

「心当たりは?」とハーヴィーが聞くと、ジェローム
は顔を曇らせて
「ここ数年、ローラとは上手くいってなくてね、、」
と切り出し

「聞いても答えないだろう、何か知りたいとは思わない
片をつけて欲しいんだ」とハーヴィーに頼んだ。
ハーヴィーは頷いて、この件を引き受けた。

ジェンセンが帰るとハーヴィーは
「俺はシェルターの件で手が塞がってるから、この件は
任せてもいいか?」
と聞くと、探偵でも雇えばいい
のにと言うマイクに

「探偵じゃあ問題の後始末はできない、俺はジェンセン
にとって『ゴッドファーザーのロバート・デュバル』
相談役だ」

「それなら僕はハーヴィーにとっての
『ロバート・デュバル』だ」
と嬉しそうに言うマイクに
「お前はフレドだ」
「フレド?それはない」と首を振りながら、マイクは
ローラの所へ向かった。

ゴッドファーザー PART II (デジタル・リストア版) [Blu-ray]

ルイスはハーヴィーが来客中だった為、
エリオット・パーキンスの証言録取を一人で行う
事にした。

ルイスは早速「あなたは眠れていますか?」
と質問し「眠れますよね、家もベッドも水道もある。
一方シェルター住宅が建たないと路頭に迷う人が
何千人もいる、、あなたが横領したせいで」

「そんな事してない、濡れ衣だ」
「関与を否定するんですか?ケイマンのオフショア
口座に『2000万ドル』ありますね」

「あの金はやましい金じゃないし、会社とは無関係
の金だ!」
「事件が公になれば、奥さんや子供も非難されますよ。
横領の分け前か口止め料かに決まってる!助かりたい
ならマズロを売りなさい」

ヒートアップするルイスに相手の弁護士
(ロバート・ゲラー)
「これじゃあまるで取り調べだ」と言い、割って入るも
「虚偽の損失を計上したのもあなたでしょ!」と
止まらないルイス。(*_*;

パーキンスも感情的になり、声も大きくなる。
「私は何も知らないし、やってもいない!とりあえず
水を飲ませてくれ」と冷や汗をかき、苦しそうに
ネクタイを緩めるが、ルイスは

「ダメです、水は無い。証言すれば楽になりますよ」
と言うと、ロバートは「ココまでだ、10分休ませろ」
と強制的にビデオカメラを止めた。

ハーヴィーがパーキンスの証言録取に向かうと
ストレッチャーに横たわり運ばれるパーキンスが
目の前を通り、その後ろからロバートが歩いて来た
のでパーキンスに何があったか問うと
「お宅の猛犬にに聞け!」と吐き捨てて出て行った。

しばらくすると、ハーヴィーの携帯に
『パーキンスが死亡した』メッセージが入る。。

ハーヴィーとルイスはジェシカに呼ばれオフィスへ
行くと、パーキンスの死因は肺塞栓症だった事がわかり
ルイスの責任ではない事がわかった。

ジェシカはルイスを退席させると、ハーヴィーに
ルイスは金融犯罪に詳しく事務所にとって必要な人材
だと話すが『お荷物扱い』するハーヴィーに
扱いにくいのはあなたも同じよ、と諭す。

そして、内輪揉めで負けたなんてルシールに言えない
から、大人になって仲良くやりなさい。と指示を出すと
ハーヴィーはうんざりとした顔でジェシカのオフィス
を出て行った。

廊下を出るとマイクが現れ
「ローラが偽名に使った名前は父親の会社の経理課
に実在した」
と報告してきたが、報告はしなくて
いいから解決しろと、追い返した。

ハーヴィーは自分のオフィスに戻るとルイスが来て
レコードコレクションを見ていた。

そしてルイスが「二人で取り組む案件だから、
ルールを決めよう」と話し始めると、ハーヴィーは
「ルールその1、俺のレコードに触るな、レコード
以外も触るな」
と言った為、ルイスは素直に手放し
ソファに座った。

すると「そのソファーにもだ」と言われ、ルイスは
立ち上がり「仲良くやろう、君との関係を修復
したいんだ」と言うと「まるで倦怠期の夫婦みたいな
セリフだ。俺達が新証人を得る前に、先方は裁判を
したがっている」

「ハッタリを使おう」
「パーキンスは何も言ってないのに、言った事に
するのか?」

「他に解決策があるのか?」

「彼の口座を調べさせてるし、証人候補もいる」
というが、マズロの口を割らせてやると意気込む
ルイスに
「当面、直接抗議はしない、コレは命令だ!」
と強く言いルイスを制した。

マイクはジェンセンの娘のローラ・ジェンセン
会う為、コロンビア大学へ来ていた。

マイクはローラに会うと挨拶もせずに、なぜ偽の
IDを持っているのか?
質問するとローラが「誰?」と聞くので
「マイク・ロス弁護士です」と名乗った。

「ピアソン事務所?何の用?」
「お父さんが心配なさってます」
「本当に心配なら自分で来るでしょ?スーツ野郎
なんか寄こさない」

「僕の事知らないでしょ?でも、僕は知ってる。
キミは偽造IDで父親の会社に、偽の会社
『ロックスリー会社』へ入金させたね。現時点で
200万ドルお金を盗んでる。理由は聞かないので
今スグに返却して下さい」

するとローラは「むしろ理由を聞くべきだわ」
と言い話し始める。

「父の会社が持っている採掘場の地下水、メタン
ベンゼンの数値が尋常じゃない。コレは採掘前の数値
そしてこっちは先週の数値」
といい、マイクにパソコンの画面を見せた。

「社外秘の情報だろ?」
「私、コンピューターは得意。ハッカーなの」
『ロックスリー』って、『ロビン・フッドの村の
名前』か」
微笑むマイクには見向きもせずに

「汚染は肝臓がんや不妊の原因になる、罰金はほんの
はした金だった、あなたの事務所が賠償金を交渉
して、、」ローラが話し終えないうちに、マイクは
「動機が何であれ、やっている事は犯罪だ」

「脅しても無駄よ、父は株式公開を控えているから、
盗まれた事は公表しない。お金を返す気はない、
被害者に渡すわ」

ローラは勝ち誇った顔で言うと、パソコンの画面を
パタンと閉め、マイクを残し立ち去ってしまった。

ハーヴィーはレイチェルにパーキンスの2000万ドル
の出所を調べてもらい、報告を受けていた。

「存命中の親族からは何も出なかったので、既に
亡くなっている親族を調べてみたらわかりました。
パーキンスのお金は伯母の遺産です」

そこへルイスが通りがかり
「レイチェルの直属の上司は私だ」と言うので、
ハーヴィーはレイチェルに
「気の毒に、何とか改善するよ」と言うと、ルイスは
「今、マズロと弁護士がきてる。私は呼んでない、
自分から来たんだ」と報告しにきた。

ハーヴィーとルイスが会議室へ入ると、既にマズロと
弁護士のロバートとアシスタントの女性(イネス)
着席していた。

「とっくに引き渡し協定の無い国へ、高跳びしたと
思っていましたよ」

「証人が亡くなったいま、訴訟は無意味だ」とロバート
が話すと、イネスは「弊社の内部調査の資料です」
と言い、厚い冊子を手渡した。

「その資料はパーキンスの不正の証拠だ。
投資家だけでなく、CEOの私も騙された」
ルイスは資料に目を向け
「ルシールはキミらに1億5000万ドルの運用を任せた、
残りの1億3000万は何処にある?」

質問が聞こえなかったかのように、ロバートは
「今日は和解を申し入れに来たんだ、1500万ドル
でどうだ?」と言った。

「たったの1割?話しにならない」
「投資にリスクはつきものだ、それが嫌なら短期国債か
タンス貯金にするべきだ」とロバートが話すと

「こちらでは作り話しではなく、実話を用意した。
パーキンスの口座の金は伯母の遺産だ。なので
1億5000万はまだ消えたまま。こんな資料はタダの
紙屑だ」

と話し、ハーヴィーは伯母の遺産である証明資料を
渡すとイネスの顔が曇った。

「でもルシールは和解提示を受け入れるんじゃないか?
資金繰りが崖っぷちだろ?」とマズロは何食わぬ顔で
発言する。
「せっかくだが、受け入れられない。勝手に来たん
だから
勝手に帰って下さい」

ルイスはハーヴィーと二人になると
「私のハッタリは非難したのに、自分はハッタリを
使うのか?」
「ハッタリじゃない、パーキンスは潔白だったんだ」
驚きで呆然とするルイスを置き去りにして、ハーヴィー
は会議室から出て行った。

ルシールはジェシカのオフィスに来ていた。
ハーヴィーはルシールに1500万ドルでの和解の話しが
あった事を報告し、足元を見た和解額だと付け足した。

1500万ドル