season1-6*「長年の親友」

season 1

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード6 「長年の親友」

<SUITSの概要とあらすじ>
<人物紹介:ガブリエルマクト>

マイク・ロスが自分のデスクで仕事をしていると
ルイス・リットが訴訟に勝った様子で機嫌よく
ハーバード大学の校歌を歌いながら入ってきた。

アソシエイト達も一緒に歌い始めると、歌を知らない
マイクにルイスは「歌、知らないな?」と疑いの
目を向けた。

すると、すかさずハーヴィー・スペクター
「俺も歌詞は知らない、コーラスのオーディション
か?」
とマイクをフォローする。

ルイスは「1億ドルの支払い命令を二審で覆した」
と言うと「俺ならそもそも一審で負けてない」
言われ悔し気にその場を立ち去った。

ハーヴィーはマイクのデスクに小さな箱を置くと
「名刺だ。コレで俺の過ちが公になる」と言って
「ハーバードの応援歌も覚えておけよ~」
言いながら、会議室へ向かった。

事務所での会議中、ハーヴィーと代表のジェシカ・
ピアソン
が話していると、マイクの携帯が鳴る。

ハーヴィーに会議中はマナーモードにしておけと
言われたが、「鳴っている電話には出ろ」と言われた
為、ボタンを押すと「部屋の外でだ」と呆れられ
会議室を出た。
電話に出ると、悪友のトレヴァーからだった。

ハーヴィーにはトレヴァーとは縁を切れと言われて
いたマイクだが、事情を聞いて悩んだ末、警察へ
行きトレヴァーが出てくるとハグをして、
カフェに向かった。

「保釈金は必ず返す」
「良かった。貯金をはたいたから」
「でも、今は金が無いんだ」
「密売で月に1万ドル稼いでたろ?」
「もう、足を洗ったんだ。お前とケンカした後、何も
かも最悪でジェニーとも別れた。お前は
ウォール街でゴードン・ゲッコーにでもなったのか?」

ウォール街(特別編) [AmazonDVDコレクション]

「何で電話した?他に頼みたい事は?」
マイクが来てくれて嬉しいトレヴァーとマイクの
気持ちには温度差があった。

「前科がつくことは避けたい、いい弁護士
知らないか?」「いや、知らない」と、話しをしつつ
財布からお金を出すと、テーブルの上へ置き店を出た。

マイクはハーヴィーとの約束の時間に少し遅れて現れた
「俺の時間を10分も無駄にした」
「怒る為に待ってたの?」
「お前が持ってる書類が無ければ、ライセンス契約が
できない。俺とレイの会話中に、携帯が鳴ったら
放り出すからな」
と言って、運転手のレイにCDを
手渡すと「59年のエディ・ホープ&マニッシュボーイズ
何の曲だ?3回チャンスをやるぞ」
と言うとレイは

♪ウォン・ビー・ア・フール・ノー・モア♬
見くびらないでください」と一節歌ってみせた。
そしてマイクに「大丈夫、間に合いますよ」と
微笑んだ。車内でレイとハーヴィーはレコード談義を
していると、車が急にぶつかってきた。

降りてみるとぶつかってきた相手はタクシーだった。
タクシー運転手のハリー・サンタナ
「ハイヤーの奴は道を譲るって事を知らないのか?」
「そっちの信号は赤信号だろ!」とレイも譲らない。
「こっちは黄色だったぞ!」と言い合いをしていると
警察官が来て仲裁に入った。

警察官はハーヴィーにも話を聞きたいと言う為
ハーヴィーはマイクに「先に依頼人の家へ行け。
契約の話はせずに、愛想よく相槌を打って、
可愛くしてろ」
と指示をした。

マイクは依頼人のジョイ・マカフィーさんの家へ
到着し、ハーヴィーは事故で少し遅れる旨を伝えると
「私の事はジョイと呼んで『お嬢さんたち』
とお茶でも飲まない」と誘われたのでマイクは
「喜んで」と答え後をついて行く。

部屋に入ると大きな丸いテーブルには5人のお人形の
女の子がテーブルに座っていた。
ジョイは「スージー、サラ、ステイシー、シンクレア
サブリナ」とお人形を紹介し始めた。

「私の娘たちの名前が付いてるの、母親として娘たちに
いい人形を作りたかった、でも1体90ドルもする
お陰で私は執事も雇える程になったわ」
「ライセンス契約まで取れて凄いです」と話していると
ハーヴィーから着信があり、電話に出ると

「依頼人の前で電話に出るな」
「でも、あなたからの着信だから出たんだ」
「そっちはどうだ?」
「ティーパーティーの途中」
「ジョイに電話を替われ」

ハーヴィーはジョイに今日は行けそうもない事を
謝ると、ジョイはマイクの事が気に入ったと話し
お茶をしたら返すわと伝えた。

マイクがハーヴィーの元へ戻ると、代表のジェシカ・
ピアソン
が現れ「ジョイが急にライセンス契約を
しないと言い出したわ、契約を結ばせるはずでは?
5カ月かけた契約よ。私を怒らせないでね」と
ハーヴィーに伝えると「心配ない」とその場を収め
ジェシカは出て行った。

ジェシカが出て行くとハーヴィーは秘書の
ドナ・ポールセンにジョイとのティーパーティーの
再セッティングと娘5人の名前を調べるように
お願いした。すると、そこへピザのデリバリーが
届いたので、ハーヴィーはピザは注文していない
と言うと、配達人は箱を開けて「呼出状です」と
言い、紙切れを渡された。

書面を確認すると、タクシー運転手のハリーが
レイを訴えハーヴィーを証人に指名する書類だった。

マイクは自分の失敗を挽回しようとハーヴィーに
願い出たが『子犬に粗相の後始末は出来ない』と言われ
落ち込んでいるとトレヴァーから電話があり、明日の
夜に保釈金を返して貰える事となった。

ハーヴィーはタクシー会社へ足を運びハリーに
会いに来た。
「保険で片はつく訴えを下げろ」
「精神的苦痛を受けた」
「一度しか忠告しない。もう手を引け」
「高級スーツを着て散髪に500ドルかけてる奴なんて
怖くない」

「レイを訴えるなら、俺が弁護する。あんたが負けて
払う金で散髪し放題だ」

「なら証言は頼まない、雇い主には責任を取って
もらう」「『アリー・myラブ』の見すぎだ」
「俺は移住に苦労した。弁護士を雇えず市民権を求め
1人で裁判を闘ったんだ。だから法律にはかなり
詳しい」

「俺はシングルモルトに詳しいが作れるふりはしない」
「政府は俺に勝てなかった。あんたもだ!」
ハーヴィーは微笑んでその場を後にした。

マイクはハーヴィーに止められたが、ジョイの所へ
来ていた。

マイクはジョイにまだ若いし働ける、お金も契約後の
利益を考えれば2億ドルは安いと、説得したが、
ジョイは身体が心配な訳ではないし、お金も沢山ある。
自分が欲しいのは、孫たちとの時間と環境の変化が
欲しいと言ってタヒチ旅行の資料をマイクに見せた
のだ。

会社を手放す意志は、より強くなった様子でマイクは
自分の失態に落ち込んだ。

ハーヴィーがオフィスへ戻ると書類を握りしめた
レイが部屋に入ってきて
「何百万ドルもの賠償金を払えと訴えられた。
車の修理でお金がかかるので訴訟より働かないと
いけないんです。それに負けたら免許の更新費用
すら出せません」と困り果てた顔で言うので

「そうならない様に、俺が弁護する。主義に反するが
無料で引き受ける
」と伝えると
レイはホッとした様子で「何て言えば、、」と
感謝を表した。

「俺は名声を保ちたい。それに裁判所に訴えを却下
させれば済む」
と言ってドナに審理を優先するように
手回しを頼むと「担当はパレルモ判事よ」と言われ
「もう一つ主義に反する事をしないといけない
のか、、」

と渋々向かった先はルイスの所だった。

ルイスに頼み事をするのは気が向かないが
パレルモ判事との橋渡しを頼んだ。

少しするとルイスがオフィスに来て、パレルモ判事が
審理の前倒しをしてくれると伝えに来た。
そして、その見返りに自分の秘書のノーマが
2週間不在の間、ドナを借りたいと言われ
「ドナだけはダメだ、他の事にしてくれ」
言ったが、思い直し「ドナを説得出来たら、
連れて行っていい」
と言った。

ルイスはドナにお伺いを立てると、、
『私はお祭りの景品じゃないわ』と涙を流すので
どうして良いのかわからず、諦めその場を去った。

ルイスが去ったのを確認すとドナはハーヴィーに
「楽しかったわ」と顔を明るくして言った。

ハーヴィーはドナに
「前にキミが泣いたから、両親を俺の部屋に泊めた
時のもウソ泣きか?」
と聞くと、ドナは怪しげに
微笑んだ。

マイクは保釈金を返して貰いにトレヴァーと会って
いた。そこで財布から名刺が落ちて、資格が無いのに
弁護士をしている事を知られてしまった。

店を出ようとした所、二人組の男がこちらを
見ているのがマイクは気になったがトレヴァーに
促され店を出た。
店を出た所で、二人の男について問いただしたが
はぐらかされてしまった。

ハーヴィーはパレルモ判事の元に来ると
タクシー運転手のハリーも来ていた。
「本件は保険でカバー出来るので却下すべきです」
と伝えると
「保険は修理代しか補えない。アメリカでは誰でも
公正な裁きを受ける権利がある。差別や事故には
代位責任があり、雇い主は被用者の責任を負う義務
がある」とハリーが判事に訴えると
「明日、審理を始める」と判事は二人に伝えた。

翌朝マイクはハーヴィーのオフィスへ行き
「事故の調書、信号機の分析、競売の参加者と
入札記録」
と言いファイルを渡し報告をしていると
ジェシカが新聞を持って入って来た。

プロボノは事務所のイメージアップの為に
するもので、コレは金持ちが庶民をイジメる図よ」
そう言って出て行った。

マイクも出て行こうとした所、ハーヴィーに
呼び止められ
「この前、会議中にあった電話、誰からだ?」
「友達が急用でかけてきた」
「お前を薬物取引に行かせたトレヴァーだろ」
「一番古い友達で放っておけなかった」
「留置場からか?俺は人