season1-6*「長年の親友」

season1-6*「長年の親友」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード6
「長年の親友」

<SUITSの概要とあらすじ>
<人物紹介:ガブリエルマクト>

マイク・ロスが自分のデスクで仕事をしていると
ルイス・リットが訴訟に勝った様子で機嫌よく
ハーバード大学の校歌を歌いながら入ってきた。

アソシエイト達も一緒に歌い始めると、歌を知らない
マイクにルイスは「歌、知らないな?」と疑いの
目を向けた。

すると、すかさずハーヴィー・スペクター
「俺も歌詞は知らない、コーラスのオーディション
か?」
とマイクをフォローする。

ルイスは「1億ドルの支払い命令を二審で覆した」
と言うと「俺ならそもそも一審で負けてない」
言われ悔し気にその場を立ち去った。

ハーヴィーはマイクのデスクに小さな箱を置くと
「名刺だ。コレで俺の過ちが公になる」と言って
「ハーバードの応援歌も覚えておけよ~」
言いながら、会議室へ向かった。

事務所での会議中、ハーヴィーと代表のジェシカ・
ピアソン
が話していると、マイクの携帯が鳴る。

ハーヴィーに会議中はマナーモードにしておけと
言われたが、「鳴っている電話には出ろ」と言われた
為、ボタンを押すと「部屋の外でだ」と呆れられ
会議室を出た。
電話に出ると、悪友のトレヴァーからだった。

ハーヴィーにはトレヴァーとは縁を切れと言われて
いたマイクだが、事情を聞いて悩んだ末、警察へ
行きトレヴァーが出てくるとハグをして、
カフェに向かった。

「保釈金は必ず返す」
「良かった。貯金をはたいたから」
「でも、今は金が無いんだ」
「密売で月に1万ドル稼いでたろ?」
「もう、足を洗ったんだ。お前とケンカした後、何も
かも最悪でジェニーとも別れた。お前は
ウォール街でゴードン・ゲッコーにでもなったのか?」

ウォール街(特別編) [AmazonDVDコレクション]

「何で電話した?他に頼みたい事は?」
マイクが来てくれて嬉しいトレヴァーとマイクの
気持ちには温度差があった。

「前科がつくことは避けたい、いい弁護士
知らないか?」「いや、知らない」と、話しをしつつ
財布からお金を出すと、テーブルの上へ置き店を出た。

マイクはハーヴィーとの約束の時間に少し遅れて現れた
「俺の時間を10分も無駄にした」
「怒る為に待ってたの?」
「お前が持ってる書類が無ければ、ライセンス契約が
できない。俺とレイの会話中に、携帯が鳴ったら
放り出すからな」
と言って、運転手のレイにCDを
手渡すと「59年のエディ・ホープ&マニッシュボーイズ
何の曲だ?3回チャンスをやるぞ」
と言うとレイは

♪ウォン・ビー・ア・フール・ノー・モア♬
見くびらないでください」と一節歌ってみせた。
そしてマイクに「大丈夫、間に合いますよ」と
微笑んだ。車内でレイとハーヴィーはレコード談義を
していると、車が急にぶつかってきた。

降りてみるとぶつかってきた相手はタクシーだった。
タクシー運転手のハリー・サンタナ
「ハイヤーの奴は道を譲るって事を知らないのか?」
「そっちの信号は赤信号だろ!」とレイも譲らない。
「こっちは黄色だったぞ!」と言い合いをしていると
警察官が来て仲裁に入った。

警察官はハーヴィーにも話を聞きたいと言う為
ハーヴィーはマイクに「先に依頼人の家へ行け。
契約の話はせずに、愛想よく相槌を打って、
可愛くしてろ」
と指示をした。

マイクは依頼人のジョイ・マカフィーさんの家へ
到着し、ハーヴィーは事故で少し遅れる旨を伝えると
「私の事はジョイと呼んで『お嬢さんたち』
とお茶でも飲まない」と誘われたのでマイクは
「喜んで」と答え後をついて行く。

部屋に入ると大きな丸いテーブルには5人のお人形の
女の子がテーブルに座っていた。
ジョイは「スージー、サラ、ステイシー、シンクレア
サブリナ」とお人形を紹介し始めた。

「私の娘たちの名前が付いてるの、母親として娘たちに
いい人形を作りたかった、でも1体90ドルもする
お陰で私は執事も雇える程になったわ」
「ライセンス契約まで取れて凄いです」と話していると
ハーヴィーから着信があり、電話に出ると

「依頼人の前で電話に出るな」
「でも、あなたからの着信だから出たんだ」
「そっちはどうだ?」
「ティーパーティーの途中」
「ジョイに電話を替われ」

ハーヴィーはジョイに今日は行けそうもない事を
謝ると、ジョイはマイクの事が気に入ったと話し
お茶をしたら返すわと伝えた。

マイクがハーヴィーの元へ戻ると、代表のジェシカ・
ピアソン
が現れ「ジョイが急にライセンス契約を
しないと言い出したわ、契約を結ばせるはずでは?
5カ月かけた契約よ。私を怒らせないでね」と
ハーヴィーに伝えると「心配ない」とその場を収め
ジェシカは出て行った。

ジェシカが出て行くとハーヴィーは秘書の
ドナ・ポールセンにジョイとのティーパーティーの
再セッティングと娘5人の名前を調べるように
お願いした。すると、そこへピザのデリバリーが
届いたので、ハーヴィーはピザは注文していない
と言うと、配達人は箱を開けて「呼出状です」と
言い、紙切れを渡された。

書面を確認すると、タクシー運転手のハリーが
レイを訴えハーヴィーを証人に指名する書類だった。

マイクは自分の失敗を挽回しようとハーヴィーに
願い出たが『子犬に粗相の後始末は出来ない』と言われ
落ち込んでいるとトレヴァーから電話があり、明日の
夜に保釈金を返して貰える事となった。

ハーヴィーはタクシー会社へ足を運びハリーに
会いに来た。
「保険で片はつく訴えを下げろ」
「精神的苦痛を受けた」
「一度しか忠告しない。もう手を引け」
「高級スーツを着て散髪に500ドルかけてる奴なんて
怖くない」

「レイを訴えるなら、俺が弁護する。あんたが負けて
払う金で散髪し放題だ」

「なら証言は頼まない、雇い主には責任を取って
もらう」「『アリー・myラブ』の見すぎだ」
「俺は移住に苦労した。弁護士を雇えず市民権を求め
1人で裁判を闘ったんだ。だから法律にはかなり
詳しい」

「俺はシングルモルトに詳しいが作れるふりはしない」
「政府は俺に勝てなかった。あんたもだ!」
ハーヴィーは微笑んでその場を後にした。

マイクはハーヴィーに止められたが、ジョイの所へ
来ていた。

マイクはジョイにまだ若いし働ける、お金も契約後の
利益を考えれば2億ドルは安いと、説得したが、
ジョイは身体が心配な訳ではないし、お金も沢山ある。
自分が欲しいのは、孫たちとの時間と環境の変化が
欲しいと言ってタヒチ旅行の資料をマイクに見せた
のだ。

会社を手放す意志は、より強くなった様子でマイクは
自分の失態に落ち込んだ。

ハーヴィーがオフィスへ戻ると書類を握りしめた
レイが部屋に入ってきて
「何百万ドルもの賠償金を払えと訴えられた。
車の修理でお金がかかるので訴訟より働かないと
いけないんです。それに負けたら免許の更新費用
すら出せません」と困り果てた顔で言うので

「そうならない様に、俺が弁護する。主義に反するが
無料で引き受ける
」と伝えると
レイはホッとした様子で「何て言えば、、」と
感謝を表した。

「俺は名声を保ちたい。それに裁判所に訴えを却下
させれば済む」
と言ってドナに審理を優先するように
手回しを頼むと「担当はパレルモ判事よ」と言われ
「もう一つ主義に反する事をしないといけない
のか、、」

と渋々向かった先はルイスの所だった。

ルイスに頼み事をするのは気が向かないが
パレルモ判事との橋渡しを頼んだ。

少しするとルイスがオフィスに来て、パレルモ判事が
審理の前倒しをしてくれると伝えに来た。
そして、その見返りに自分の秘書のノーマが
2週間不在の間、ドナを借りたいと言われ
「ドナだけはダメだ、他の事にしてくれ」
言ったが、思い直し「ドナを説得出来たら、
連れて行っていい」
と言った。

ルイスはドナにお伺いを立てると、、
『私はお祭りの景品じゃないわ』と涙を流すので
どうして良いのかわからず、諦めその場を去った。

ルイスが去ったのを確認すとドナはハーヴィーに
「楽しかったわ」と顔を明るくして言った。

ハーヴィーはドナに
「前にキミが泣いたから、両親を俺の部屋に泊めた
時のもウソ泣きか?」
と聞くと、ドナは怪しげに
微笑んだ。

マイクは保釈金を返して貰いにトレヴァーと会って
いた。そこで財布から名刺が落ちて、資格が無いのに
弁護士をしている事を知られてしまった。

店を出ようとした所、二人組の男がこちらを
見ているのがマイクは気になったがトレヴァーに
促され店を出た。
店を出た所で、二人の男について問いただしたが
はぐらかされてしまった。

ハーヴィーはパレルモ判事の元に来ると
タクシー運転手のハリーも来ていた。
「本件は保険でカバー出来るので却下すべきです」
と伝えると
「保険は修理代しか補えない。アメリカでは誰でも
公正な裁きを受ける権利がある。差別や事故には
代位責任があり、雇い主は被用者の責任を負う義務
がある」とハリーが判事に訴えると
「明日、審理を始める」と判事は二人に伝えた。

翌朝マイクはハーヴィーのオフィスへ行き
「事故の調書、信号機の分析、競売の参加者と
入札記録」
と言いファイルを渡し報告をしていると
ジェシカが新聞を持って入って来た。

プロボノは事務所のイメージアップの為に
するもので、コレは金持ちが庶民をイジメる図よ」
そう言って出て行った。

マイクも出て行こうとした所、ハーヴィーに
呼び止められ
「この前、会議中にあった電話、誰からだ?」
「友達が急用でかけてきた」
「お前を薬物取引に行かせたトレヴァーだろ」
「一番古い友達で放っておけなかった」
「留置場からか?俺は人の心を読むのが仕事だ。
奴は友達じゃない、お前の足かせだ。
また捕まる。次も金を払って助けるのか?」

「彼のお陰で、あなたに会えた」
「縁を切れ」

【冷たいようだけど、マイクを守りたいんだよね。。】

事務所には昨夜の男、二人組がマイクの名刺を持って
訪ねて来ていた。
マイクは離れた所から二人組を見つけると
エレベーターに乗り外へ出て走り出した。

二人の男は後を追ってきたが、マイクは外にいた
警察官に話しかけ、二人の男に指を差し、道を聞いて
いると男達は勘違いをして離れて行った。

そして、マイクはトレヴァーに電話をして留守電に
説明を求めるメッセージを残した。

男達を撒いて戻るとハーヴィーと依頼人のジョイの
所へ行く事になった。
車を降りると、マイクのジャケットが破れているのに
気が付いたハーヴィー。
マイクはジャケットを脱ぎカップケーキ36個を
持って行こうとすると、、

「破れた理由を聞いているんだ」
「二人の男が事務所に僕を訪ねてきた。理由は
知らないけど、トレヴァー絡みだ」

「忠告を忘れたか?」
「ハーヴィーだってライセンス契約より、友人の
レイを優先してる」

「なぜ俺がレイを助けていると思う。昔、3000ドルを
車に忘れた時に偶然運転手だったのが彼だ。
俺を探して届けてくれた。
事故ではまず、俺達の無事を確認してくれた。
彼は見限れ、それにライセンス契約の事も忘れてはい
ない。黙ってついてこい」
そう言って、ジョイの家の
チャイムを鳴らした。

部屋に入ると沢山の孫達が部屋を散らかし大騒ぎを
していた。ハーヴィーはジョイに
「株はまとめて売るし、後任の手配と引退の
準備は進めている」
と伝えるとジョイは
「孫達を呼び寄せてくれたのね、ありがとう」と
感謝を述べたが「この子達をいつ返すの?」
と騒ぎと散らかしに困惑気味だ。

「明日の朝一に飛行機で返します」と言うと
ジョイはホッとした表情を見せた。

そして、レイの法廷審理がハリーの冒頭陳述から
始まった。
「タクシーの仕事は地味ですが堅実です、開業許可を
取り自分の車にお客様を乗せるのが夢でした。
だからコツコツ貯金して、落札出来るように
頑張りました。
しかし、あの人達のせいでチャンスを失いました。
私はヘッドライトが壊されたからではなくて、
私の夢が壊されたからこうして訴えているのです」

熱のこもった陳述にレイは
「まるで大統領演説のようだ。陪審員の心を掴んでる」
と呆れた。ハーヴィーは
「今は相手のフリースロー中でディフェンスは
出来ない」
と言うと、レイが「ディフェンスは得意?」
と聞くのでハーヴィーは冒頭陳述が終わると、、

「異議あり、困惑させています」「認めます」
「異議あり、論争的です」「認めます」
「異議あり、誘導尋問」「認めます」
「異議あり、曖昧です」「認めます」
「異議あり、機密情報」「認めます」
「異議あり、挑発的です」「認めます」

ハーヴィーは正しい事をしているが、力の差が
ありすぎる。ハリーは眉間にしわを寄せ
最期に「もう一人話しを聞かせて下さい」と言って
マイクを指名した。

「出発の予定時刻は?」
「8時半です」
「あなたが来たのは?」とハリーが聞くとハーヴィーが
「異議あり、無関係です」と言うので、ハリーは
「運転手の心理状態を知る上で重要な質問です」
と言うと、裁判長に異議を却下された。
「8時40分です」
「運転手が急がなければ、打ち合わせに遅刻して
いましたね」
「はい」
「質問は以上です」と言って、陪審員の顔を見回し
席に着いた。

「あの日競売に行く途中でしたね。開始時間と
場所は?」

「市庁舎で9時から」
「警察の調書によると、事故は8時53分。ラッシュ時に
7分で市庁舎に行くのは難しい」
と言うと
ハリーは「異議あり、無関係です」と言った。

「あなたがさっき同様の質問をした時には、運転手の
心理状態を知る上で重要だと言った」
と言うと、
先程と同様に裁判長は異議を却下した。

「遅れそうだったのでは?」
「時間通りには始まらない」
「9時3分に一つ落札されています。遅刻したくなくて
赤信号でも渡ったのでは?そして事故になり、
罪を私たちに被せた」

「証拠はない」
「信号の色は?」
「黙秘します」
「民事訴訟で黙秘はできません。信号の色は?」
「そっちが突っ込んできたんだ!」
「アメリカの法制度に則り答えて下さい」

ハリーは何も言えずにハーヴィーの顔見ると
下唇を噛みしめて
「どうしても手に入れたかった」と言った。
ハーヴィーは
「サンタナ氏と協議させて下さい」と言って
裁判長の元へ行くと

「陪審員の評決より、和解した方がいい」
ハリーに提案した。
「和解金は?」
「いらない。過失を認め、レイの修理代も出せば、
弁護費用も請求しない」

「何て言えば、、」と言い首を横にふった。
「いいんだ。俺は名声を保ちたい。貴方も同じ
でしょう?大事な事だ」
と言ってハーヴィーは
裁判長の顔色を伺った。

結果が見えていた裁判長は話を急に振られて、
やれやれ、、という顔をしたところで、マイクの
携帯電話が鳴った。
ハーヴィーは呆れた顔でマイクを見ると、マイクは
法廷から出て行った。

マイクは廊下で電話に出ると
「5回も留守電を残したんだぞ」と、言ったが、
電話の相手はトレヴァーでは無かった。

「トレヴァーはいい加減だなぁ。1時間以内に
奴に貸している5万ドル払ってくれないと、
奴の命はないぞ」
「そんなに金は無い!」
と言ったが、電話は切られてしまった。

マイクは急いでトレヴァーの元へ行こうとした所
ハーヴィーが追いかけて来た。

「トレヴァーと手を切ってないな!」
「そうです。マズい事になったから、助けないと」
「半端者は立ち直りかけてもスグに堕落する」
「何を言われても僕は行く!」
「じゃあ、何があったか話せ!」

【ハーヴィーは本当にマイクと向き合ってる(T_T)】

ハーヴィーはカバンを持ってトレヴァーと二人の男の
所へ来ていた。
「トレヴァーの弁護士だ。本人からの依頼じゃないが」
「カバンを開けろ」

ハーヴィーがカバンを開けるとお金は入ってなかった。
カバンから写真を取り出して
「事務所の防犯カメラに写ってた。面は割れてる。
5分で俺が連絡しなければ、マイクは通報する。
罪は拉致に恐喝に麻薬取引」

「罪状に殺人も加えたいか?」と、言われると
「いい案がある」と言ってカバンから1枚の
書類を出し「コレに署名したら、俺はあんたの
顧問弁護士だ。不利になる証言は出来ない」

「貸した金はどうなる?」と言われると、次に
カバンから封筒を取り出して
「ココに1万ドルある。返済金だと思ってくれ」
言いその封筒を手渡そうとするが、自分のスーツの
内ポケットに入れて「だが、俺はタダ働きはしない。
報酬の手付金として1万ドルもらう。あんたらの弁護士
として、助言しよう。この書類にサインするんだ」

トレヴァーは解放され、マイクはトレヴァーに
しばらくニューヨークを離れろ、出直すには田舎が良い
と言いモンタナ行きのバスチケットを渡した。

事務所へ戻ると、ジェシカに封筒を渡される
ハーヴィー。
「無料奉仕したのは嬉しいけど、費用は払ってね」
「俺の弁護料を俺に払えと言ってるの?」
「1時間1000ドルで合計10時間」
「冗談でしょ?」
「部下の面倒もちゃんと見ているようね。
私が昔使った子犬の例えをして。ちなみに私は
あなたより大きい」と言うと、その場を立ち去った。

マイクが帰ろうと自転車の鍵を外していると
ハーヴィーが大きな箱を持ってやってきた。

「トレヴァーはど田舎行きのバスに乗ったか?」
「ここまで人助けしてまだ他人に無関心の振りをするの?」
ハーヴィーはそれには答えず
「ジョイから感謝の印が送られてきた。髪型がそっくりだ」と言うと
箱に入ったお人形を手渡された。

そしてハーヴィーは今日もレイの運転する車で
帰って行った。

今回タクシー運転手役(ハリー)の
本名:ホセ・ズニーガさんは皆さんも何処かで
見てるかも!
*「ザ・ラストシップ」のエル・トロ
*「スコーピオン」のルー・レイク刑事
*「デスパレートな妻たち」のヘレディア刑事
*「24」「クリミナルマインド」
「プリズンブレイク」他

エピソード7
「インサイダー取引の謎」へつづく、、

エピソード5
「暴かれた秘密」はこちら

*キャストはページ下記へ

<ひと手間のクリック↓が励みになります>

海外ドラマランキング

VOD(配信サービス)の
無料体験はコチラ

最新の配信状況は各サイトにてご確認下さい(^^♪
・SUITSは「season9」がファイナルシーズンです。

字幕・吹替
season
1~8
無料
hulu
字幕・吹替
season
1~8
8のみ有料

字幕
1~8
8のみ有料
吹替
1~6
無料
字幕・吹替
season
1~8
無料
パイレーツオブカリビアン
字幕・吹替
season
1~8
レンタル
DVD


VOD(配信サービス)比較表
AXNの視聴方法コチラ

 

<DVD購入派の方に>

<Amazon>

SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX

<楽天市場>

SUITS / スーツ シーズン1 バリューパック 【DVD】


SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [ ガブリエル・マクト ]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ

【CAST/キャスト】

    役     名     役     者     声     優
ハーヴィー スペクター ガブリエル・マクト 桐本 琢也
ドナ ポールセン サラ・ラファティ 行成 とあ
マイク ロス パトリック・J・アダムス  西 健亮
レイチェル ゼイン メーガン・マークル 世戸 さおり
ルイス リット リック・ホフマン 横島 亘
ジェシカ ピアソン ジーナ・トーレス 唐沢 潤
トレヴァー エバンス トム・リピンスキー 小林 かつのり
ラヒーム ベンガージ(レイ) アナンド・ラジャラム ハーヴィーの運転手
ハリー サンタナ ホセ・ズニーガ タクシーの運転手
ジョイ マカフィー スーザン・セントジェームス 依頼人
パレルモ判事 ハーヴェイ・アトキン