『ビッグバン・セオリー』シーズン10-5「汚染された風呂の法則」

season10

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

汚染された風呂の法則/ネタバレ

シーズン10.エピソード5/汚染された風呂の法則

<the Big BANG THEORYの概要とあらすじ>

レナードとペニーが二人でテレビを見ていると、
ケンカをして部屋へ入って来るシェルドンと
エイミー。

「キミたちがトイレのスケジュールを喜んで
守ってるって事、エイミーに言ってやってよ!」

「絶対無理」
「他人の人生をコントロールするのは不可能
よ!」とエイミーが言うと・・
「キミが運命を受け入れさえすれば可能だ」

「迷惑かけてごめんなさい」とエイミーは
ペニーとレナードに謝った。
「ああ、でもこれだけは覚えておいて、キミは
もう後戻りできない」

「私も妥協するけど、貴方も妥協してくれない
とね」とエイミーがシェルドンに言う
「その通りよ」とペニーは応戦。
「キミは妥協の女王だね、だからレナードと
結婚した」

「妥協じゃなくて、決着をつけたんだよ!」

宅麺

ハワードはバーナデットが出産前に二人きりの
時間が欲しいと願った為に、パームスプリングス
へ行く計画を立てた。
すると、ラージもバーナデットの出産前に二人
きりの時間が欲しいと言って、ハワードと二人で
コミックストアに行く事に。

「他人と暮らせば揉め事は起こる。話し合いは
大事だぞ」
とレナードに言われて、エイミーは
「じゃあ最初の議題【二人の歯ブラシは一つの
ホルダー】に入れさせて」

「僕たち別れよう。だって僕には雄として自分
のDNAを存続させたいという本能がある。
1人の相手に縛られる事はその本能に反する」

年に1度しか寝ないのに他の相手がいるの?」

「文句なら、生物学に言ってくれ、コレは奴らの
理論だからね」
「他の人がいいなら見つけてくれば!」
エイミーは怒りに任せて口走った。

2人の会話を聞いていた、レナードとペニー。
このままだと、シェルドンが家に帰ってきちゃ
事を心配し、二人を一旦引き離して頭を冷や
してもらう事にする。

バーナデットとハワードはパームスプリングス
へ旅行に行こうと思ったが、バーナデットの
つわりが酷くて、3時間のドライブは無理だと
判断した二人は、皆には内緒で家でのんびりと
過ごすことにした。

ハワードがバーナデットの足をマッサージして
いると外から物音がしてきた。
2階の窓から外を見てみると、スチュワートが
庭にあるジャグジーに入りに来たのだ!

2人がパームスプリングスへ行っていると思い
入りにきたのだ。「何か言ってやってよ」と
窓の外を眺めながらバーナデットが言うと。
「キミは茹でた鶏むね肉みたいだ~」って言う
のか?「何してるっ!て、怒鳴ってよ!」
「彼が傷ついちゃう」

宅麺

ペニーはシェルドンを連れてドライブに来たが
エイミーへの愚痴が止まらない。
「一緒に寝ると竜巻みたいな鼻息みたいだから、
地下に避難しそうなった」
「口を開けば同僚の文句を言うし」
「シャワーから出ると生肉を見るみたいに僕を
品定めするんだ」

「レナードも同じよ、それに毎朝この挨拶から
始まるの『ヘ~イ』」
「あれか・・僕の方がよほど暮らしやすいよ」
「アイスクリームショップへ連れて行ってあそ
こなら女の子との出会いがあるよね」

レナードは部屋でエイミーの話を聞いてあげて
いた。「我儘なだけだと信じたい」と言うエイ
ミーに「自分が背が高いと信じたけど、未だに
裾上げしてる」

「私、考えが足りなかったのね」と落ち込む。

「そんな自分を責めないで、シェルドンは初心
者向けじゃない」
「益々落ち込むわ。。」

ハワードとバーナデットはジャグジーに入る
スチュワートを2階の窓から静かに見ていた。
「浮かんでるスチュワートをただ見てるのも
面白いわ」とバーナデットが言うと
「だから熱帯魚が売れるのかぁ・・」

すると、今度は庭の電気がついた。
まだ誰かいるらしい。

庭に入って来たのはワインを持ったラージ
だった。その姿をみたスチュワートはジャグ
ジーに潜ると何も知らず、ジャグジーに
入ったラージはスチュワートが中から出て
きて驚いた!

「何でココにいるんだ?」とラージが聞くと
「ハワード達がいない時は良く来るんだ。まだ
鍵を返してなくて・・」と言う。

エイミーはお茶を入れながら、レナードに
「トイレのスケジュールを受け入れようと思う」
と言うと。
「そんな事しちゃダメだ!僕の失敗から学ぶ
んだ!旅先でもちょうど朝の7:18分にトイレ
の前にいる!」

それでも、受け入れた方が楽なんじゃないかと
言うエイミーに・・

「小銭を消毒させないようにしたのは?」
「私」
「グローブボックスに手袋以外を入れさせ
たのは?」
「私」

「今、やめたらもったいない!あともう少しで
ピノキオが人間になるんだぞ!」
と、言われ
「付き合ってるんだから、私も主張しなきゃ!
嫌なら彼がココへ戻ればいい!」と思い直す
エイミー。
「部屋の鍵が変わってるかもね・・」

宅麺

アイスクリームショップへナンパしに来た
シェルドンとペニー。
ペニーが「お店の子はどお?」と進めると
「一日中アイスクリームすくってるから、右腕
だけ太いよ」

「本気で探そうとしてないでしょ!」

「ペニーこの話は今まで、誰にもした事がない
んだ」
と、言って神妙な顔で話し始めるシェル
ドン。

「ボクは13歳で大学は春休みだった。数学で
学ぶことがなくなった僕が早く帰ると、誰もいな
いはずの両親の寝室から音が聞こえて、ドアを
開けてみたら、パパが知らない女性と性交渉して
いた。それ以来、ドアを3回ノックするように
なった。3回叩けばズボンを履く時間を与えら
れる」

「エイミーと暮らし始めてから、両親みたいに
ケンカばかりしているんだ」

「お父さんみたいになるのが怖いの?」
「そう、だからいつか受ける痛みに彼女が耐え
られるように準備してあげてる」

「エイミーは歯ブラシホルダーを共有したいだけ
なのに、あなたはナンパしにきたのよ。将来与え
る痛みを心配するより、今与えてる痛みをなんと
かしてあげたら?」とペニーに言われて
「・・・そうだよね」

「バーナデットのおなかの赤ちゃんもこんな感じ
かな」と、ジャグジーを満喫するラージ。
「もう遅いから、そろそろ帰ろう」とラージが
言うとスチュワートは海パンを履いていないら
しい。。

それを聞いたハワードは、とうとう我慢の限界
がきて「今すぐにそのバスタブを買い取れ!」
と2階の窓から叫ぶのであった。。

シェルドンとペニーが部屋に帰ってくると、
エイミーに話があると言う。

「今日あんな態度をとった事をキミに謝りたい。
トイレのスケジュールは実施しない事にした」

「ちょっと!何でエイミーだけ!?」
「キミとは真剣だって証明するために、僕たち
の関係を次の段階に進めよう」

そう言って、歯ブラシホルダーを共有する事に
したシェルドン。
2人で歯ブラシホルダーに歯ブラシをさすと、、
「立ち合いはいらなかったよね・・」
とペニーに同意をもとめたが、、
「でも私、感動しちゃったわ!!」
とペニーは涙ぐんだ。。

・歯ブラシホルダー・ハワードのジャグジー
・シェルドン3回ノックの真相

<ひと手間のクリック↓が励みになります>


読む海外ドラマ

シーズン10 タイトル
エピソード1 「2度目の結婚式の法則」
エピソード2 「政府の極秘プロジェクトの法則」
エピソード3 「カフェイン依存症の法則」
エピソード4 「同棲実験の法則」
エピソード5 「汚染された風呂の法則」
エピソード6 「赤ちゃんキックの余波の法則」
エピソード7 「ビュリダンのロバの法則」
エピソード8 「星空の下のディナーの法則」
エピソード9 「地質学者と張り合う法則」

<ひと手間のクリック↓が励みになります>


ビッグバンセオリー/DVD

『ビッグバン・セオリー』の日本語DVDは
シーズン1~5までの発売となっています。
シーズン6以降のDVDはインポートで日本語
字幕等、付いていませんので、ご注意下さい。

Amazon 楽天市場