season1-4*「経営者の資質」

season1-4*「経営者の資質」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード4
「経営者の資質」

<SUITSの概要とあらすじ>
<人物紹介:ガブリエルマクト>

ハーヴィーはカーショップへ来ていた。
今日は2011年型テスラ・ロードスター
レンタルする予定だ。
これは特別なお客様だけへ貸し出している車。
もちろんハーヴィーは特別なお客様。

そこへ、大手ヘッジファンドの社長のローレンスが
女性を連れてやってきた。
今日はデートの為、ハーヴィーにテスラを
譲ってもらいたい様子。

ハーヴィーは『テスラのクイズ』で勝負して
勝った方が今日車を使おうと提案した。

お互いにテスラの知識問題を出し合うが、
ハーヴィーの方が一枚上手のようだ。
ローレンスは諦めて、別の車を選ぼうとした時、
ハーヴィーは「譲るよ」と車のキーを差し出した。

ローレンスは機嫌よくその場を走り去ると
店の女性に「何故、譲ったんです」と聞かれた。
「大手ヘッジファンドの社長に『貸し』を作りたかったから」
「最初から譲る気なら何故、勝負を?」
「勝たなきゃ『貸し』は作れない」

ハーヴィーとマイクジャヴィッツセンター
に来ていた。
そこではハーヴィーの初めての顧客
『マッカーノン・モーター社』のイベントをしていた。

ハーヴィーは「マッカーノン氏は3カ月前に
亡くなった。マッカーノンのエンジンはF1で
優勝した車に最も使われている、俺と同じ勝ち組だ。
今日は新CEOのロバート・ステンズランドに
お前を紹介する」
と、言うと

「コレも業務扱い?じゃあ今日も稼げるね」
と言って手を上にあげてハイタッチを望んだが、、
「ダサすぎる、、」と言って、
呆れ顔をするハーヴィー。

そこへ、この勝ち組エンジンの設計と製造の責任者
ドミニク・バロンがやってきて、早速ハーヴィーに
噛みついた。

「子供を使ってるのか?児童虐待だ」と
マイクを見て言う。
「労使交渉に不満が?」「部下が苦しんでる」
「会社はもっと苦しい、今後の経営を良くする為だ。
裏をかかず、礼儀を尽くしたつもりだよ」

ハーヴィーが説明するが、無言で立ち去るドミニク。
「随分感謝されてるんだね」

ドミニクが去ると、新CEOのステンズランドが
やってきた。ハーヴィーがマイクを紹介すると
「キミと同じ料金か?」と言って煙たがった。
しかし「こいつは使える奴ですよ、賃貸借契約書を
全部読ませて覚えさせた」

「300ページもあるんだぞ」と言って、
質問を開始した。

「賃貸条件は?」「借地面積は3252平米、
借地料は1平米861ドル」

「契約者は?」「貴方」
「ミドルネームは?」「“Ⅼ”だけ」
「会社が消滅した場合は?」「書いてない」
「正しいページ数は364ページ。
だが何処にも書いてない」

マイクが全て答え終わると「良し、新規契約を
任せよう」と言って、ステンズランドは、
今メイン工場が建っている土地が2億ドルで売れる
ので、工場を海外に移せば経費の大型削減が出来る。
マッカーノンのブランドがあればどこでも大丈夫だ。
と、ハーヴィーに伝え機嫌よく立ち去った。

ステンズランドが去るとハーヴィーは
「強みはマッカーノンの名前じゃない、品質なんだ。
海外に移ったら金のエンジンを産む鳥が死ぬ。
ケチの上にバカだったとは、全て台無しだ。
会社の定款を読み奴をCEOから追放する」

「今日はやけに感情的だね」
「会社が大きくなれば俺の取り分も増えるが
台無しにされそうだからだ」

「今日はダメ、これからばあちゃんの面会なんだ」
「危篤か?キャンセルしろ」

徹夜で定款の抜け道を探すマイクはソファーで
寝てしまった様子。
7時前にハーヴィーに電話で起こされ急いで
事務所へ向かう。

マイクがハーヴィーのオフィスへ行くと秘書のドナ
「今日はハーヴィーのシニアパートナー加入式
だからいないわよ」と言うと、マイクは
「シニアパートナーとパートナーの違いは?」
と質問した。

「ハーバード卒の振りをするならはそのくらいは
知らないとダメ、出資した共同責任者の事で利益が
配分される」「出資金はいくら?」
「50万ドル」( ゚Д゚)

加入式は滞りなく進み、最後に50万ドルを
この場で支払う事を要求された。
事務所トップのジェシカには
「用意するのは当然でしょ」と言われ
「本当ですか!」と言い顔色を伺う。
「・・・騙したんですね」と言って
苦笑いするハーヴィー。
「ここにいる皆が引っかかったのよ」と
ジェシカが言うと「貴方もですか」
「私は違う」と笑って言った。

ハーヴィーは会議室を出るとジェシカに
内ポケットから出した封筒を渡した。
「何?」と言うジェシカに
「50万ドルの小切手」「持ってたのね」
「昇進を狙い始めた頃からね」
そう言ってその場を去るハーヴィーをジェシカは
笑って見送った。

ハーヴィーが戻るまで、マイクは自分のデスクで
仕事をしているとルイスが来て、メモを渡された。
「ピーナツ、グルテン、イチゴ、、」
「買い物リスト?」
「私のアレルギーだ。メニューに入れるな」
「メニューって何のメニュー?」

「新人主催の夕食会だ。もちろん主催はキミ。
心配ない、やるのは簡単。洒落た店を探し、
50人分の手配をしてみんなに連絡するだけだ」

「チキンもアレルギーなの?」
「嫌いなだけだ」
ルイスが去った後、うなだれるマイク。

オフィスに戻ったハーヴィーはマイクの報告を受けた。
「CEOが売却の承認を得られるのは、提案の翌日だ」
「もう提案済だ」
「ステンズランドはCEOじゃない」
「あの定款は俺が書いた」
「238ページ第137条に書いてある。
前任の死後、後任は取締役会で正式に任命される。
でも取締役会は次の木曜まで開けない」

「今はまだ代理か、、時間稼ぎをして、
新CEOを探す」

「1500ページの定款をわすか6時間で読み
あなたのミスを見つけた」

「12年前、お前より2歳若い頃に書いた一つのミスだ。
間違いのお陰で、ロバートを排斥できるじゃないか」

「ミスはミス」と、顔を近づけ笑って言うマイク。
マイクの後ろ姿を見て微笑むハーヴィー。

ハーヴィーがマイクのデスクに来るとレストラン
探しをしているので、
「マッカーノンの件を先にやれ」と言うと
ファイルを渡して「終わってる」と言った。

「何でイラついてるの?」
「ヘッドハンターでも、木曜までにはCEOの
候補は探せないと言われた」

「あの、ドミニクって人は?エンジンの開発責任者
で部下思いだ」
「・・彼はダメだ」
「嫌われてるから、説得する自信が無いんでしょ」

ハーヴィーもマイクの選んでるレストランに
ケチを付ける。
「本当にめんどくさい!」
「下らないと思うようだが、夕食会も実は大事だ。
第一印象が大事だ、出遅れたら取り返せない」

そう言われたマイクは、レイチェルの所へ行き
助けを求めるが、忙しいとあしらわれる。。

マイクは家へ帰るとジェニーがやってきて部屋に
入るなり頬を叩かれた。

トレヴァーがマリファナを売っていた
事(episode1参照)を隠して辞めさせようと
しなかった。彼も私も、もうどうでもいいのね」
マイクは何も言えないでいると、ジェニーは
出て行った。

ハーヴィーはステンズランドがいるレストランに
行くとそこへちょうどルイスがきた。
何故ここにいると聞くと「ステンズランドが
売却を早く進めたいと言っている」と答えたので
「勝手に手を出すな」と言った。

ステンズランドの元へ行くと「署名をする」と
言う彼にハーヴィーは、木曜日までは正式な
CEOではない為、署名は出来ない事を伝えた。

そして「ルイスは悪くない、上司のシニアパートナー
である私の監督不足だ」
とルイスへの嫌味も
込めてその場を乗り切った。

ハーヴィーが自分のオフィスへ戻るとデスクに
ジェシカが座っていた。
「上司として聞くわ、ステンズランドの件で何か
隠し事してる?」「・・・彼を追放したい」

「弁護士が内部経営に介入していいわけがない」
「先代から作ってきたプランは潰さない。
彼は死んだが、理念は生きている。海外に
移ったら5年で終わる」

「今、顧問契約が終わるよりマシだわ」
「それじゃあ、奴と同じその場しのぎだ」

「貴方はステンズランドの方針をとやかく言う
資格もなければ、私に意見する資格も無い。
手を引き売却をまとめなさい!」そう、強く言って
ジェシカはオフィスを出て行った。

翌朝ハーヴィーはマイクをオフィスへ呼び
「候補者のスピーチを書け。俺は、俺を嫌う男を
説得しに行く」

「あ~僕が最初に推した人のところですね~」
と、ニヤけると。
「出世したければ、嫌味の言い方がもっと上手く
ならないとな」
と言われる。

【昨夜あれだけジェシカに言われたのに、ハートが
強いハーヴィー。。】

そう言われ、マイクがデスクへ戻るとレストラン
探しがモニターに映っていて、同僚に
「ファミレスでもいぞ」と馬鹿にされる。

そんな、姿をたまたま遠くで見てしまった
レイチェルは「リットさんがお呼びよ」と
マイクにメモを手渡した。
レイチェルの後ろ姿を見ながらメモを開くと
『今のはウソ。コロンバス通り652に8時に』
と書いてあった。

ハーヴィーは自分を嫌うドミニクの所へ行き
「話がある」と言うと、早速
「俺は忙しいから、手短にな」と不愛想に言われる。

「この工場が閉鎖される」と言うと、ドミニクは
慌てて「どうしてだ!」と言った。
「工場の土地を売って儲ける気だ」
「なぜ私に教える。どうしろと言うんだ」
「貴方がCEOになれば止められる」

「イカれたか?」
「設立当初から働き、部下の信頼も厚い」
「会社経営に興味は無い。必死だな、何人に
断られた?」
「1番じゃないと嫌か?・・7人。
だが、他の7人は取締役会に通りやすそうだから
選んだだけだが、キミは適任者だ」
「交渉の余地なく、工場と仕事を失ってもいいのか?」
そう言われると、何も言えないドミニク。

マイクがハーヴィーに呼ばれて、会議室へ行くと
ドミニクがスピーチの練習をしていた。
もう2時間も練習しているのに、どうも覚えられなく
イライラするドミニク。
ハーヴィーは「覚えるまで返すな!」と出ていく。

マイクはドミニクにエンジンの事を聞く。
・エンジンに大事なものは?
・なぜ何処にも負けないエンジンか?
すると、何も見ずにスラスラと答えるドミニク。
「ほら、スピーチが出来たでしょ」

マイクはハーヴィーの所へ行き
「脅し役となだめ役、成功だね!」と報告した。
「嫌われてるなら逆手にとれ」だよ。と笑ってみせた。
「詩人になれるね」



マイクは8時に時間通り、指定された住所に行くと
そこは洒落たレストランだった。
レイチェルはもう席に着いている。
マイクがテーブルへ行くと「遅刻よ」と言われた。
「遅れてない。時間通りだ」と言うと。

「主催する立場なら、30分前には来てないと」
「何で手伝ってくれるの?」
「タダでいい物が食べられるから」を笑って言った。
両親の事や家の事を話していたら
「久しぶりに仕事の事を忘れられたよ」と言うマイク。

木曜日、今日は取締役会の日だ。
慣れないスーツを着て、不安な顔のドミ二ク。

会場へ着くと誰もいず、ステンズランドがいた。
するとステンズランドが
「売却の遅れがどうも気になってね、調べてみたら
狙いは私だと気が付いたよ。だから、取締役会の時間を
早めた。私はもう、正式なCEOだ。明日には売却も
承認される。キミの事務所との契約は切るよ。
ドミニクもクビだ」
そう、言い残して出て行った。

ハーヴィーはマイクに
「もう一度会社の定款を調べて阻止できないか調べろ」
【粘るね、ハーヴィー♡】

事務所へ戻ると案の定、激怒のジェシカ。
「貴方は依頼人の足を救おうとした」
「依頼人はステンズランドじゃなくて会社です」
「誰が依頼人でも私の許可なく動く事は許さない。
ルイス、ステンズランドとの関係を修復して、
ハーヴィーは外すと伝えて」
すぐやります。と、部屋を出るルイス。

「なるほど。。僕がステンズランドの追放に
成功すれば、事務所の稼ぎは増える。
失敗しても、僕の責任にすれば、事務所の
契約は切られない。その為にルイスを前から
仕込んでおいた」

「私がそんなに賢いと思う?」と、微笑むジェシカ。
「勝てば僕の手柄、負けてもルイスがいる。どっちに
しても、貴方は安泰」

「安泰なのは、私じゃなくて事務所よ。貴方はこの
事務所に出資したの。オーナーなんだから」
「それだ!」と、何か閃いた様子のハーヴィー。

ハーヴィーは数日前に
『テスラを譲って貸しを作った、大手ヘッジファンド
社長のローレンス』とマッカーノン・モータースの
展示場へ来て、フォーミュラーカーを見ていた。

「試乗させてくれるのか?」とローレンスが聞くと
「2億5000万ドルでオーナーになれる」
「マッカーノン・モーター社を?」
とまんざらでもない様子。
「急げばね」財務諸表を見ないとな」
「仮契約したら、見せられる」

「この会社の財産はエンジンだ。名前じゃない」
と、色々と理解があるローレンス。

そこへ、マイクがドミニクを連れてきた。
ハーヴィーがドミニクをローレンスに紹介すると、
「噂は聞いているよ」とドミニクに誉め言葉。

ドミニクが「ご案内しますよ」と言うと、ローレンスは
喜んで後を追った。

翌日の取締役会でルイスが進行をしていると、
ハーヴィーとマイクとドミニクが入室してきた。

CEOのステンズランドが「立ち入る権利は無いはずだ」
と主張をすると、ハーヴィーは
「定款によると設立当初からの社員は取締役会に
申し立てできる。ドミニクもその1人」
と伝えた後に

「皆さんには会社買収のオファーが来ています。
工場はそのままで、リストラせずに済む。
エンジンの品質が下がる心配もありません。
しかも、移転より利益が増えます」

室内のどよめきが全てを物語っていた。

その夜、マイクは新人歓迎会を洒落たレストランで
成功させた。
ルイスは嫌味のように
「勝手に高級ワインを注文したが、大丈夫だよな」と
請求書をマイクに渡した。
確認すると、合計金額は1万658ドル48セント、、

すると、店のスタッフに「会計は全てスペクター様から
頂いております」とマイクは言われ、ニヤけ顔。
【素敵ねハーヴィー♡】

ハーヴィーはジェシカに
「マッカーノン社は業務を拡大していく。
うちの儲けも2倍」
と電話で報告すると、
テスラに乗って、夜の街をドライブに出かけた。

 

エピソード5
「暴かれた秘密」へつづく、、

エピソード3
「特許の罠」はこちら

 

*キャストはページ下記へ

VOD(配信サービス)の
無料体験はコチラ

最新の配信状況は各サイトにてご確認下さい(^^♪
・SUITSは「season9」がファイナルシーズンです。

字幕・吹替
season
1~8
無料
hulu
字幕・吹替
season
1~8
8のみ有料

字幕
1~8
8のみ有料
吹替
1~6
無料
字幕・吹替
season
1~8
無料
パイレーツオブカリビアン
字幕・吹替
season
1~8
レンタル
DVD


VOD(配信サービス)比較表
AXNの視聴方法コチラ

 

<DVD購入派の方に>

<Amazon>

SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX

<楽天市場>

SUITS / スーツ シーズン1 バリューパック 【DVD】


SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [ ガブリエル・マクト ]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ

【CAST/キャスト】

    役     名     役     者     声     優
ハーヴィー スペクター ガブリエル・マクト 桐本 琢也
ドナ ポールセン サラ・ラファティ 行成 とあ
マイク ロス パトリック・J・アダムス  西 健亮
レイチェル ゼイン メーガン・マークル 世戸 さおり
ルイス リット リック・ホフマン 横島 亘
ジェシカ ピアソン ジーナ・トーレス 唐沢 潤
ドミニク バロン タイタス・ウェリヴァー 設計製造・責任者
トレヴァー エバンス トム・リピンスキー 小林 かつのり
ジェニー グリフィス ヴァネッサ・レイ うえだ 星子