season1-6*「ノースショアの銃弾」

season 1

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード6 「ノースショアの銃弾」

<ハワイFive-0の概要とあらすじ>

今回の始まりはタイトルに「ノースショアの銃弾」
と、あるだけに『エフカイ・ビーチ』から
始まります。

コーラル・プリンス主催の大会で、コノは師である
イアン・アダムス(コーラルプリンスCEO)
エキシビジョンで波乗りを楽しむ所だった。

コノはイアンと沖合で
「大切な仲間と海にいる最高の時間だ」と
話しながらイアンは笑い、先に波に乗り始めた。

イアンは上手くテイクオフしたが、急に何かに
弾かれた様子で海に放り出される。

異変を察知したレスキューが、スグに救助をし浜辺に
運ぶ。コノが駆け付けると、レスキュー隊員は
イアンの胸を押さえ「撃たれています。死んでいる」
と伝えるのだった。。

【イアンとレスキュー隊員を演じたブライアン、実は
すごい人!(本文下記へ)

ファイブオーが現場へ駆けつけるとスティーブ
「ビーチを封鎖してくれ」と現場の警察官に指示を
出す。

チンがスティーブに「被害者のイアンはサーフィン中
に撃たれ、カメラも全て海に向いていた為、犯人を見た
者はいない」と報告すると

「今朝の波情報を聞いたか?」とチンに質問した。
「西から2メートルの波」
「なら絶好ポイントは45メートル沖合。動く標的で
まぐれじゃない。狙いは確実にイアンだ」

チンはスティーブの見解を聞くと
「コノが心配だ。15歳でイアンのコーラル・プリンス
とプロ契約を結んで、父親も同然。膝を故障して
プロに戻れないとわかっていても、手術やリハビリ
費用、全てイアンが出したんだ」と説明した。

コノが涙を拭いながらスティーブ達の元へ来て
「コーラル・プリンスハウスで供述を取って来る」
と言う為、ダニーが「俺達がやるからいいよ」
気を使うが、コノは「私にやらせて!」と訴え、
その場を去ってしまった。

ダニーは「金持ちの殺人事件の目的は大概が『金』
だ容疑者が大勢いる」
とウンザリしてみせた。

スティーブ達も、コーラル・プリンスハウスへ来ると
チンはイアンのアシスタントだったリンダ・レオン
メールや出入金の記録が欲しいと頼み

「脅迫されていなかったか」と聞くが
「最近は今日の大会の事ばかり気にしていたわ」と
供述した。

コノはイアンの古い友人でコーラルプリンスと業務提携
をして30軒程、店を持っているカールトン・バスに話を
聞いていた。

「イアンはチーム全員揃えたい、コノが来て嬉しそう
だった」とコノに話すと「ベンはいなかったけど?」
と聞いた。

「息子は私と口をきこうとしない。去年の母親の葬儀
でも、イアンもベンから拒絶されてた」と話す。

そこへ、スティーブとダニーが加わり、コノは
カールトンに2人を紹介した。

スティーブは「イアンの古い友人なら、彼に殺意を
抱く人物に心当たりはありますか?」
と質問すると
「彼はノーシュショアのサーフィン文化を商品化して、
多大な利益を上げた。敵は多いよ」と言い残して、
行ってしまった。

チームは本部へ戻ると、ビーチでで映された映像を
元に、何処から銃を撃ったかを分析していた。

イアンはサーフボードの上で、左から後ろ側へ倒れて
いる事から、弾はビーチからではなくて、もっと上の
方からだと話していると、コノが入ってきて
射入口の角度は30度だそうよ」と報告をする。

スティーブはコノが来たことに驚き
「今日は休みを取ったらどうだ?」と提案するが
「いいえ、大丈夫」と返した。

それを聞いていたチンは
「コノ休むんだ。すべき仕事かどうか見極めるのも
プロの仕事のうちだ」と諭すと、コノは小さく
頷き出て行った。

射入口の角度が30度だとするとププケアの尾根から
発砲されたと推測されるが、道路が通っていないと
チンは指摘すると、、
スティーブは「道路はいらない!」と微笑んだ。

スティーブとチンは道なき道を、クロス用オートバイ
で登り進んでいた。

海辺が見えるスポットまで来ると双眼鏡を覗き
「かなりの技術がいるな、軍隊で訓練を積んだ奴とか」
「それだけでも2000人はいる」とチンが言うので、
犯人が何か痕跡を残していないか2人は手分けをして、
尾根にある痕跡を探す事になった。

コノは『ワイメア湾』へカールトン・バスの息子の
ベン・バスを探しに来ていた。

コノが訪ねた相手が振り返るとベンだった。
2人は再会を喜びハグをする。

ベンはオーシャンプロテクターズという会社で
環境保護の仕事をしていた。

コノが「イアンと親しかったでしょ?犯人に心当たり
はない?」と聞くと「親しかったのは彼が、父と同じ
強欲な怪物になる前だ。今は共通点が無い、失望した
んだ」と悲しそうな顔で話した。

スティーブはチンに草が踏みつけられ、火薬で焦げた
跡があり、7ミリの薬莢もあった事を報告すると、チン
はスティーブに見て欲しいと連れて行き、誰かが猪狩り
をしていたと、血が付いた茂みを見せた。

そして、その猪を狩った者がマークを残したと言い、
木の幹を見せる。それは『カプ』のマークだった。

スティーブとチンは本部へ戻り、尾根であった事を
ダニーに報告するとダニーは「カプって何者?」
二人に聞く。チンが「ノースショアで活動する
非公式のライフガード兼防衛団。島を守ってるんだ」

と説明すると「誰から島を守ってるんだ?」とダニー
が聞くので、チンは黙ってスティーブの顔を見る。。

「・・・」それを察したダニーは
「あ~そ~かぁ、わかったぞ、白人のよそ者から守って
るんだな」
と嫌味の様に言ってみせた。

「ノーシュショアとハワイのライフスタイルを守って
るんだ」
とスティーブが説明するが
「それはサーファーにスピード違反のチケット切る
とか?ラジオが地元歌手の歌を流しているかチェック
するとか?まるでボーイスカウトだ」
とダニーは茶化す。

「島をリスペクトしない奴をボコるボーイスカウトだ」
とスティーブは茶化すダニーを威嚇するように話すと、

その横でチンは微笑みながら
「コレが『カプのメンバー』だと言って、モニターに
40人前後の顔写真を映し出した。

全員の顔写真が登録してある事にダニーが驚く。
「誇りがあるから、入団を隠す者はいない」
スティーブが話すと、チンは続けて

「80年代まで麻薬密売に関わっていたが、今は非合法な
活動を辞めて、コーラル・プリンスのようなブランドを
支援している」
「この中で前歴がある者とイアンと関連がある者を
絞ると?」

ダニーに言われ、チンがキーボードを叩くと、、
2名がヒットした。

リーヴァイ・パーカーディエゴ・ストーンだった。
暴行罪で服役して、出所したばかり。
裁判で目撃証人として、証言したのが殺された
イアン・アダムスだった。

スティーブとダニーはホテルのバーへ向かうが
ダニーはずっと不機嫌な様子。

リーヴァイとディエゴを捕まえれば済む事なのに
彼らのトップのカヴィカと話しにバーへ来たことが
気に入らないダニー。

スティーブは何度も説明したのに、理解しないダニーに
「もう一度、同じことを聞いたら撃つぞ、コレは立派な
戦略だ。この島には物事を楽に進めるやり方がある、
それがトップのカヴィカに事前に話を通す事なんだ」

言い放ち歩き始めると、ダニーは渋々後をついて
行った。

スティーブはカヴィカに会うと
「あなたの助けが必要だ、弾はカプの狩り場から
発射された。容疑者はリーヴァイとディエゴだ」
と話し、写真を見せると「彼らは暴力がすぎるから
除名し、もうカプじゃないが居所は知っている」
と言われる。

ダニーは「二人の居所を知っているなら教えて欲しい」
と頼むが「よそ者に協力する理由がない。ココは俺の
島だ」と凄まれてしまうが、それを聞いていた
スティーブが

「俺の島でもある、父も母もこの島に眠り、祖父は島を
守って戦死した。方法は違っても目的は一緒だ協力して
欲しい、貴方を尊重して、まずココへ来たんだ。
それが嫌なら公務執行妨害で逮捕する!」

スティーブも負けずに凄むと、カヴィカは勢いよく
立ち上がり、一触即発の空気に包まれるが、カヴィカは
スティーブの目を見て

「あんたの祖父さんに対する感謝の意を表し二人を
引き渡そう、約束するよ」と握手を求めてきた。

スティーブはカヴィカと握手をすると、2人は席に座り
なおし、カヴィカはゆっくりとバーの伝票をダニー
の前へ押し移動させる。

「おごれって?」
「白人は我々から8つの島を奪った。償いにおごる
くらいいいだろ」
「そう、償い」
「わかったよ。。」

数時間後、スティーブとダニーはカヴィカと約束した
場所に来ていた。

ここにリーヴァイとディエゴを連れてくると約束したが
約束の時間を1時間も過ぎても現れない事に、ダニーは
イライラしている。スティーブは『島時間』といい
そんなダニーを見て微笑んだ。

すると青いバンが現れ、大男が運転席から降りて来る。
何も言わずに、後部座席からリーヴァイとディエゴを
引きずり下ろすと、何も言わずに車に乗り走り去った。

スティーブは二人にイアンが殺害された事を話し
アリバイを聞くが、保護観察官に聞いてみろと言われ
ダニーが電話で確認すると、二人のアリバイは証明され
捜査は振り出しに戻ってしまった。。

コノはベンに案内され、カウェラ湾にあるテントシティ
に来ていた。ベンはココに住んでいると話す。
テントシティとは聞こえがいいが、家が無くテントで
暮らしている人たちの集まりだった。

コノが「最後にイアンと会ったのは?」と聞くと

「少し前、ココに来て『