season1-4*「脱獄犯」

season 1

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード4 「脱獄犯」

<ハワイFive-0の概要とあらすじ>

今回の始まりは「ハラワ刑務所」から。
囚人のウォルトン・ドーキンスが脱獄騒動に紛れて
刑務官に扮装して上手く脱獄した。

空港ではスティーブが妹(メアリー・アン・マクギャ
レット
)を迎えに来たが、予定の時間を過ぎても
現れない。すると航空警察官に声をかけられ

「機内トイレの煙感知器を停止させた為、
逮捕しました」と言われ、別室に案内されると

メアリーがそこにいた。
スティーブが航空警察官に身柄を引き受けると
伝えると「ごめんなさい」とメアリーは
申し訳なさそうに謝った。

「父さんの葬式に来なかったな」
「事情があって。久しぶりね、母さんの葬式以来
かしら?うちの家族が集まるのは葬式だけ?
もうちょっと他の何かで集まってもいいのにね。
ピクニックとかさ。普通の家族みたいにね」
スティーブは何も言えなかった。。

ハワイ・メディカルセンターではダニー
が膝の診察を受けていた。

「どうやって怪我をしたんですか?」
「高校時代野球で痛めたんですが、最近は痛く
なかった」

「最近、古傷を痛める事が何かあった?」
「実は最近、パートナーが変わって、、」
「いや、直接的と言う意味ですよ」
「そいつが、直接的に危ないんですよ。
初めて会った10分後に銃撃されて窓を突き破り、
その数時間後には車で中国の貨物船に突っ込んだ
んだ。で、治りますか?」

「パートナーを変えればね」
「そうしたいけど、無理そうだ」
「前十字靭帯が損傷してる2週間は膝を安静に
保つこと」

スティーブとダニーは刑務所に呼出された。
妹のメアリーを車で待たせると、ダニーから
報告される。

「脱獄事件で看守が3人死亡、公安局が情報を確認中」
チンも続けて「脱獄囚はウォルトン・ドーキンス。
元はクリーブランドの刑務所に10年服役していた、
罪状は押し込み強盗、強盗中にカップル殺害。
6年前、仮釈放中にハワイへ逃亡してきたが
模範囚だった様だ」

スティーブは警官に頼んで、メアリーを自分の
オフィスに連れて行って目を離さない様に頼んだ。

スティーブとダニーが監視カメラをチェック
していると、画面の中で囚人が倒れ込んだ。
「倒れた男は直前に息切れと胸の痛みを訴えていた」
「心不全の兆候だが、心臓発作には若すぎないか?」

そこへチンがやってきて
「毒を盛られた『ナツメグ』だ。ドーキンスの房に
あった」
「ナツメグにはミリスチシンが含まれる精神
神経作用のある有機化合物だ。ドラッグみたいに、
大量に摂取すれば、命にかかわる」

「あと、メンテ担当者の車が消えてるって」
コノが情報を追加した。

スティーブがテープを巻き戻して見返していると、、
倒れ込んだ囚人に、駆け寄る看守(ビリー・オマナ
ビリーの拳銃ホルスターのセーフティ・ストラップ
が外されていた。
「銃は門の警備や移送時しか携帯しない規則だ。
故意にドーキンスに銃を渡したんだ」

スティーブとダニーは看守のビリーに話を聞きに行くと
会うなり、オレンジ色の囚人服を渡し
「コレを着ろ」と命令する。

「ドーキンスの脱獄に手を貸した見返りは?」
「何様のつもりだ?」
「答えないとそれを着せて、囚人の中に投げ込むぞ」
「そんな事できる訳がない」
「このバッジは万能だ」
と言い、Five-0のバッジを見せると顔色を変え
重い口を開き始めた。

【水戸黄門様の印籠みたい(*‘∀‘)】

「最終的には5万ドルくれるといって、最初に
1万ドルが振り込まれた。残りは脱獄後の約束だ」
「残りの金はどこから?」
「知らない。ただ、今日出ないと金を手に入れられない
って言われた」

スティーブとダニーは刑務所内の運動場に来ていた。
囚人たちはバスケットボールなどをしている。

4年半ドーキンスと隣の房だったスキートに話を
聞きにきた。
「ドーキンスと仲が良かったそうだが、
最近ケンカしたって聞いたぞ。何でだ?」

「俺が質問攻めにすると言って、刃物を
突き付けてきたんだ」
「今日の脱獄に関する質問か?」

すると、スキートは教えてもいいがまずは
俺とバスケで勝負しようと言い出した。
「俺に勝っていい事でもあるのか??」
「警官をギャフンと言わせればココではヒーローだ」
スキートがそう言うと、周りの囚人達が盛り上げる。

スティーブは渋々、囚人と1on1をする事となった。
フットボールは得意だが、バスケとなると途端に
頼りなく、ボールを取られるばかりだ。

見かねたダニーが「タイム」を要求する。
「バスケしたことないだろ?レブロン・ジェームス
方がもう少し上手だぞ。
バスケじゃなくアメフトだと思ってプレイしろ。
ぶつかって、ボールを奪いリングに入れるんだ。
ココは刑務所だ、反則にはならない」

「ならできる」

ダニーのアドバイスを聞いたスティーブは
水を得た魚の様に、ボールを奪いリングへ入れ続けた

スキートは約束だから、仕方がないと言って
話しはじめた。
「2週間前テレビを見ていた時に、誰かがチャンネルを
変えようとしたんだ。ドーキンスは血相を変えて
そいつを投げ飛ばす勢いだった。
奴が急変したのは間違いなくそのテレビ番組だ」

本部へ戻り、そのテレビ番組を確認すると
100万ドルが当たった女性とその彼氏が映し
出されていた。それを見たスティーブはダニーに
「彼女の旅行の日程やレンタカーを調べろ」と伝える。

カカアコ・ビーチ・パークにはチンとコノが
メンテ担当者の消えた車が捨てられていると
聞いてやってきた。

【ドラマではビーチ・パークとなっていますが
撮影は下記のウォーターフロントです(*‘∀‘)】

チンが車内を調べるが何も出ないので
「脱獄したらまず最初にする事は、、
見た目を変える事を考えるはずだ」
と言って、近くにあった公衆トイレに行ってみる。

ごみ箱に何か手掛かりがないかと探してみると
レモネードとマヨネーズの空き箱が見つかり、
袋にはABCストアーのレシートも入っていた。

チンは「レモネードとマヨネーズは刑務所でよくやる
金髪。ドーキンス今頃髪色が変わってる」
レシートは15分前のものだったので、行ってみる事に
なったがトイレを出た所で、看守の制服を着た男性が
目に入ったので声をかけてみた。

「その服どうした?」
「好みじゃないが交換した。携帯電話もくれる
と言うから」
「電話を渡して」とコノが言うと
「何と交換してくれる?」と言うのでチンは
「手錠ならどうかな?」と言い証拠品として
全て引き取った。

本部ではダニーが100万ドルの当選者の身元を
調べていた。
ダナ・ソープと婚約者のグレイグ・エラーズ
今朝早くホノルルに到着。10分前にカヒコホテル
に入った」

「車が乗り捨てられていた場所と、ダナのホテルは
スグ近くだ、急ごう」

ダナとグレイグはチェックインを済ませベッドで
過ごそうとしていた。
そこへダナの背後から男が忍び寄り、グレイグを
連れホテルから逃げ去った。

スティーブとチンとコノはダナの部屋へ向かっていた。
部屋の扉は開いていて、誰もいないと思われたが
ベッドの脇にダナが胸から血を流し倒れていた。

チンは救急車を呼ぶと、スティーブは心肺蘇生を
始めた。何とか意識を戻し、病院へ運ぶ。

スティーブは本部へ戻り、ダナは手術を受けていると
みんなに報告すると、チンからホテルのカメラの映像を
見せられた。

そこには、グレイグを連れ去るドーキンスの姿が
映されていた。
賞金を貰ったのはダナなのに、なぜグレイグを
連れ去ったのか?誰も答えを導き出せなかった。

チンはドーキンスが車と一緒に盗んだ携帯電話を
調べた事を報告した。
「通話履歴が消されていたが、脱獄後に2件の
通話があった。1件はドーキンスの彼女の
ソフィア・アーチュレッタ。
もう1件は前歴のあるチンピラでマカニ・フク」

コノにはマカニとの会話の内容を調べさせ、
チンには、ドーキンスとグレイグの関係を
探る様に指示を出した。

ダニーとスティーブはソフィアの所へ行く事に
なったが、スティーブはメアリーが待つ自分の
オフィスへ行った。

「コレが妹を迎える歓迎プラン?」
「留置場に入りたくないだろ?どうして、父さんの
葬式が終わってるのに戻ったんだ?」

「好きで欠席したと思う?」
「正直わからない、、」
「あの人にとって、私たちにはいないも同然だった。
嫌われる方が無関心よりマシ」
「表現が下手だっただけで、俺達に愛情はあったぞ」

そこへダニーがソフィアの居所がわかったと
オフィスに入って来た。
ダニーがメアリーに挨拶をすると、カマコナ
やってきた。
「俺の妹のメアリーだ。妹の事を頼みたくて
呼んだんだ」
「妹の子守をしろと?」
「そうだ」「お安い御用だ」
「この部屋から出すなよ」

ホノルル印刷所では逃げるマカニをコノが
捕らえ、スティーブに電話で報告していた。

「1時間前に偽造した運転免許証とパスポートを
ドーキンスに渡したそうよ。偽名はカール・
アイズナー」
「飛行機の搭乗拒否リストに載せておいてくれ」
スティーブはそう指示を出し、ドーキンスの
彼女(ソフィア)が働いているレストランに入った。

ダニーとレストランに入るとソフィアを見つけ、
テーブルに着いた。
そこへ、ソフィアが来て「ご注文は?」と
聞かれたので、スティーブは
「ウォルトン・ドーキンスを」と答えた。

ダニーは
「ドーキンスの後で、ブルーベリー・パンケーキを」
と言うと、ソフィアは「あなた達誰なの」と聞くので
スティーブはバッジをテーブルの上に乗せる。

「今朝、ドーキンスと話したな。キミはいい女性だが、
悪い男に惚れた。心から同情する。だから、
チャンスをあげるよ」

「次のどちらかを選んでくれ。ココに座って
知っている事を話すか、今ココで手錠を掛けられて、
仕事を失うか。奴は今日3人殺した。
かばえばキミも刑務所行きだ」

「パンケーキは持ち帰る」

そこまで話すと、ソフィアは諦めた様子で
スティーブの隣の席に静かに座った。

「私の友達がカヒコホテルで働いているので、
2人のチェックイン予定を聞いてくれと頼まれたの」
「ダナは撃たれて、グレイグは拉致された。恐らく
殺される」
「まさか、傷つけるなんて、、。
大金が入ると言ってた。車を貸してくれと頼まれて
貸したわ」

それを聞いたダニーはコノに連絡して
「2010年式シルバーのマリブ。盗難用追跡システム
が付いてるから追ってくれ」
と頼んだ。

チンはダニーとスティーブに合流すると、
集めた情報を報告する。
「奴の前歴は買い物リスト並み