season1-2「越えられないライン」

season1-2「越えられないライン」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード2
「越えられないライン」

<GREY’S ANATOMY・概要とあらすじ>

何事もラインが大事、外科研修のエンドライン、
手術室への出番待ちライン、そしてもっとも重要なのが
一緒に働く人と自分との境界線、親しくなりすぎては
ダメ、友情は禁物、自分と外の世界との境界線が必要だ。
他人との関係は面倒、だからラインが大事。
砂に線を引き、誰もそれを越えないように祈る。

朝、メレディスはロッカールームに
『ルームメイト募集』のチラシを貼った。

すると次々に候補者が現れ
「実家だとママが白衣にアイロンをかけるんだ」
と言うジョージや「料理はするし、綺麗好きよ」
イジーも例外ではない。

しかし、メレディスは「接点が無くて、気遣いが
無用な人がいいの」
と中々決まらない。

そんな3人を尻目に、ベイリーは今日の割り振りを
伝える。

「ジョージは蘇生チームの責任者、メレディスは
救急外傷、イジーは縫合担当、クリスティーナ
検査結果の説明」と伝え「さっさと行きなさい!」
と声を上げる。

メレディスは救急外傷室へ向かう為、エレベーター
ホールへ行くと、デレクがエレベーター待ちをして
いて、後ろから話しかけてきた。

「引っ越してきて6週間たつが、シアトルにはフェリー
がある事を知らなかった」
「シアトルは三方向を水で囲まれてるから」

「それでフェリーか、なら仕方がない、ニューヨーカー
はマンハッタン以外受け付けない、だがフェリーには
目が無い」と、話しながら二人はエレベーターに乗り
込んだ。

2人きりのエレベーターに乗るとメレディスは
「あなたとはデートしないから」
「デートに誘った覚えないけど・・・良かったら、
今度どう?」
「デートはしない、それにもう絶対にあなたとは
寝ない、ボスだから」

「ボスのボスだろ?」
「あなたは先生、先生の先生。だから私の先生。
で、、境界線を引く。お互いに越えられない、凄く
太いラインよ」
と、言うと

「それは想像上のライン?それともマーカーで引く?」
と話しながら、デレクはメレディスに向き直り見つめ
ると、メレディスは持っているファイルを全て床に
落とし、エレベーターの壁にデレクを押し付けキスを
すると、デレクもそれを受けメレディスにキスをした。

そしてエレベーターが到着を知らせると、メレディスは
何事もなかった様子で,床に散らばったファイルを
集めて降りて行く。

デレクはその後ろ姿に向かって「後で話そう」と
言うと、エレベーターの扉が閉まった。

メレディスは救急外傷室へ行くと『レイプの被害者』
が運び込まれていた。

「25歳女性、公園で発見、GCS6の昏睡、血圧80の
60、頭部に鈍器による外傷、呼吸音に左右差、
瞳孔散大」と報告されるが、メレディスは被害者の
持ち物の中に、今日の自分と同じ靴を見つけてしまい、
呆然としていると、看護師に「ちょっと!」と怒鳴られ
我に返る。

「まずはCTの予約、人工呼吸器を頼んで、写真は
途中でもらう」
と指示を出すと、デレクとバーク
彼女のオペをする為、メレディスは見学に入った。

「これだけの暴行を受けてよく生きていたな。犯人を
去勢するべきだ」とデレクがオペをしながら話すと
「手の傷を見ろ抵抗したんだ、レイプ検査は陰性、
やっつけたんだ。つまり女戦士だ」とバークが言う
ため、メレディスはアリソン、彼女の名前はアリソン
です」
と伝えた。

バークはアリソンの体内から出血点を見つけ、同時に
何か異物を止血鉗子で取り出し「コレは何だ?誰か
わかるか?」と言うとメレディスは

「まさか、、、噛み切ったんです。それは犯人のペニス
です。彼女ペニスを噛み切ったんです」
と言うと、
バークは手に持っている鉗子をトレーに投げ出した。

バークは術後の手洗い中に「一杯どうだ?大都会を
離れてシアトルに来た経緯を聞かせろよ」とデレクを
誘うと「外科部長に呼ばれて、断れなかっただけだ」
と出て行こうとするので「部長に呼ばれたのか?」と
バークは少し驚いた様子を見せた。

デレクは「ああ、何で?」と聞くとバークは「別に」
と答えるので「じゃあまた」と出て行った。

忙しそうに検査結果の書類を整理するクリスティーナ
の周りでジョージは「蘇生班だ、心臓にショックを与え
患者の命を救う。いい仕事だろ、前向きで」と自慢
して喜んでいる。すると、、

スミスカレッジで文学史号、バークリーで博士号、
スタンフォードで医学博士号まで取って、検査結果の
説明よ。一日かかるわ」と愚痴を言うと、ベイリーが
やってきた。

「私に付くインターンが一人増えたの。今日はあなた
に付いてもらう、ルールを教えてあげて、クリス
ティーナ」と言い残し、何処かへ消えてしまった。

「アレックス・カレフよろしく」アレックスが手を
伸ばすと「メレディスを看護師扱いしたブタね、私が
嫌いなタイプ」クリスティーナは言いながら歩き
出した。

不織布三層構造マスク

メレディスは冷却容器を持ち、部長室へ来ていた。

「お母さんは、また国連に?」
「今は休暇を」
「執筆だな?」

部長の質問に戸惑うと「コレを部長に」とメレディス
は冷却容器を見せる。

「警察にだろ?レイプの証拠は採取した者が、保管する
決まりなんだ」と言われ開き直ったメレディスは
「ペニスを持って何をすればいいですか?」
部長を困らせた。

【この場合、採取した者はバークだと思うが、、】

メレディスは冷却容器を持ち歩いていると、みんなに
中身を聞かれ「切断されたペニス」と答えると反応は
人それぞれ。

クリスティーナは容器を開けて覗くと
「犯罪の芽は噛み千切れ、、か」と言うがジョーは
「見なきゃよかった」と容器を閉じると、元気が無い
メレディスに「大丈夫?」と声を掛けた。

「アリソンの靴と同じのを私も持ってるの、めったに
履かないのに今日は履いてきた。彼女は同じ靴を
履いて、、バカね疲れてるの今のは忘れて。。」

そんなメレディスを見てジョージは「アレをしようよ」
と言う。
「ダメよ、あんなの病んでる。この前で最後だって
言ったでしょ。まさか私、抜きで?」

「欲求には逆らえないさ、さぁ、行こう!
一緒に来ないなら、1人でめそめそしてるんだな」と
言いながら、メレディスが座っている椅子を引っ張る。

2人は新生児室のガラスの前に立ち、産まれたての
赤ちゃん達を頬を緩めて眺めていた。

ジョージはポケベルが鳴り、走って蘇生に向かうが、
メレディスは一人で冷却容器を片手に持ち、可愛いい
赤ちゃん達を眺めていた。

すると、1人の赤ちゃんの身体の色がちょっと気に
なり、聴診器を当てるために、部屋に入った。

そこへ、産科のインターンが戻って来て何をして
いるのか聞かれ「心雑音があるけど、検査の指示は?
全身が青ざめてるから」
とメレディスは答え質問する。

「知ってる。外科医がなぜココへ?問題になるわよ」と
言われるが「検査の予定は?」と再度質問する。

「良性の収縮期雑音で成長と共に消える。そして、
あなたの患者じゃない」と再び警告されるが
「確かに良性?」と食い下がる。

「私も同じ医師よ」と扉を開けられて、出て行くように
促された。メレディスは諦めて、冷却容器を持ち、
部屋から出た。

ジョージは蘇生に走り回り、イジーは中国人のルーさん
の腕の縫合をしようとするが、中国語で何を言って
いるかわからない。

周りに助けを求めるも、誰も中国語を話せる人は
見当たらない。。

イジーはクリスティーナを呼び出し事情を説明するが
「無理、私はビバリーヒルズ育ちで中国語は中華料理の
メニューでしか知らない、それに私は韓国人」と言い
残して行ってしまった。

仕方がなく、とりあえず腕の縫合を済ませ、治療が
終わり帰るように促すが、ルーはずっと、中国語で
何かを訴えようとしていた。

しかし、イジーも言葉がわからない為諦めるしか
なかった。。

バークは廊下で部長のウェーバーに会うと
「部長がシェパードを呼んだそうですね」
「昔の教え子なんだ」
「それで開業医を辞めてここへ?恩師の頼みって
だけで?」

「私の引退はまだまだ先だ」
「次期部長は私しかいない」
「今は疑問だな」

「私は最高の外科医です。なのにあんな、、」
「私が疑問に思う理由を聞かないのか?」
バークは黙って部長の顔を見ると、何も言わずに
立ち去ってしまった。

クリスティーナとアレックスは検査の結果を入院患者
とその家族に伝えて回る。
検査の結果が良いと必ず家族にハグされる事にクリス
ティーナは嫌気がさして、うなだれていた。

「だれも検査に引っかからい。病人はいない」と
ボヤクとアレックスも「みんな元気だと、俺たち
オペ室に入れない」と愚痴る。

クリスティーナは「10人ずつ振り分け、手早く説明、
笑顔もハグも涙も無し」と提案をして二手に分かれる
事にした。

メレディスはアリソンが気になり、病室へ行くと
デレクがちょうど回診にきた。

「郡内の全病院に連絡した。遅かれ早かれ犯人は
必ず病院へ現れ、ペニスが証拠になる」

「アリソンの家族は?」
「両親は他界、きょうだいはいない。シアトルへ来て
まだ3週間だ。大丈夫か?」

「ええ、大丈夫。私、やらなきゃいけない事がある
から、行かなきゃ」

「ココは僕がいるよ」

メレディスは冷却容器を持ちながらバークを探し、
小児科にファロー発作の症状の赤ちゃんがいる事を
伝えるが「俺は部長じゃない、小児科からの依頼がない
なら無理だ」と断られてしまった。

メレディスは病院の入り口の椅子に座り、気を落として
いるとクリスティーナが通りがかり、何をしているか
聞かれたので「ペニスと座ってる」と答え

「デレクとキスした。今日はツイてない日」
「セクシーなドクターとイチャついといて?」
「『キス』と『ペニス』本当ならご機嫌なんだけど」
「被害者と同じ靴だから?」
「そう、変な感じでしょ?」
「気にし過ぎよ」

2人が話していると何やら外が騒がしいので出てみると
股間付近が血だらけになった男性が病院の入り口に
倒れ込んでいた。

メレディスはスグに警備を呼び、ストレッチャーに乗せ
運ぶと男性はオペ室に連れて行かれた。
メレディスとクリスティーナも見学をさせてもらえる。

執刀医のベイリーに「切断されたペニスをくっつけ
ないのはどうしてかわかる?」と質問され

「噛み切られて切断面が綺麗でなく、消化液で溶けて
います。欠けた状態で縫合して、永久に袋から尿を出す
事となります。当然二度とセックスはできません」と
二人が答えると、ベイリーは「みんなで黙とうを

ささげようか」と言った。

バークは部長を見つけると「なぜですか?私の評価が
落ちた訳を教えて下さい」とお願いすると、部長は

「キミは必要最低限しかやらない、それ以上の労力と
時間を割かない。自分本位で傲慢だ、部長になりた
ければヤル気を見せろ」と伝え、行ってしまった。

残されたバークの視線の先には、オペ室から出て来た
メレディスが映った。

不織布三層構造マスク

メレディスはまた新生児室に足が向いてしまった。
すると、ファロー発作の赤ちゃんの両親も、自分たち
の子供を見に来ていた。

そこで、メレディスは声を掛け、心雑音が心配な為、
エコー検査を受けた方が良いと話すと産科のレジデント
が出てきた。

両親はスグに「赤ちゃんが病気なら治療をして欲しい」
とレジデントにお願いするが「誰がそんな事を言った
んですか?」と両親に聞くと、産科のインターンが
「そこの外科のインターンです」と、メレディスを
睨みつけた。

産科のレジデントは「誰の許可で?」とメレディスに
聞くと「私はただ、、、」と言った所で「俺だ!」と
バークが後ろから声を掛ける。

バークはレジデントを呼び寄せ「うちのインターンを
イジメているのか?」と声を掛けカルテを要求すると
産科のインターンは「あの子は問題ありません」と
バークに訴える。

「確かか?100%大丈夫だと保証できるか?」と聞くと
「75%位です」と答えるので、バークは

「その程度なら、俺が引き継ぐ。構わないかな?」と
レジデントに聞くと「もちろん」と答えるので、
インターンは「許されるんですか!」と納得がいかない
様子だが、「彼はアテンディングだ」と諭される。

バークは早速、赤ちゃんの両親(ジョンソン)に
「心臓外科のバークです」と自己紹介をすると
「心電図と胸部写真とエコーだ」とメレディスに
指示を出した。

イジーは縫合の患者がひと段落すると、ルーを見つ
けた。ルーは後をついてきて欲しい様子でイジーに
手招きすると、雨が降る中走り出す。

イジーは良くわからないまま、後をついて行くと、額に
深い傷を負った、女性(アン)がそこにいた。

イジーは傷が深いので、とりあえず病院へ行こうと
声をかけるが、アンは工場で働いていて、怪我を
負った事、母親はグリーンカードがあるが、自分は
不法滞在だという事を、片言の英語でイジーに伝えた。

イジーは刑務所には行かないと約束するが、頑なに
中には行かない。という為、「私は戻って来るから、
必ずココで待っていて」と伝え病院へ戻った。

イジーは備品庫へ行き必要な注射器や麻酔薬などを
ポケットに詰め込みアンの元へ行くと、傷を縫い
合わせ、消毒をしてガーゼを貼り

「5日後にまた来てね、傷の具合を見て、糸を抜く
から。コレが私のポケベルの番号よ」と伝えカードを
手渡し、「ココで治療をしたことは内緒よ」と念を押す
と、2人はイジーにとても感謝をして帰って行った。

メレディスはバークを探し結果を聞くと
ファロー四徴症だ、キミが正しかった。明日オペを
するが二度とこんなマネはするな、勝手に親と話したり、
患者を盗んだり、研修生活を地獄にしてやるぞ」と言い、
バークはジョンソン夫妻に検査の結果を報告しに行った。

バークは疲れてぼんやりとしている、ベイリーの隣へ
立ち「俺は自身過剰か?」と話しかける。
「いいえ」と、即答するベイリーに
「今から30秒間は何を行っても許す」

「自信過剰ね傲慢で横暴、自分本位で他の人の事は
考えない」
「でも・・」と、バークが口を挟もうとすると

「まだ22秒残ってるわ!」と言うとバークは豆鉄砲を
食らった様な顔をした。

ロッカールームではジョージがクリスティーナに
「蘇生班で5人も看取った死神の気分だ、、」
「蘇生班では95%が既に手遅れで死ぬの」

「何で、僕が蘇生班になって喜んでいた時に、
教えて教えてくれなかったの?」

「それは、、あんたがジョージで私じゃないから」
と言い残し、着替えが終わったクリスティーナは出て
行った。

メレディスはアリソンの元へ行くとデレクがいたので
「一晩中ココにいたの?」聞くと

「ああ、僕には姉が4人いてね、僕がああなれば
ついていてくれる。一人きりでいるなんて想像が
できない」

「私は一人、、」
「キミにはお母さんがいるだろ、プラハから人を
呼び見事な治療をするさ」

「ええ、私には母がいる。。」
と、施設に入り頼りにできない母の事を思った。

「ところで、キスはしてデートはなし?」
「言われると思ったわ」
「もちろんキスは大歓迎だよ。何度でも」
「失態だわ」
「ミントもあるよ、コンドームも」
「もう、やめて」

2人がアリソンの病室の前で話していると、
アリソンが急変して、繋がれた機器が鳴り始める。
デレクは「オペの準備をしろ」と看護師達に指示を
出し、オペ室へ行った。

メレディスは冷却容器を片手に持ち、オペ室の前で
待っているとデレクが出てきた。

「頭の骨は脳圧が下がるまでそのままにする」
「もう、ダメなのね。。」
「大丈夫だ」
「もし、目覚めればでしょ、、」
「ああ、目覚めれば、、」

デレクは廊下で会ったバークに「飲みに行かないか?」
と誘ってみると「辞めておくよ」と断られたので
「明日の夜は?」と聞くとバークは

「言っておくが、俺も次期部長の候補者だ」と言うと、
デレクは理解したように頷いた。

そんなデレクの表情をバークは読んで「とっくに、
知ってたんだな」と聞くと「友は近くに、敵はもっと
近くにだ」
と、デレクが答えた。

その答えにバークは納得し「キミは敵じゃない、ただの
競争相手だ」と言い残し、行ってしまった。

メレディスは警察の元で書類にサインをして、やっと
冷却容器のペニスを手放す事ができた。

そして、ファロー四徴症の赤ちゃんのオペをバークに
見学をさせてもらっていると「手を洗ってこい、鉗子を
持たせてやる、気が変わる前に早くいけ」と言われた。

赤ちゃんのオペが終わり、ジョージとイジーと
新生児室へ赤ちゃんを見に行くと「いいわ、2人とも
引っ越してきて」
と、メレディスはルームメイトを
ジョージとイジーに決めた。

デレクはアリソンが目覚めたのを確認すると
「おかえり」と声をかけた。

いつかは決心が必要だ、人を締め出すはずの境界線は、
自分を閉じ込める、人生とは厄介、そういうものだ。
ラインを引き人生を無駄に過ごすか、それを越えて自由に生きるか。
あるラインは例外だ、越えられない危険なライン。
きっとそう、ラインの先には景色が広がっている。
素晴らしい景色が。

エピソード1
「甘い夜はオペの始まり」へつづく、、

エピソード3
「私はあなたの“ゲーム”」はこちら

 

*キャストの詳細はページ下記へ


<ひと手間のクリック↓が励みになります>


海外ドラマランキング

VOD(配信サービス)の
無料体験はコチラ

最新の配信状況は各サイトにてご確認下さい(^^♪
・グレイズアナトミーは「season17」の
更新が決定されています。

字幕・吹替
season
1~14
無料
hulu
字幕・吹替
season1~15
1のみ無料

字幕・有料
season1~15
吹替・有料
season1~12
字幕・吹替
season1~15
有料
パイレーツオブカリビアン
字幕・吹替
season1~15
レンタルDVD


VOD(配信サービス)比較
はコチラ

 

<DVD購入派の方に>

グレイズ・アナトミー シーズン14 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

グレイズ・アナトミー シーズン14 コレクターズ BOX Part2 [DVD]

【CAST/キャスト】

 役    名  役    者  声    優
メレディス グレイ エレン・ポンピオ 三石琴乃
アレックス カレフ ジャスティン・チェンバース 土田大
ジョージ オマリー T・R・ナイト 加瀬康之
イザベル(イジー) スティーブンス キャサリン・ハイグル 石塚理恵
クリスティーナ ヤン サンドラ・オー 沢海陽子
デレク クリストファー シェパード パトリック・デンプシー 根本泰彦
リチャード ウェーバー ジェームズ・ピケンズ・Jr 中博史
ミランダ ベイリー チャンドラ・ウィルソン 高乃麗
プレストン バーク イザイア・ワシントン 小杉十郎太
エリス グレイ ケイト・バートン メレディスの母
アリソン アレックス・セイヤー レイプの被害者
ルー アリス・ロー 腕の怪我の中国人
アン スカーレット・ラム ルーの娘