season1-14「苦い思い」

season 1

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード14 「苦い思い」

<シカゴファイア・概要とあらすじ>
<人物紹介:ジェシー・スペンサー>

セブライドは臨床手術を受け、消防署のドクターに
復帰は可能か?不可能か検査をしに来ていた。

シェイはセブライドと暮らしている部屋でクラリス
との生活を始めた。
そこへ、検査を終えたセブライドが帰宅する。

「お帰り、結果は、、??」シェイが笑顔で
迎えると、、

「・・・次のシフトから完全復帰!」
「おめでとう!」
二人は抱き合い喜びを分け合い、クラリスも
セブライドを祝福した。

「一応言っておくけど、あなたの代わりを務めている
エリック・ウェイリーはまだ署にいるわ」シェイが
伝えると「別に気にしてないよ」と微笑み、クラリスの
お腹を触った。

シェイは出勤するとクラリスとの生活を、矢継ぎ
早にドーソンに話す。
ドーソンの反応があまり良くない為

「クラリスを嫌いなのは知ってるけど、私は彼女と
子育てをするから協力して欲しい」と言うと
「・・・私、ミルズと寝てる」
意を決してシェイに伝えると、、

「やっぱりね!何で今まで黙ってたの!」
シェイはやっと話してくれた事を、嬉しそうに喜んだ。
「職場では言わないって約束したの」

ケイシーは知ってるの?」
「たぶん・・・知らない」
「話すの?」
「そうするべき?」
「吹っ切れたなら」
「ケイシーとは元々、、噛み合わないだけ。。
ミルズにお母さんと会って欲しいって言われてるけど、
まだそこまでじゃなくて。。」

そこまで話した所で、出動要請が出る。

現場に到着すると、車がマンションに衝突して
ドライバーは逃走し、女性が一人車の中で動けずに
額から血を流していた。

ドーソンはネックカラーを巻き、名前を聞くと
「アンブロジア」と名乗り、ドーソンの顔をみて
「あなた、夢に出てきたわ」と話し気を失った。

シェイはドーソンにアンブロジアの腕を見せて
「多数の注射痕がある」と報告。

スプレッダーとラムシリンダーで車を解体し
アンブロジアを救急車へ乗せて見送ると、ケイシーは

ヘロインの過剰摂取は今週5件目どうなって
るんだ」とぼやいた。

シフトが終わったケイシーは、母親の出所を
出迎える為に刑務所の前へ来ると、小さな花束を
持った母親の文通相手のリック・サブリン
来ていた。

リックは「今日はおめでとうと言いに来ただけ
だから、あとは親子水入らずで」とケイシーに
伝えるとケイシーは「そうしてくれ」と言い、
両手を広げ母親を迎える。

少ない荷物で、目に涙を浮かべ、ケイシーの元へ
駆け寄る母のナンシー
「まだ夢を見ているようだわ」と言うナンシーを
抱きしめるケイシー。

リックは花束を渡し「落ち着いたら、また連絡する」
と言い残し帰って行った。

セブライドは退院後初めて51分署へ行くと、
隊員達が皆嬉しそうに、笑顔で出迎えてくれた。

レスキュー隊員やチーフ(ウォレス・ボーデン)と
ハグをすると、オーチスが「こいつは新入りの
『パウチ』史上最高の仲間だ」と紹介しマウチ
「オーチスは移動したいんだ」とセブライドに伝えた。

セブライドが心配そうにオーチスに目を向けると
「宇宙へ行くわけじゃない。モーニングサイドの
67分署へ行くだけだ」と説明する。

そしてチーフはセブライドの代わりを務めていてくれた
『エリック・ウェイリー』を紹介するとセブライドは
「久しぶり」と言い笑顔で握手を求めた。

エリックと握手をすると、チーフが顔見知りかと聞く為
セブライドは「俺はエリックの妹と婚約していた」

それを聞いていたマウチが
「そうか、1人目のレネーだな」と言うので、
エリックは「二人目がいるのか?」と聞くと、周囲の
空気変わったので、チーフは

「セブライドが戻ったから、残りのシフトはポンプ隊の
ジェフ・ターナーの代わりを頼む。そして、ガブリエラ
の兄のアントニオ・ドーソンがきてる」と
アントニオを紹介した。

「ここ2週間、ヘロインの過剰摂取が急増している。
少なくても12人以上の死亡者が出ている。
フェンタニルが混ぜられている薬物で、ナロキソンでの
治療も効かない例が多い。殺人としての可能性も
含め捜査中だ」
アントニオがそこまで話すと、出動要請がかかった。

<建物(Bar)火災>

チーフは火災現場のバーを見て
「火は裏手で広がっている。たぶん厨房だろう、
中に入って捜索と状況報告」各、小隊長に指示を出すと
ケイシーは隊員達に指示を出すが、クルースは既に
扉をこじ開け中に入る所だった。

ケイシーが「マスクを付けろ」と叫んだが、それに
耳も貸さずに、中へ飛び込んで行った。

セブライドは奥の厨房へ辿り着くと、中で男性が
1名倒れている事をチーフへ報告する。

ケイシーとハーマンが屋上で排気をさせると、
エリックがホースを持ちはしごで上がって来た。
屋上からダクトへの放水と室内からの放水で、
バーの建物火災は何とか鎮火した。

ハーマンが救急車へ、倒れていたバーのオーナー
(ステファイデス)へ説明に行く。

「店は見た目ほど酷くない、厨房の天井を修理すれば
済むよ。あとは煙が回っただけだ」
「潮時だよ、フロリダへ行けってお告げだ。店を買い
取ってくれる?」と、冗談交じりにハーマンへ言った。

ハーマンは笑って救急車の後部扉を閉めると、
鎮火されたバーを眺め思いふけた。

消火作業が終わると、マウチはクルースに
「お前カミカゼ特攻隊にでもなったつもりか!」
「俺は負傷者を助けた!それだけだ」
クルースは真っすぐにマウチの目を見て言うが
「お前が死んでたかも知れないんだぞ!」と言わ
れると、扉を強く締めて行ってしまった。

セブライドは消火作業の片づけをしていると
エリックを見つけ「彼女と別れたあの時からこれまで
ずっと、謝る機会がなかった。
あんな事になって悪かった、今でも友達だろ?」
と、微笑むが、、

「51分署にいるのもあと少しだ」と、言い残し
立ち去ってしまう。

署へ戻ると、ケイシーとオーチスがチーフに呼ばれ
二人が部屋へ入ると
「オーチスの移動願いが受理された。次のシフトから
67分署だ」

「あ、、それじゃあ、、正式に?」
「キミが望むなら。あの時(episode13)に一度行った
だけで決めた様子だが、、」とチーフが話し始めるが
「俺の気持ちは変わりません!」と意志が固く揺るぎが
なかった。

そんな二人を見てケイシーは
「オーチス、皆はからかって口は悪いが、軽んじては
いない。本心ではキミを評価している。でも、もし
誰かが行き過ぎなら、、」

「いいえ、そんな事じゃない。67分署は規模が小さい
から、ココより色々経験出来る。エレベーター係を
卒業して、機関員(運転士)になれる」

ケイシーはその思いを聞いて「頑張れブライアン」と
握手を交わすが、心は寂しさで溢れていた。

ケイシーは部屋を出て廊下を歩いているとマウチが
小走りしてきて
「最近クルースが変だ。気づいてるでしょ?」
と、話しかけてきた。

「個人的な問題だと思ってる」
「何か悩んでいるのかと聞いても、言おうとしない
んだ」
「それなら聞くのをやめろマウチ」

ケイシーはフラコの件(episode10)だとわかって
いたので、マウチに聞くのをやめろと言ったが、
マウチには、聞くなと言われた事が、思いもよらな
かったので言葉を失ってしまった。

 

ドーソンの元にはアントニが訪れていた。
アントニオは廊下に誰もいない事を確認すると

「昨夜は俺と映画に行った事にしてくれないか?
今回のヘロインの事件、もう少しで逮捕できそうなんだ
でも麻薬課は縄張り意識が強くて風紀取締り班の俺が
動く事を嫌う。だから上司に嘘をついた」

「本当は何処にいたの?」
「言えない。頼む、恩に着るよ」と言い、
頬にキスをすると行ってしまった。

ハーマンは今日の現場でバーの店主の
ステファイデスと話した事で、投資心に火が付いて
しまった。
そして、その思いを休憩室でみんなに話すが、
だれも興味が無く耳を貸してくれない。



署にはナンシーがお菓子を持って、息子の職場を
見てみたかったと訪れていた。

ケイシーが署内を案内していると、ミルズが通ったので
「彼は候補生のピーター・ミルズ」と紹介すると、
ミルズは「素晴らしい小隊長です」とケイシーを褒め、
ナンシーのお菓子を頬張った。

ドーソンは署内に入ろうとすると、ミルズとケイシー
親子が目に入った為、『回れ右』をしてやり過ごそうと
したがケイシーに見つかり、、

「彼女はガブリエラ・ドーソン」と紹介され、
仕方がなく笑顔で握手をすると「審問会に来てくれて
いた方ね」と言われてしまった。

「・・そうです」と答えるが、その事を知らなかった
ミルズの表情は険しい。。

ナンシーは立て続けに「嬉しかったわ、息子もどんなに
心強かった事か。なんて可愛いくて素敵な人なの。
ハリーなんかよりあなたにピッタリだわ」と
ドーソンをべた褒めするがミルズは下を向き
ケイシーとドーソンはそれぞれ別の想いで、とても
気まずい時が流れた。

ドーソンが洗面所へ行くとミルズが手を洗っていた。
「日曜日のディナーの件、来てくれるなら母に話すよ」
「ごめん47号車が非稼働で、いとこも来るから
色々忙しくて」
「気が進まない?」
ケイシーの母には会ったのに?と言いたい顔だ。

「いいえ」と言うと
「ケイシーとの仲を邪魔してる?」と顔を近づける。
「それは違う、彼とは友達。本気で好きなのはあなた
だけ。ただ、少し急なのが心配なの」

二人が話していると、物音がしたので二人は離れ、
ドーソンが『またメールをする』と言って別れた。

セブライドがロッカーで着替えていると、シェイが現れ
「エリックに本当の事話せば?」と話しかけてきた。

「話してどうなる」
「あれこれ言われずに、仕事に専念出来る」
「話す気はない。だからあの時も黙ってた」
「彼には知る必要がある」
「済んだことだ、中傷は気にしない」
そう言い残すと、シャワーを浴びに行ってしまった。

<モーテルで人が倒れたと通報>

ドーソンとシェイが現場へ到着すると、女性が2人
過剰摂取で倒れていた。
1人は死亡していて、もう一人(ビクトリア)<