season1-4*「紅の涙」

season1-4*「紅の涙」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード4
「紅の涙」

<メンタリストの概要とあらすじ>
<人物紹介:サイモンベイカー>

今回の事件現場はサンフランシスコのサンズ邸。
リズボンジェーンリグスビーが現場の検証に
やって来た。

現場へ到着すると、地元警察のカーラ・マルヴェイ
CBIの手を借りなくても解決出来ると言いながらも
サンズ邸の案内と、事件の詳細を話してくれた。

「大口政治献金者のサンズ氏が、昨夜から
行方不明なんです。奥さんが9時頃、娘と帰宅した
時には、すでに夫の姿は無くこの様に部屋が
荒らされていました」と言い、カーラが扉を開けた
部屋は床に紙が散らばり散乱していた。

カーラは部屋に入ると続けて
「身代金の要求はまだですが、来るでしょう。
奥さんと子供は友人宅にいます。押し入った
形跡はありません」と報告した。

ジェーンは部屋を見回し
「サンズはまだこの部屋にいる」と言うと
カーラは「徹底的に探したけど、いませんでした。
透明人間ならありえますね」と鼻で笑う。

「犯人はサンズに暗証番号を聞き出す為に拷問
したんです」
と言いながら床に落ちていたリモコン
を拾い、カーラに「本棚の下に挟まっている紙を
拾って」
とお願いした。

カーラは渋々だが、紙を掴み引き出すと手元で破れて
しまった。
すると気が付いた様子で「本棚を動かしたのね」
と動揺を隠せない。

リグスビーも言われて気が付き
「裏に何かある。金庫か隠し部屋?」と言い
本棚をチェックする。

ジェーンはリモコンのボタンをランダムに押し続け
「ありふれた暗証番号を押しいる」と言いながらも、
壁にあるヨットの絵に注目した。

マストには何やら数字がいくつか書かれている。
その番号を押してみると、、

本棚が扉の様に開きはじめた。
そして中にはサンズが血まみれになり倒れていた。

チームはサンズの葬式に出席をして、参列者の中に
犯人がいないか、目を光らせていた。

「拷問が好きなタイプは見当たらないな」とリグスビー
が言うと「死因は隠し部屋での失血死で拷問じゃない」
チョウが訂正する。

ジェーンは参列者に挨拶をする、妻のジェニファー
その隣に立っている男性を見ながら、リズボンに
「奥さんのアリバイは?」と聞くと
「事件の夜は娘と『ピーターと狼』のコンサート」


ピーターとおおかみ

「横にいる男は?」
「サンズの弁護士(マイケル・ベネット)」
「夫人は彼を恐れているか、何かを恐れる夫人を
安心させている」
な、と言うと、リズボンは
「私とヴァンペルトはサンズのパソコンを調べるから、
男性陣は残って。誰かが自白するかも」
と言い
その場を後にした。

ジェーンはリグスビーに
「立ち入った事聞くけど、何でヴァンペルトに
告白しないの?」

「彼女は同僚だし、規則にも俺の信念にも反する」
「イヤ、違うね」
「・・・。サインを送ったけど、反応が無かったから
放っておいてる」

「サイン?」するとチョウが
「後ろ姿を見つめてるとサインが送れるんだよな」
と冷やかした。

「思い切って口説けよ。基本さえ押さえれば簡単だ」
「じゃ、その基本を教えてくれ」
「1ドル出して。それなら真面目に聞くだろ」

リグスビーが渋々ポケットから1ドル出すと、
ジェーンは「愛と優しさ」とサラっと言う。

これには「金を返せ」とリグスビーも言うが
「手本を見せよう。愛と優しさでこの中の女性の
誰かを落とす。100ドル賭けよう」
と言うと、
リグスビーはニヤついて
「よし、じゃあサンズの奥さん」と言うと、
ジェーンは微笑みジェニファーに声を掛けに行った。

ジェーンはジェニファーに「お悔やみ申し上げます」
と握手を求めると、その手を両手で包み込んで
「近くで見ても美人だ。この男に何か弱みでも
握られているの?何か問題があるなら、僕が助ける。
電話してスグに行くよ」
とベネット弁護士の顔を見ると
ベネットは警備員を呼んでジェーンを連れ出そうと
した為、リグスビーが助け船を出す。

「100ドル払えよ」
「まぁ待って、見ててよ」と一旦、本部へ戻った。

本部へ戻ると、葬儀でのジェーンの振る舞いを
ジェニファーが検事総長に訴えるという連絡が入った
様子で、CBI局長のミネリがお怒りだった。
しかしジェーンは「彼女は本気じゃありません」
至って冷静だ。

そこへ局長の携帯電話に連絡が入り、話が終わると
「検事局からの連絡で、ジェーンが家へ来て謝罪
すれば、夫人は訴えを取り下げると言っている」と
ジェーンに伝えるとジェーンは微笑み
「じゃ、行ってきます」と足取り軽やかに出て行った。

サンズ邸の玄関で待たされていると、娘のジュリー
現れて「私のお人形みたい?」と部屋へ招待して
くれた。

ジュリーの部屋はお人形や花柄のテーブル、シャン
デリアで可愛く装飾されており、「パパが部屋を作って
くれた」とジュリーは話す。

ジェーンはジュリーに『ワンダとウエンディのお人形』
を紹介されていると、ジェニファーが現れた。

そして、ジェーンの予想通り助けを求めてきた
のだった。

「弁護士から夫の事で事実を聞いたの。投資事業は
大失敗していたの。とっくに破産していて預金はゼロ。
私と娘に残されたのは、莫大な負債だけ。
この家も何もかも売らないといけない。夫は詐欺容疑で
調べられていたみたい。夫には秘密主義で人間不信の
一面があったわ」

「ご主人は失敗を恥じたのかも知れない、誰にでも
秘密はある。僕に何を助けて欲しいの?」

「夫の事だから、何か隠してる。隠している財産が
あるはず」「犯人もそれを狙ったのかな?」

二人が話していると来客があり、保安官事務所の
差し押さえ担当者が来た。
ジェーンが「この家の主は炭疽菌で毒殺された為、
予防の注射はしてきたか?」
と適当な嘘をつき、
その場をしのぎ、追い返した。

ジェーンは本部へ戻り、サンズの懐事情を調べて
もらう依頼をするとリズボンから報告があった。

「確かに破産状態、IT関連株で大失敗してる。
この5年、事業はほぼ廃業。顧客も収入も無し、起訴と
禁止命令が迫ってた。ただ、2週間前までは有価証券
など1千万ドル相当が個人口座にあった」

それを聞いていたリグスビーは
「何処からの1千万ドルで、今は何処にあるのか?
それを犯人も探ってた。奥さん知らないって?」
とジェーンに話を振ると

「彼女は知らない。本気で怯えてた。ベネット
弁護士と話してみるよ」

とジェーンが言うので
「彼女に甘くない?ベネット弁護士には私が会いに
行く。この前怒らせたあなたを行かせるわけには
いかない」
と言って、出て行った。

リズボンが『彼女に甘い』と言うのでチョウと
リグスビーはジェーンを見て微笑んだ。

リズボンはベネットに会い、先日のジェーンの非礼を
詫びるとベネットは「もういいんです。この事件は
悲劇だ、何でも協力します」と言うのでサンズの
負債は知っていたか聞くと、

「大変だとは聞いていたが、あそこまでだとは
思わなかった。彼の私有財産を管理していたので、
事業の事は知らなかった」と答えた。

そして、2週間前に1千万ドル相当の有価証券類を
現金にしたのは知っていたか聞くと

「後日、彼の会計士から聞きました。確かに大金だが、
もっと蓄えがあると思ってた。『奥さんを驚かせたい』
と言ってたらしい。当時は信じていたが、今となっては
有り金を持って逃げる気だったんでしょうね」
と言った。

リズボンが本部へ戻ると、ヴァンペルトから1千万
ドルの出所がわかったと報告される。

「サンズの事務用品会社は『ハッピーランディング』
という企業と5520万ドル相当の取引をしていました。
『ハッピーランディング』はスイスの会社を盾にした
ダミー企業で実態は不明。所在はサウサリートの
マリーナです」

リズボンはヴァンペルトに「よくやった」と褒めると
「『ハッピーランディング』の経営者を調べて」私は
マリーナへ行くと、本部を後にした。




サウサリートのマリーナへ行くと、サンズの
『プリンセス号』が停泊してある。
乗船すると中は散乱していて、女性が出てきた。

この船はサンズの船である事を、リズボンが伝えると
彼女は「知ってるわ。だってサンズは私のフィアンセ
だから」と答えた。

彼女を署に連行して話を聞くと、、

彼女の名前はアドリアーナ・ジョノヴィッチ、ダンスや
モデルで生計を立てている。
サンズには妻と子供がいる事を知っていたが、2年間
付き合っていた。
そしてアドリアーナの事は妻のジェニファーも
知っている、と話す。

リズボンが船で何を探していたか聞くと
「私達が逃げる為に、彼が先月買った1千万ドルの
ダイヤを探してた。彼は『奴ら』に捕まるか殺される
か、だってわかってた。だから、ジュリーを連れて
3人で船で逃げる計画を立てたの」と話すと、

リズボンは「『奴ら』って誰?犯人を知ってるの?」
聞くと、アドリアーナは、教える代わりに
起訴はしないで帰らせる事、証言は一切しない事
を約束させた上で話し始めた。

「ナイトクラブを経営している奴ら、薬や女で稼いだ
汚い金をジェイソンが『きれい』にしてた。
その金でダイヤを買ったの。オークランドに住んでいて
名前はディーター・ウエブとカター・ルイスよ」

約束通り、アドリアーナは釈放される。
帰り際にジェーンは呼び止めて、娘のジュリーも一緒に
連れて逃げると言っていたが、それは何故かと聞くと
ジェニファーは良い母親に見せかけているだけで
本当は冷たい人間だから。と答えて帰って行った。

アドリアーナの情報を元に調べると、ウエブとルイスは
西海岸でクラブやホテルを経営、麻薬と売春を本業
としている。記録上は財産も住所も無し。
とチョウが報告するとジェーンは奥さんに愛人の事を
知っているか聞きに行くと出て行く。

ジェーンはジェニファーに会うと、突然
「思い出せない」と言い始め
『ピーターと狼』でアヒルはフルートかファゴット
か?」
と聞くと、ジェニファーは
「ファゴットだったと思う」と答える。

そして、「良い知らせと、悪い知らせがある」と伝え
「良い知らせは、予想通り1千万ドルの蓄えがあった」
と伝えると、ジェーンに
「あなたは隠し部屋も見つけたし、見つけるのが得意
だから、1千万ドルも見つけて欲しい」と頼まれた。

そして「悪い知らせは愛人がいた事」と話すと
ジェニファーは愛人の存在に落ち込み、知らなかった
と答えた。

リグスビーとヴァンペルトがウエブとルイスを署へ
連行し別々に話を聞くが二人とも、
「自分たちは殺してない、犯人はアドリアーナだ。
彼女なら金の為に何でもする。なぜならば、俺達と
一緒に働いていたから、彼女の事は良く知っている
んだ」と答えた。

二人の話が終わると、ジェーンにジェニファーから
連絡があり娘が誘拐されたと、うろたえていた。

サンズ邸を訪れ、リズボンがジェニファーに
「犯人の狙いは何かわかりますか?」と尋ねると
「私が持っていると思っている、夫の隠し財産でしょ」
と答えるジェニファー。

しばらくするとジェニファーの携帯に誘拐犯から
メールが届いた。
メールには『娘を預かっているアレは?』と送られ
てきた。

するとジェーンがとっさに
「あると答えて、僕が持って行く。金のありかは
知っている」
と言い残し、出て行った。

ジェーンは取引場所の車内にカメラをつけて待機し
署ではチームがカメラのモニターをしている。

リズボンは「犯人の電話番号がわかれば、場所の
特定が出来るから無茶しないで」と伝えた。

車に乗って来たのはアドリアーナだった。
ジェーンに銃を向けて
「罠だったら殺すわ。ダイヤは何処?」
「誘拐なんて、キミは間違っている」
「私は誘拐なんてしてない。コレはジュリーを守る為」
「事情を話して欲しい。ジュリーは何処?」
「私が奴らに連絡すれば、解放される」

ジェーンがアドリアーナにダイヤを手渡すと、
アドリアーナは手に持っていた銃と携帯をジェーンに
渡した。

ジェーンが携帯電話から番号を調べ、リズボンに
伝えると、アドリアーナはダイヤが偽物だと気が付き
「ジュリーが殺される」と言った。

ジェーンが誰に殺されるのか聞くと
「知らない。ジュリーの写真を送って来たの。
助けたければ、ジェイソンの金を渡せと言われたわ。
私は持ってないのに」

「要求は金?それともダイヤ?」
「金よ」
「キミの話が本当なら、ジュリーは助かる」

チームとアドリアーナは番号の発信元の住宅へ向かい
アドリアーナが扉をノックすると男が扉を開けたので
チームが突入すると男は弁護士のマイケル・ベネット
だった。そして、奥からジュリーが出てきた。

この突入によりベネットが重症となり証言が取れず
共犯者が妻のジェニファーなのか愛人のアドリアーナ
なのか不明の状態になってしまった。

ベネットとジュリーが運ばれた病院ではジェニファーと
アドリアーナが鉢合わせをした。

そこの場でチョウが去り際、ヴァンペルトに
「何て名前だったっけ?ジェーンが言ってた
女の名前、、」と言うとヴァンペルトは
「ウエンディ」と答える。

するとチョウは
「そうだ、ウエンディって女性を知ってます?」と
ジェニファーとアドリアーナに聞くと。

アドリアーナは「知らない、そのウエンディって人が
ダイアを持ってるの?」と聞くと
ヴァンペルトが「ありえます。ベネットさんが回復して
きたので、何か伝言はありますか?」と二人に聞くと
アドリアーナはジェニファーを見て微笑み、
ジェニファーは顔を歪め俯いた。

ジュリーの病室にはアドリアーナがいた。

そしてジェーンがサンズ邸のジュリーの部屋へ行くと
ジェニファーが血相を変えて、ジュリーのおもちゃ箱を
ひっくり返していた。

「人形のウエンディなら紫の髪の毛だ。スグに
弁護士を呼んだ方がいい」
と言うと
ジェニファーは「なぜ?何の為に?」と平静を装った。

「無駄だよ。ベネットが全部吐いた」
「上手い手ね。私とアドリアーナにお互いがお金を
持っていると思わせた」

「名女優に褒められて、光栄だ」
「ダイヤの話はただのエサ?在りかは知ってるの?」
「全部話してくれたら教えるよ」
「ベネットよ。全て彼の計画なの」

「いや、彼は踊らされただけ。あなたの大きな目と
震える唇を武器に騙されたんだ。名演技だ、僕も
騙された。そしてキミがアヒルはオーボエと答えたら
僕はダイヤの場所を教えてた。
ファゴットじゃない、小鳥はフルート。
簡単な問題なのにあなたは間違えた。コンサートに
行かず家で夫を拷問したんだ」

「娘を連れ1千万を持ってあの女と逃げるなんて
許せないわ!
娘が実の母親の私より愛人に懐く悔しさが分かる!?
金庫があるのは知ってた、でも夫は私に隠してた。
私達の結婚は偽りだったの。
ダイヤは何処にあったのか教えて」

怒りと悔しさに震えているジェニファーを見つめ
ジェーンはゆっくり上を向き、ジェニーの部屋の
可愛いシャンデリアを見つめた。

 

エピソード5
「アカスギの森」へつづく、、

エピソード3
「赤潮」はこちらへ。

*キャストの詳細はページ下記へ

 

<ひと手間が励みになります>

海外ドラマランキング

<Huluの無料体験はコチラ>

メンタリストは「Hulu」にて
シーズン1~7(最終話)が視聴できます。

海外ドラマバナー

<U-NEXTの無料体験はコチラ>

メンタリストは「U-NEXT」にて
シーズン1~7(最終話)が視聴できます。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認下さい(*^_^*)

U-NEXT

<Amazonプライムビデオの無料体験はコチラ>

メンタリストは「Amazonプライムビデオ」にて
シーズン1~7(最終話)が視聴できます。
*Amazonプライム会員になるとビデオが見れます*



<dTVの無料体験はコチラ>

メンタリストは「dTV」にて
シーズン1~7(最終話)が視聴できます。

dTV

<TSUTAYA DISCAS>

メンタリストはDVDレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCAS

<配信ではなく購入派の方へ>

<Amazon>

THE MENTALIST/メンタリスト 1st-7th シーズン DVD全巻セット (36枚組)

<楽天市場>

【送料無料】 THE MENTALIST/メンタリスト <シーズン1-7> DVD全巻セット(36枚組) 【DVD】

【キャスト/CAST】

 

 

役   名 役   者 声   優
パトリック ジェーン サイモン・ベイカー 郷田 ほづみ
テレサ リズボン ロビン・タニー 加納 千秋
キンブル チョウ ティム・カン 喜山 茂雄
ウェイン リグスビー オウェイン・イオマン 江川 央生
グレース ヴァンペルト アマンダ・リゲッティ 斉藤 佑圭
ヴァージル ミネリ グレゴリー・イッツエン CBI局長
ジェニファー サンズ リサ・ブレナー ジェイソンの妻
ジュリー サンズ ジェイド・ペティジョン ジェイソンの娘
カーラ マルベイ デニース・ダウズ サンフランシスコ警察
マイケル ベネット デビッド・ニューサム サンズの弁護士
アドリアーナ ジョノヴィッチ アンジェラ・サラフィアン サンズの愛人
ディーター ウエブ レイナルド・ロザレス クラブ経営者