season1-1「甘い夜はオペの始まり」

season1-1「甘い夜はオペの始まり」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード1
「甘い夜はオペの始まり」

<GREY’S ANATOMY・概要とあらすじ>

メレディス・グレイはソファーの上で目覚めた。
床を見ると男性が裸で寝ている。

自分も裸だったので、ブランケット纏うと
男性が目を覚まし「昨夜の続きをするのはどう?」
と誘ってきた。

「ダメよ遅刻しそう、初出勤から遅刻はマズい」
「ココがキミの家?」
「そうよ、今の所。母の家だけど、売るつもり。
私はシャワーを浴びるわ。戻ったら、、貴方はいない
さよなら・・えっと、、」

デレク
「私はメレディス」
「よろしく」

メレディスはシャワーを浴びて、車に乗り病院へ
出勤すると、既に部長のリチャード・ウェーバー
がスピーチを始めていた。

「君たちは希望にあふれ、勝負の現場へ来た。
ひと月前は医学生だったが、今日から君たちは医師だ。
外科研修医の7年間は人生で最高かつ最悪の時だ。
限界まで試される、周りはみなライバルだ。
このうち8人は楽な専門へ、5人は潰され2人は追放。
ココがスタートライン、キミ達のフィールドだ。
勝負の行方は自分次第だ」

部長の話しと案内が終わり、ロッカーで白衣に
着替える。
「女性は6人だって」と隣にいた女性に話しかけた。
「1人はモデルだって。女全部がナメられる」
「あなたがクリスティーナ・ヤンね」
「指導レジデントは?私はミランダ・ベイリー
「ナチ(ベイリー)?私もよ」

すると、会話の傍にいた男性が
「僕も同じナチにつくんだ。僕はジョージ・オマリー
と話しかけられるがメレディスは名前を呼ばれた
為、ベイリーの元へ行った。

ベイリーはみんなが揃うと
「ルールは5つ、その1・ご機嫌取りは無用。
その2・外傷治療計画、電話リスト、ポケベルこれら
にはスグに応じる事。初日のシフトは48時間後まで。
あんた達はインターン外科の最下層よ、2日に一度の
夜勤も耐える事」

と話しながら、歩き、扉を開けると
「ココは当直室、使えれば使って。そして、ルール3・
私を起こすのは患者が危篤の時に限る。
その4・危篤の場合は必ず起こす。
その5・私が動いたら動く!」

ベイリーがルールを5つまで話すと、ポケベル
が鳴った為「ついてきて!」と、廊下を走り出した。

<1時間目>

ベイリーの後を付いて行くと、屋上へ出る。
ドクターヘリが着陸する所だった。

ヘリでの搬送者から早口で、申し送りされる。
ケイティ・ブライス、15歳女性、初発のてんかん
が続く。搬送中に点滴切れ、到着前に大発作」

処置室へ運びベイリーが指示を出す。
ジアゼパムを10ミリ、大量静注」
少しすると、てんかんの発作が治まり医師の
プレストン・バークが現れ、ベイリーにあらゆる
検査をしろ。と指示を出す。

ベイリーは「CT・血算・電解質検査、クリス
ティーナはラボ、ジョージは精密検査、メレディスは
ケイティの担当よ患者をCT室へ、イジーは直腸診
と、言い残し病室を出て行った。

クリスティーナはベイリーの元へ行き、ケイティの
検査結果は異常なしでした。と報告をした後
「毎年優秀なインターンには、初日にオペをさせる
とか、噂で聞きました」とベイリーの顔を見ると
ベイリーは顔色を変えずに「今すぐ消えて」と言うので
クリスティーナは肩を落とした。

メレディスはケイティのベッドを押しCT室へ向かうが
病院内で迷子になり、ケイティを不安にさせない為
「気分はどお?」と話しかけるが

「私はこの痙攣で美少女コンテストを降りたの
気分は最悪。新体操の練習中にリボンにつまずて足を
くじいた時の看護師は誰かさんより頼れたわ」と
生意気な口を利く。

<7時間目>

クリスティーナ、ジョージ、イジーがやっと
ランチにありつく。

「メレディスは2世よ『エリス・グレイの娘』」と
クリスティーナが話し始めると
「親が医者は珍しくないよ、エリス・グレイって?」
とジョージが聞く。
「『グレイ法』習わなかったの?腹部開創器を開発した
外科医、生ける伝説よ」と説明する。

そこへ、ちょうどメレディスがランチを持って現れ
「ケイティって子最悪」と腹を立てている様子。
すると三人は話の流れから、メレディスの顔を
じっと見つめる・・・

「なに?」と言った時、バークが現れ
「インターン諸君、いい知らせを直接伝えよう。
有望なインターンには、最初にオペをさせる。
責任者として俺が人選を行う。『ジョジ・オマリー』
午後の虫垂切除に加われ。おめでとう」と言い残し
行ってしまった。

バークがオマリーを選出した事をベイリーに伝えると
「オマリーはギリギリでこの研修プログラムに入った
んですよ!毎年一人を選んで、いびり倒してる、、」

「あいつはピッタリだ。一人を怒って全体を
引き締める」
「狙いはわかりますけど、、オマリー。。」

ケイティの病室には両親がやって来て、メレディスに
「手術が必要と聞いたが、本当に必要なのか?」と
質問され、自信が無いメレディスは
「担当医に確認します」と病室を出た。

メレディスはベイリーの元へ行き
「ケイティの両親に質問された事はバーク先生に
相談したらいいですか?」と聞くと
「担当はそこにいる、シェパード先生に代わったの」
と言われ視線を先にやると、昨夜一晩を共にした
デレク・シェパード』だった。

メレディスはデレクだと気が付くと、足早にその場を
離れるが、デレクは後から追いかけて来て
「少し話せるか」と普段はあまり人が来ない階段へ
連れていかれる。

「シェパード先生」
「先生?今朝はデレクだったろ?」
「先生、あれは無かった事にしましょう」

「あれって?僕と寝たこと?追い出した事?
どっちも甘い思い出だ」
「思い出なんてない、バーでの出会いは忘れて。
続きはないの」

「僕を利用した、酔った色男の僕を」
「酔ってたのは私で、あなたは色男じゃない」

「今日は違うかも、だけど昨日は赤のシャツを着て
キメてた。また利用する?金曜は?」
「あなたはアテンディング、私はインターンよ。
そんな目で見ないで!裸を見る目」

デレクがキスをしようと近づくと、、
「シェパード先生ココは仕事場ですよ、わきまえて
下さい」
とメレディスは言い、扉の向こうへ消えた。

ジョージは虫垂切除の開始前で緊張し、
「開腹・確認・切除・洗浄・縫合」と繰り返し
唱えている。

手術室の上の見学室ではインターン達が口々に
「失敗に10ドル」「泣くに15ドル」
「精神崩壊に20ドル」と言いたい放題の中、メレディス
「見事成功に50ドル」と言うと、注目を浴びたので
「私達だっていつかああなる、応援できないの?」
と、その場を黙らせた。

そしてついにジョージのオペがバークの立ち合いで
始まった。開腹をして確認、そして切除が無事成功
して盛り上がる見学室。

洗浄をして縫合だが、縫合時に力が強過ぎて、縫合糸
が切れた為出血をする。するとバークが
「吸引して、さっさと縫合糸を探せ」と言うが、
ジョージは固まって動けない。

患者の血圧が低下していく中、まだ動けないジョージを
バークは押しのけ看護師に「腰抜けを連れ出せ」と
指示を出した。

見学室では「『007(ダブルオーセブン)』に
決まりだな」とアレックス・カレフが言うと、イジーは
「007って?」とメレディスに聞いた。

「殺しのライセンス」と答え、残念そうな顔で
ジョージを見つめた。

<19時間目>

メレディスが落ち込んでいるジョージ達と休憩を
しているとポケベルがケイティの急変を知らせる。

急いで病室へ駆け込むとケイティに
「遅いじゃない、呼び出してもらうのに
エクソシスト』のマネしちゃった」と言われた。

メレディスは息を切らし「どこも悪くないの?」
聞くと「退屈なの」と言われる始末だ。。

「コンテストのテレビ中継が見たいの、何とかして」
「ココは本物の病院よ。おとなしく寝てなさい」
言い残し部屋を出た。

処置室へ行くとアレックスが看護師に指示を出して
いる。

「『4B』は術後肺炎だ、抗生物質を投与」
「本当にその診断で間違えない?」と看護師が言うと
「俺はインターンだ間違っていると思うなら、
メディカルスクールに4年通ってから言ってくれ。
息切れ・発熱・それに術後だ」

アレックスが看護師に言い切ると、メレディスに
「看護師は嫌いだ」と言いながら近づいてくる。

そして「アレックスだ。キミのボスはナチ?」
話しかけてきたので「肺炎じゃなくて、無気肺
肺塞栓かも」とメレディスは伝えてみた。

すると、、「看護師は嫌いだ」と言うので
「何が言いたいの、私を看護師扱い?」と言うと
またポケベルがケイティの急変を知らせる。

重い足取りで、のんびり病室へ向かうと、ケイティ
が大発作を起こしていた。

メレディスが呆然と立ち尽くす中、何度も看護師から
処置を求められ、やっと我に返り「フェノバルビタール
を投与、シェパード先生を呼んで」と指示を出すが、
心停止になる。

看護師がコードブルーと叫ぶ中、メレディスは200に
チャージした除細動器のパドルを持ち胸に当てるが
変化が無い。

300、360、とチャージを繰り返し、3回除細動
するが、まだ心室細動が続く。

2度目の360の除細動でサイナス(心臓の拍動が
一定のリズム)に戻り、血圧が上昇し、
そこへやっとデレクとベイリーが現れた。

<24時間目>

ジョージはバークがオペをする患者
トニー・サヴィッチ)に手順を説明するのに
立ち会っていた。

「手術中は人工心肺装置に繋ぎ、心臓を治し装置を
外す。手順はそれだけです」
と伝えるが心配そうな
付き添いの妻(グロリア・サヴィッチ)にバークは
「手術ですのでリスクはありますが、腕には自信が
あります」

と伝え安心させその場を後にした。

それでも不安そうな夫婦にジョージは
「バーク先生なら安心です」と伝え歩き始めると、
グロリアはジョージの背中に向かって
「本当に心配ない?」とすがるのでジョージは
「なんなく終わりますよ、本当に心配ない。
約束します」と、笑顔で答えて、夫婦を安心させた。

インターン達は会議室に集められていた。
そこへデレク・シェパートが入って来て

「集まってもらったのは、キミ達の力を借りたい
からだ。ケイティと言う謎だらけの患者だ。
治療の効果が出ない検査は異常なし。
だが、大発作が起きている、原因は不明。

このままだと、命を落とす。キミ達の判断力を貸して
欲しい、発作の原因を突き止めて欲しい。

皆も疲れているだろうし、忙しいだろうそこで
『ニンジン作戦』でいく。

謎の答えを見つけた者に手術が必要な場合、
助手としてつけよう。手遅れにならないよう、
急いでくれ」とデレクはみんなにお願いし、部屋を
出て行った。

メレディスが処置室でカルテを書いていると
先程の看護師が『4B』の患者の件を再度
アレックスに相談していた。

「4Bの患者が息切れを」
「抗生物質は?」
「効いてないないの」
「年寄だろ?息をしてりゃ御の字だ。南北戦争
生き残りの面倒は見られない、もう呼ぶなよ」

メレディスは看護師にそんなことを言っている
アレックスを軽蔑の眼差しで見ていると、クリス
ティーナに話し掛けられる。

「ねえ、ケイティの担当でしょ?私、オペの助手を
したいの。手を組まない?チャンスは五分五分よ」

「いいけど、助手は譲るわ」
「すごいチャンスなのに?」
「シェパートを避けてるの」
クリスティーナは嬉しそうに喜んだ。



「無酸素症、腎不全、CTの結果から腫瘍とも違う。
避ける理由を教えて」
「イヤ」

「白血球数は正常、病巣はみられず、腰椎穿刺は
異常なし、教えて」
「何も言わず、顔にも出さないでね。。彼と寝た」

クリスティーナは何かを言いたい気持ちをグッと押さえ
動脈瘤は?」と質問する。
「出血も頭痛も無し」

「麻薬、妊娠、外傷もなし、彼、、良かった?」
「お手上げね、謎のままだったら?」
「不謹慎だけど、オペが出来なくて残念。。」

「一人前にもなれずに死ぬの、、
彼女の特技知ってる?新体操よ、私なんて新体操が
何かも知らない、、」

メレディスは自分が言った言葉に考え込み
クリスティーナに
「シェパードの所に行くわよ!」と言い走り出した。

メレディスは走りながら、クリスティーナに自分が
思った事を伝えると、クリスティーナも同意した。

クリスティーナはエレベーターに乗ろうとした
シェパートを見つけて
「ケイティの件ですが、頭痛も首の痛みも無く動脈瘤の
所見はありません。でも、動脈瘤なら?
練習中に足をくじいて転んでいます」

「それで動脈瘤が破裂するのは『まれ』だ」と言い
エレベーターの扉が閉まり、二人は落胆するがスグに
扉が開き「『まれ』なケースか調べてみよう!」と
エレベーターを降りて、歩き始めた。

血管造影検査をすると、くも膜下出血をしていた。
シェパートも驚きを隠せない。
「キミ達を褒めちぎりたいが、両親にオペを伝えて
くる」と言うと、クリスティーナが
「原因を突き止めたら、助手ができると、、」

「そうだったな、悪いが二人は無理だ、、
メレディス、オペ室で」
と言うと、シェパートは両親の元へ報告に向かった。

クリスティーナはメレディスを無言で睨みつけ
その場を立ち去ってしまった。。

ジョージは手術室のガラスの向こう側でバークが
サヴィッチさんのオペをするのを勉強しながら
見守っていた。

気が付くと、バークがオペ室から出て来たので
「早かったですね」と声を掛けると
「損傷がひどく、人工心肺から離脱できなかった。
仕方ない、こういう時もあるんだ。まれに起きる、
最悪な瞬間だ」

ジョージは呆然とサヴィッチを見つめながら
「でも僕、奥さんに大丈夫だって言ったんです。
約束するって」
「約束?俺の患者だぞ、俺は約束をしたか?そんな
約束を守れるのは神だけだ。二度と結果の保証など
するな。約束した未亡人の奥さんに旦那の死を伝えろ」

ジョージは重い足取りで家族の元へ向かうと
「手術中に問題が起きまして、、
心臓の損傷が酷くて人工心肺からの離脱が、、」
「どういう事なの?」

状況を認めたくない妻のグロリアがうろたえているが
「ご臨終です。亡くなりました、、お気の毒に」
「お願い、、もう行って。。」
グロリアは椅子に座り込み、むせび泣いた。

メレディスはクリスティーナの元へ行き
「彼に辞退すると言うわ」と伝えるが、怒りが収まら
ないクリスティーナは「人を出し抜いてまで勝ち残り
たいなら、やれば?ボスと寝たからオペの助手に?
医学部もママの名前で入った?恵まれてると楽だね」

イジーがいる前で、シェパートとの事をバラされ
嫌味も言われ、メレディスはその場を離れる事しか
できなかった。

<40時間目>

メレディスはシェパートの元へ行き
「私と寝たからオペの助手に選んだの?」
「ああ」

「・・・冗談だよ」
「私はやらない、クリスティーナに」
「ケイティの担当はキミだ、治療をやり遂げる権利
がある。僕と寝たことを気にして、チャンスを逃すな」

メレディスは考えながら、処置室へ行くと
部長がアレックスに質問をしていた。

「息切れだな、動脈血ガスを?」
「測りました」
「それで?」
「実は患者が多くて、、」
「術後発熱の主な原因は?」

アレックスがポケットからメモを取り出そうとするが
「メモは見るな。頭に入ってるハズだろ?」
「・・・」
「誰か、術後発熱の主な原因を言えるか?」
と、部長がフロアーで声を張ると、、

「肺、尿路、創部、血栓、薬の5つで、
検査を怠ると肺炎と決めつけやすい」
とメレディスが
答えた。

すると、部長はメレディスに「『4B』の患者は
どう思う?」と質問する。

「恐らく血栓。肺塞栓症の最高リスク群です」
「処置はどうする?」
「スパイラルCT、VQスキャン、酸素吸入、
ヘパリン投与、IVCフィルター適応の検討」

と、メレディスが答えると部長は、アレックスに向けて
「今の通りにやれ、その後担当を外されたと
レジデントに言え」と言いメレディスの元へ来て

「お母さんにそっくりだ、現場へようこそ」と言い
処置室を後にした。

メレディスが手術室へ行くと、シェパートがケイティ
のオペを始めるところだった。

シェパートはスタッフに向けて
「命を救う最高の夜だ、楽しもう!」と言いオペを
始めメレディスはオペ室内で見学をさせてもらい、
顕微鏡も覗かせてもらった。

<48時間目>

長いオペが終わり、メレディスは呆然と廊下の椅子に
座っていると、クリスティーナが来た。

「ためになった?」
「そうね」
「私が何か言って、そっちも何か言って、泣いたり
するのナシね」

「パス」
「良かった。寝たら?ひどい顔よ?」
「あなたよりマシよ」
「そんなわけない」とクリスティーナは言い、
行ってしまった。

すると、シェパートがオペ室から出てきて
カルテを書き始めたので、メレディスはその姿を見て
話しかける

「素晴らしかった。手術台の前に立った気分をずっと
想像してきたけど、強烈だった。ドラッグなんて
目じゃない」

「ああ、、」とメレディスを見つめて微笑むと
「仕事を済ませないと」と言いその場を去った。

メレディスはシフト終わりに、母親の元へ行き
話しかける。

「なぜ外科医を目指すのだろう、辞めるべき理由なら
思いつく。厄介な人間関係、責任の重さ、必ず訪れる
本当の『勝負』の瞬間。

その時前へ踏み出すか、そこを立ち去るかだ。
辞めるのも自由、でも確かなのは、このフィールドが
好きそして全員が初日を乗り切った。

みんないい人達よ。多分ね、よく分からないけど、
いい仲間
そうだ、あの家だけど売るのやめたわ。
あそこに住む、同居人を探してね。大事な家だもの」

「ここの医者?」
「いいえ」
「私は担当医じゃない、でも医者よ」
「名前は?」
「メレディスよ、お母さん」
「そうだった、確か私も医者だったわ、、」

メレディスは母の手を握り
「そうよ、外科医だったの」と微笑んだ。

 

エピソード2
「越えられないライン」へつづく、、

 

*キャストの詳細はページ下記へ

ジョージの虫垂切除時、見学室にインターン役として
コバートアフェアーの『ジェイ・ウィルコックス』
本名:センディル・ラママーシーが出演しています。
役名もない、一度きりの出演でしたね。。


<ひと手間のクリック↓が励みになります>


海外ドラマランキング

VOD(配信サービス)の
無料体験はコチラ

最新の配信状況は各サイトにてご確認下さい(^^♪
・グレイズアナトミーは「season17」の
更新が決定されています。

字幕・吹替
season
1~14
無料
hulu
字幕・吹替
season1~15
1のみ無料

字幕・有料
season1~15
吹替・有料
season1~12
字幕・吹替
season1~15
有料
パイレーツオブカリビアン
字幕・吹替
season1~15
レンタルDVD


VOD(配信サービス)比較
はコチラ

 

<DVD購入派の方に>

グレイズ・アナトミー シーズン14 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

グレイズ・アナトミー シーズン14 コレクターズ BOX Part2 [DVD]

 

【CAST/キャスト】

 役    名  役    者  声    優
メレディス グレイ エレン・ポンピオ 三石琴乃
アレックス カレフ ジャスティン・チェンバース 土田大
ジョージ オマリー T・R・ナイト 加瀬康之
イザベル(イジー) スティーブンス キャサリン・ハイグル 石塚理恵
クリスティーナ ヤン サンドラ・オー 沢海陽子
デレク クリストファー シェパード パトリック・デンプシー 根本泰彦
リチャード ウェーバー ジェームズ・ピケンズ・Jr 中博史
ミランダ ベイリー チャンドラ・ウィルソン 高乃麗
プレストン バーク イザイア・ワシントン 小杉十郎太
ケイティ ブライス スカイラー・シェイ ドクターヘリの搬送患者
エリス グレイ ケイト・バートン メレディスの母
トニー サヴィッチ デビッド・ベグ 心臓オペの患者
グロリア サヴィッチ ローラ・カーソン トニーの妻