Netflix『ナイト・エージェント』ネタバレ/後編

ナイト・エージェント

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

ナイト・エージェント/キャスト.あらすじ

キャストやあらすじ、ナビゲート動画
【エピソード1~5のネタバレ】
概要はコチラ↓のページにてご確認下さい。

ナイト・エージェント/原作

『ナイト・エージェント』は『マシュー・
クワーク』の同名小説が原作となっています。

Amazon 楽天市場
ナイト・エージェント/原作 ナイト・エージェント/原作

ナイト・エージェント/ネタバレ

エピソード6/深度

<2年前>
デールとエレンは『アンドレイ・パヴェ
リッチ』(潰れた王室の一員)を殺し、
湖に沈めたがその時、アンドレイが付けて
いた指輪をエレンがデールに渡した。

その指輪をピーターが解析し『ユーゴスラ
ビア王家の紋章』とわかったのだった。

ピーターはローズとファーの所へ集めた資料を
持って行こうとするが、ホワイトハウス内は
もはや、誰が敵か味方かわからない。

ピーターが一人でホワイトハウスへ行き、
ローズの身は、FBIアカデミー時の友人
(現.警官)のシスコへ預けた。

アリントンは上司のベンに責任者を外され
代わりに、モンクスが責任者となり、マディ
を捜索。マディの部屋で美術教授のパウロから
もらった、環境団体『ニューリーフ』のリーフ
レットを見つけ、SNSで調べると・・

パウロは団体の支部長でSNSには、パウロの
作品のモデル(脇腹にヘビのタトゥーがある
男)
も映っていた。

<ピーターは調べた事をファーへ報告>

・ターンレイクが地下鉄を爆破した事。
・暗殺者(デール)の指輪がターンレイク
工作員に通じた事。
・大規模爆破は地上での誰かを暗殺する事が
目的だったが、その標的はマンディの警護に
守られていた事。

全てを聞いたファーは、今夜マンディが、
誘拐されたと話し、全てを大統領に報告
すると話す。

そして、ピーターへは『警官の友人にFDRトン
ネルの搬入口へローズを連れて来るように』

言ったのだ!!

ピーターはファーに【ローズは友人といる】
と言っただけなのに、、
【警官の友人】である事を、知っていたのだ!

ピーターはスグにローズへ連絡し、約束の桟橋
へ向かうように指示する。

シスコはローズと車で逃げるが、デールと
エレンに車が追跡されていると感じ、途中で
ローズを車から降ろす。
ローズは桟橋へ逃げるが、シスコはエレンに
殺されてしまった。

ローズは桟橋でデールに見つかるが、ピーター
が駆け付け、格闘の末デールを殺す。
しかし脇腹を刺されてしまう。

ファーはピーターとローズが全て知ってし
まった事を、大統領ではなく『副大統領へ
報告』
した!

そして、副大統領は会見で、娘のマディは
『ピーター・サザーランド』
に誘拐された。
彼と娘を探して欲しいと、国民へ呼びかけた
のだった!


「ものたりない…」なんて感じない植物由来の素材のみで満足の味を追求

エピソード7/それぞれの復讐

<14年前>

マンディは妹のサラと遊んでいたが、ケンカ
をして部屋で本を読んでいると、父の叫び
声が聞こえた。
サラがプールで、溺死していたのだ!

サラの死を受け入れられなかった父
(レッドフィールド/現.副大統領)は、マディ
が目を離したからと言い、マディを責めた。

2人はピーターの叔父(ジム・ウィルソン)
の船で海上にいた。
ピーターはローズへ父の濡れ衣(FBIの機密
文書が流出し、世界における防衛戦略が脅か
された事。しかし起訴前に父は亡くなり、
証拠は非公開だった)について話しをした。

ピーターは自分も濡れ衣を着せられた
(誘拐犯として)事で、全て忘れて消えよう
と、ローズに話すが、ローズは初めてナイト
アクションへ電話してピーターに励まされた
ように、ピーターを励まし互いを慰め合う。

モンクスとアリントンはピーターの部屋を
捜索するが何の証拠も無い事に、疑問を
感じる。唯一見つけたのは『ジム』という
人からのカードだけだった。

モンクスとアリントンは『ニューリーフ』
環境団体を訪れた。

迎えてくれた『ディラン』はパウロが
亡くなった事を伝えると驚き、ピーターの
写真を見せても無反応だったが、パウロが
描いた男性の名前は『マテオ』だと言い、
パウロと交際していたと話す。

マディの誘拐犯から『2日以内に地下鉄
爆破と偽装を告白しろ』と要求してきた。
娘を助けたい副大統領だが、仲間のファー
ゴードン(ターンレイク会長)は要求に
屈しないと言う。

弱気な副大統領にファーはマディの
『ゾウの縫いぐるみ』を手渡す。
それには昔マディが隠したカメラが入って
いた。そのカメラの映像は妹のサラの死を
マディにかぶせ、暴力を振るう副大統領が
映し出されていた。

ローズはピーターがホワイトハウス脱出時
にリアムから奪ったバッジでハッキング
すると、ホーキンズが生前調べた容疑者に
辿り着いた、候補者は2名。

・ペドロ.ナヴァロ/アリバイ有り
・コリン.ワーリー/FBIの取り調べ前日に死亡

コリンが爆破犯ならターンレイクと
繋がっているハズ。詳細な記録と解剖結果
を入手するべく、公文書館へ向かい何とか
手に入れた。

その文書で、コリンの死は薬物の過剰摂取
とあり、私物には『アロンティン製造』
カードキーが含まれていた。

アロンティン製造を調べると・・
ターンレイクの子会社だった!

そして、コリンの逮捕写真を見ると、脇腹に
ヘビのタトゥーが入っていた!それを見た
ピーターは「コリンが爆破犯だ!」と言う。

ターンレイクはコリンがピーターに見られた
から殺した、事故や過剰摂取に見せかけて
いたのだ。

エレンはデールを殺したピーターを探すべく
デールを雇ったゴードンの元へ行く。
ゴードンはマディの誘拐犯(マテオ)を殺せ
ばピーターを探すと取引する。

モンクスとアリントンはピーターの部屋で
見つけた手掛かりの『ジム』に会いに行き
2人はジムの船にいるのではないのか?と考え
マリーナへ向かうと、2人の姿を見つけた。

エピソード8/守りたいもの

~coming soon~

<ひと手間のクリック↓が励みになります>

海外ドラマランキング

Netflix/おすすめ作品

【ブリジャートン家】

19世紀(1813年頃)初頭のロンドンの時代劇。
奇妙で厳格な社会のルールの元、豪華なドレス
でブリジャートン家やフェザリントン家の娘
たちが結婚市場へ出される。
米国出身の小説家(ジュリア・クイン)で
NYタイムズ紙のベストセラーになった
『ブリジャートン』シリーズのドラマ化。

【3%】

豊かな『島』と貧しいスラム街の『大陸』に
二分されている世界。
豊かな島へ移れる条件は1年に1度、20歳の時に
一度だけ、受ける事が可能な『プロセス』と言う
試験に合格する事。

その合格率は3%という狭き門。
テストは面接から始まりますが、進むにつれて
過酷な選択を強いられます。
その『プロセス』を巡り対立や抗争が起こります。
合格して住める島は本当に幸せを得られる
のでしょうか?