SUITS*season8

 SUITS/スーツ*season8

 SUITSの概要とあらすじ

 

放送開始:2011年6月~2019年9月

season1~9(終了済)

公式HP:
https://www.usanetwork.com/suits

公式Twitter:
https://twitter.com/Suits_USA

公式Instagram:
https://www.instagram.com/suits

企画・脚本:アーロン コーシュ

製作:USAネットワーク

 

season8/ナビゲート動画:

 

 【CAST/キャスト】

役  名 役  者 声  優
ハーヴィー スペクター ガブリエル・マクト  桐本 琢也
ドナ ポールセン サラ・ラファティ  行成 とあ
ルイス リット リック・ホフマン  横島 亘
ロバート ゼイン ウェンデル・ピアース  手塚 秀彰
シラー アマンダ サズ レイチェル・ハリス  
カトリーナ ベレット アマンダ・シュル  本名 陽子
アレックス ウィリアムズ デュレ・ヒル  阪口 周平
サマンサ ウィーラー キャサリン・ハイグル  石塚 理恵

 

 【SUITS/シーズン8ネタバレ】

 

<season8>

*エピソード* *あらいすじ*
1「腹心の部下」 事務所のトップを奪う為、ハーヴィーはアレックスをゼインはサマンサを使って対立するが、ハーヴィーはドナに諭され自分はプレイヤーだと自覚をし、元のオフィスへ戻る。
2「吠えたライオン」 ハーヴィーはマイクのクライアントの案件を始めると、ゼインの差し金で再度サマンサに入り込まれるがドナに「敵は目の届くところに」と言われ、サマンサと協力して解決。
3「約束と約束」 ハーヴィーは事務所のビルの清掃員を助ける為に事務所のオーナー(フォックス)を敵に回してしまう。マイクならきっと彼女を助けると思い、マイクならどう解決するかを考え問題を収める。
4「最大限の利益」 ルイスは暴行されゼインとの約束を守れずにクライアントはゼインがサマンサへ、異変を察知したサマンサはハーヴィーに相談。アレックスは案件でハーヴィーとゼインの板挟みになるが、どちらにも従わずに解決する。
5「ドロドロな関係」 ハーヴィーの弟マーカスはギャンブルと子供への嘘で離婚危機になりハーヴィーが代理人に。ルイスは子供ができない為、精子の検査へ行くと、泥風呂を辞める事を勧められる。
6「ルイスとハーヴィー」 ハーヴィーはマーカスの離婚で傷つき、ルイスに攻撃的な態度を取り、2人でリプシッツ先生の所へ。ドナのプロボノにサマンサが協力して二人の仲が深まる。カトリーナはブライアンへの気持ちに気が付く。
7「不機嫌なブドウ」 アレックスはゼインにプライベートの案件を任されて仲が深まる。ハーヴィーはフォックスの案件をサマンサとする事になるが最後はフォックスを理解する。シーラは妊娠していなかった。
8「弱さと強さ」 ルイスはシーラの妊活に付添うと担当は昔いじめられたチャズだったが子供の為に我慢する。サマンサは元の事務所から顧客を奪おうとするが、過去の行いが仇となり失敗。
9「一触即発」 カトリーナはシニアパートナーになり専属をブライアンにする。ゼインとハーヴィーは以前に共謀した件でブラットンに訴えられるが、ブラットンは心臓発作で死亡してしまう。
10「マネージングパートナー」 アレックスとサマンサの直接対決はアレックスが勝利するが、サマンサはトップのゼインに借りを返せと言う。事務所の崩壊を防ぐ為、ドナはルイスをトップにし二人を同時にマネージングパートナーに昇格させる。
11「ロッキー8」 ルイスは自分の仕事とトップの仕事で多忙になる。ハーヴィーはジェシカの仇を取ろうと宿敵のアンドリュー・マリクにゼインと共に戦い勝利する。ドナはトーマス・ケスラーと出会う。
12「クジラ狩り」 ルイスはトップとしてハーヴィーの扱いに悩みゼインに相談。アレックスはサマンサと妻がしている案件で板挟みになる。カトリーナはブライアンへの想いから専属を外す。
13「最善策」 ストゥは昨年ドナの依頼で株価操作した事を盾に脅されドナに相談へ行く。ハーヴィーと事務所が絡んでいる事を知られるがショーン・ケイヒルに頼みなんとか丸く収める。
14「似た者同士」 ハーヴィーはサマンサとスコッティの板挟みになる。サマンサはスコッティへの完全勝利を手にするが、カトリーナの力強い説得で思い留まる。ルイスはリプシッツ先生の案件を友人として解決する。
15「当て馬」 ドナの恋人になったトーマスがハーヴィーのクライアントに当て馬にされドナはトーマスに裏の事情を話してしまいハーヴィーは守秘義務違反で訴えられる。ルイスとサマンサはルイスを襲った強盗を自白させる。
16「最愛の人」 ハーヴィーの倫理審査会が行われた。ハードマンはハーヴィーの資格剝奪に目の色を変えるが、ゼインが過去の償いとして身代わりになる。ハーヴィーは最愛の人がドナだと気が付く。

 

*ハーヴィー*

合併後、ハーヴィーはゼインと事務所のトップを争う
が、ドナに「あなたはプレイヤー」と、諭された時
には自分でも自覚していた。

ドナに耳打ちされると素直に謝れるハーヴィーは
ゼインと和解をし、元々いた角のオフィスに移る。
【角のオフィスでプレイヤーのハーヴィーが好き♡】

事務所は動き始めるが、マイクの事を忘れられない
ハーヴィーは事ある毎に「マイクがいたら、、」
「マイクなら、、」と考え入れ込んでしまう。

事務所に新しく入ってきたサマンサとはドナの助け
もあり、衝突はするが協力もして信頼を深める。

弟のマーカスの離婚はハーヴィーの心を深く傷つけ
『マイクやジェシカ、レイチェルや弟の妻まで、、
自分の回りからはみんなが去っていく、、』
とイライラし、ルイスとも衝突するが、ルイスまで
失いたく無いハーヴィーは2人でセラピーへ行き
自分の心を打ち明け信頼を取り戻した。

自分の仕事をしながらもアレックスやサマンサの
相談に乗り、助けるハーヴィーはまさに
マネージングパートナー』ゼインとも上手く
付き合い始め、二人でターミネーターの真似事も^^

そして、マイクの事も忘れられないがジェシカの
事も忘れられないハーヴィーは宿敵の
「アンドリュー・マリク」にゼインと共に勝利をする。

久しぶりにスコッティがハーヴィーの前に突然現れ、
何気ない一言がサマンサの仇になってしまう。
以後、二人と関わらない様にするが、ドナの助言で
スコッティを救う。

スコッティを救った事で、感謝の連絡があった際、
スコッティにドナの事を言われた様子で何かが
心に残る。

ドナからトーマスと本気で付き合っている事を報告
され「キミが幸せなら嬉しいよ」と笑って見せたが、
ドナがハーヴィーとの約束よりトーマスを守った為に
ハーヴィーは怒りが収まらず、この怒りは顧客を
失ったからだと、ドナに浴びせた。

守秘義務違反で倫理審査会が開かれる前夜にハーヴィー
はトーマスの元へ行き、「ドナはあなたを守った、
今度はあなたがドナを守ってくれ」とお願いしに行く。

審査会ではゼインの告白でハーヴィーは放免となり、
ゼインとアレックスは妻の元へ帰り、サマンサと
『大切な人』の事を話していた時に、ハーヴィーは
自分の大切な人は誰なのかと思うと、自然と足が
ドナの家へ向かい、扉を叩いていた。

扉が開くと、ドナはハーヴィーが何故自分の所へ来た
のか、全てわかっている様子だった。

*ドナ*

いつも冷静に事務所とハーヴィーに目を光らせる
COO「Chief Operating Officer」は新しく入った
サマンサの情報が何も無く、つかみどころが不明で
苦戦するが、ドナの友人のプロボノをサマンサに
任せる事により、和解し信頼を深めていった。

事務所のトップとなったゼインにはハーヴィーと
同じ様に助言をしCOOとしての明確な立ち位置を
掴み取り『パパ』『赤毛ちゃん』と呼び合える仲に
なるのは、ドナの凄い所。

今回はグレッチェンがかなり大きなミスをして
退職を考えるが、ドナが親身になり引き留める。
優秀な人材を守る事もCOOの仕事とドナの人柄。

マネージングパートナーへの直接対決の際、
ルイスをトップにして、事務所崩壊を防いだのは
実質的にドナである事をハーヴィーに耳打ちする。

ドナの家にスコッティが現れ助けを求めてきたが、
引き換えに事務所に近づかない事を約束させる。
事務所=ハーヴィーだけど、COOになった今は、
本当に事務所に波風を立てて欲しくないんだろうな。。

そして、ドナはスコッティに私達二人の共通点は
『彼を大切にしている事』と言った。
ハーヴィーは幸せだ。。(*’▽’)

「トーマス・ケスラー」と仕事で出会い食事に誘われ
付き合いが始まるがトーマスは事務所のクライアント
の為、ドナはトーマスの会社が当て馬にされている
事情を話してしまう。

ドナにとって、事務所(ハーヴィーの願い)より
トーマス(自分の恋愛)を選択した瞬間だった。

しかし、この選択は自分がハーヴィーへの想いを
断ち切る事だったとドナはアレックスとの話から悟る。

倫理審査会当日、トーマスが訪ねて来て昨夜ハーヴィー
が来たことを知らされる。

そして、トーマスに「キミにとってハーヴィーが
どんな存在なのか聞きたい」と言われ、
「わからない、でも彼から離れる事はできない。
でも離れたい、事情を話したのも多分離れたかった
から。でも、結局それは無理なのかも」と
正直にはなした。

ハーヴィーが放免になり、ドナは自分の部屋にいると、
ハーヴィーが突然訪ねて来た。
扉を開くと、ハーヴィーは決意の表情でドナを見つめ
ていた。同じ気持ちのドナは、ハーヴィーのキスを
受け止め、全身でハーヴィーを感じていた。
今までで一番欲しい物が手に入った瞬間を堪能して
いたのだった。

*ルイス*

ハーヴィーとゼインがトップ争いをする中、自分は
トップに立つことには向いていないと冷静に判断は
できるが、マネージングパートナーの一員である事を
認めさせるルイス。

仕事の事やプライベートの事も益々『リプシッツ先生』
に依存するが、ハーヴィーとの関係やシーラとの問題も
何とか乗り越える。

シーラとは子作りに励むが、泥風呂の我慢や過去に
いじめられた婦人科のDrとの再会。
しかしそれを乗り越え、無事シーラが懐妊する。

ドナの助言で、事務所のトップとなったルイスは
大忙しで、ハーヴィーに案件の報告と相談をされる
がハーヴィーを裸馬に例え
「野生の種馬は自由に駆け回れ!」と指示を出し
ハーヴィーを引かせた。。( *´艸`)

リプシッツ先生の案件を引き受けた際は、今までの
ルイスと違い冷静になり、先生の希望を叶え、機転を
きかせて上手く解決出来た。

ルイスは強盗(モーリス)に遭う。
モーリスが捕まり裁判で証言台に立つが、訴えが
棄却され無罪で釈放になる。

その晩からルイスはモーリスに怯えるが、サマンサ
の説得もあり立ち向かいモーリスに自首させる。
ルイスは家族を守り強さも見せたエピソードだった。

ハーヴィーが守秘義務違反で訴えられた時も
トップとして冷静にハードマンへ
『リーダーは仲間を裏切らない』と、成長した
ルイスを見せる。

今回のシーズン8では、トップと家族を手に入れて、
今までの様に取り乱さない冷静なルイスが見所!

*ゼイン*

自分の右腕のサマンサを連れて事務所へ来たが、
サマンサからマネージングパートナーにして欲しいと
言われアレックスの希望もあった為、先延ばしに。

亡くなった妹への思いからプライベートで投資した
ワイナリーの問題をアレックスに頼み、マネージング
パートナーになりたいアレックスにも借りを作る。

長年付き合いのあったブラットンが亡くなった時
には涙を見せた。

マネージングパートナーへの戦いでサマンサが負けた時
ゼインはサマンサに過去の借りを返す為にトップの座を
降ろされる事になったが後悔はなかった。

サマンサがルイスの強盗を自首させた際、ゼインは
サマンサに『予期せぬ結果を招く恐れがある』それは
ルイスへの事では無く、サマンサへ悪い事が起きない
かを自身の経験を元に心配しての事だった。

ゼインは8年前にサマンサを襲った強盗を違法な証拠
で投獄したが、受刑者が刑務所内で殺されてしまい、
8年間ずっと後ろめたい気持ちで悩んでいた。
それがサマンサに伝えた『予期せぬ結果』だった。

その過去を償う方法として、ハーヴィーは無関係だが
『身代わりになり償う』事を選んだのだった。

*アレックス*

マネージングパートナーになりたい一心で、ハーヴィー
の言う事もゼインの言う事も聞き、時には二人の板挟み
になるが、そんな時にはどちらにも従わずに自身の力で
解決し、能力の高さを見せつける。

マネージングパートナーへのライバルのサマンサとも
ドナとも信頼関係を築くが、ネームパートナーを賭けて
の戦いの際、勝利はしたが、それはギャビンが手に
入れたサマンサの『倫理違反のリスト』だった。

グレッチェンが大きなミスをして解雇の選択肢が
あったが、彼女を守ったアレックス。

サマンサと同時にマネージングパートナーとなり、
事務所の正式名所を決めるのは、戦いに勝った
アレックスに委ねられたが、「ゼイン・スペクター・
リット・ウィーラー・ウィリアムズ」
とした。

優しい一面があるが、真ん中よりも、最後の方が
インパクトがあると言ったのは照れ隠しか本気か?

インスリンの自動装置の誤作動を巡った案件では、
グレッチェンの亡くなった夫が糖尿病だったこと
から彼女のアドバイスを聞き、原告を助け、
クライアントの会社も守った。

守秘義務違反の時もハーヴィーを全力で助け、
倫理審査会では直前に、ゼインと口裏合わせを頼まれ、
『予期せぬ結果』の経験者として協力した。

*サマンサ*

ゼインの右腕として今まで影で働いてきたが、事務所に
入り正式にマネージングパートナーになりたいと
ゼインに話す。

アレックスもマネージングパートナーになりたがって
いる事を知るがフェアな戦いをして、アレックスとの
信頼も深まる。

ハーヴィーやドナにも噛みつくが、能力の高さで
仕事をこなし信頼を得て行き、ドナとは心を開き
プライベートでも飲みに行く仲へ。

自身のアピールの為、以前の事務所から顧客を奪おう
としたが、過去に無罪の人を助ける為に法を破り
良識ある同僚(ベティー)を傷つけた為、奪おうとした
顧客は罪悪感から、ベティーへ譲る。

【しかし、『顧客』ってこんなに簡単にあげたり、
もらったり出来るものなのか。。】

マネージングパートナーへのアレックスとの直接対決
では、サマンサには両親がいないという、過去の思い
からギャビンに時間的猶予を与え、負けてしまった。

親愛なる元、里親のジュディーが助けを求めに来たが、
過去の話を聞いて決別するも、ゼインの話で思い直し、
弁護を引き受け仕事もジュディーとも和解する。

スコッティと戦った際は闘争心むき出しで、ハーヴィー
に何を言われても気持ちは変わらなかったが、
カトリーナに仕事の事ではなくて、人として話をされた
時には心に響き和解をした。

サマンサは8年前に強盗に襲われた過去を持っていた。
その為、ルイスの気持ちが良くわかり、護身術を教え、
証言の手伝いをし、強盗(モーリス)に自首させる
などして、ルイスを助ける。

守秘義務違反の審査前には、悩むハーヴィーの元へ
行き「代表としてはドナはクビだが、友達として
は何があっても反対する。事務所の影響かも、
全員イカれてる」と笑った。

そして、元事務所の「ランド・カルドー」へ連絡し、
ハーヴィーを助けようと奮闘するが叶わずに、結果
ゼインが引退することに納得は出来なかったが、
ゼインにこれからは、ハーヴィーに相談しろと言われ、
渋々引退を受け止めた。

*カトリーナ*

シニアパートナーになりたいカトリーナは合併後の
スタッフ解雇の仕事を自ら率先して引き受ける等、
次々に仕事をこなしていくが、ストレスが原因となり
頭痛や体調不良に見舞われる。

そんな時に力になってくれているブライアンに
どんどん惹かれて行くが、妻も子もいる為に友達として
の立場を守るカトリーナ。

中盤ではついに、9歳の頃から夢をみていた
『シニアパートナー』に昇進。

広いオフィスと専属アソシエイトにブライアンを指名
し、二人の距離は更に縮む。

【アソシエイトのブライアンの席はマイクがいた席
だよね^^】

マネージングパートナーの対決時にカトリーナは
アレックスを手伝い、サマンサの振りをしたことが、
本人にバレた為、サマンサにやりたくない仕事を強要
されるが、ドナに指摘され
『自分がどんな弁護士になりたいか』を見つけ、
打開策を立てサマンサにも認められた。

ブライアンへの気持ちがどんどん抑えられなくなり
一度は専属を外すが、二人で話し合い、ブライアンが
ジュニアパートナーになるまでの1年、専属でする事に
収まる。

サマンサとスコッティが闘う際に、以前の借りを返す
為にサマンサに協力をしたが
『指示に従う事だけが助けるという事ではない』
サマンサを諭した。

このシーズンでカトリーナは人として弁護士として、
とても成長した様子が描かれていた。

 

~season8*END~

書き終えたら、また見たくなっちゃった!
ご意見、ご感想、お待ちしています(^^♪

 

<ひと手間のクリック↓が励みになります>

海外ドラマランキング

 VOD(配信サービス)の
無料体験

*2021年1月現在の配信状況です。
最新の配信状況は各サイトにてご確認下さい(^^♪
・SUITSは「season9」がファイナルシーズンです。

字幕・吹替
season
1~8
無料
hulu
字幕・吹替
season
1~9
9のみ有料
字幕・吹替
season
1~8
無料
字幕・吹替
season
1~8
無料
字幕・吹替
season
1~8
有料
パイレーツオブカリビアン
字幕・吹替
season
1~9
レンタル
DVD

 VOD(配信サービス)比較表
AXNの視聴方法

 

【DVD購入派の方に】

<Amazon>

SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX

<楽天市場>

SUITS / スーツ シーズン1 バリューパック 【DVD】


SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [ ガブリエル・マクト ]

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ

SUITS/スーツ シーズン8 DVD-BOX[DVD] / TVドラマ