SEAL TEAM /シーズン2あらすじやネタバレ(ep7~13)

SEAL TEAM /シーズン2あらすじやネタバレ(ep7~13)

 シールチーム /シーズン2
あらすじやネタバレ

 SEAL TEAMの概要とあらすじ

『シーズン1のあらすじ』やネタバレ、キャスト
informationなどはコチラです👇

 

 【シールチーム/
シーズン2.ネタバレ】

エピソード あらすじ
エピソード
1~6
7「心のある場所」 ドーザへの糸口『カルラ・レイエス』を捕らえる。ロペスが家族の為に投降。
8「見えない敵」 カルラから『エル・ラゾ』の名前を引き出す。
そして、メキシコへ誘き出し、追い詰めるが、逆に追い込まれてしまう事態に陥る。
9「天国か地獄か」 マルティネス大佐の死。エル・ラゾは『臨終の秘跡』と引き替えにドーザの居所を吐く。
裏切り者はリータだった。
10「囚人のジレンマ」 ドーザの逃亡計画はチアパス州警察に守ってもらう事だったが、ドーザの屋敷へ突入し、確保するとロペスがドーザの銃を使いドーザを射殺。
ジェイソンの助言でドーザは自殺したと処理される事になった。
11「立場と信念」 イスラム聖戦同胞団によるハイジャック事件をSASとの共同で任務を遂行する。ソニーとリサの恋。
12「信じる心」

イスラム戦士『アブ・ラキム』の妻はネットで過激化したアメリカ人の『聖戦士ジェナ』
今回、推測では夫のアブ・ラキムが逃げた妻を人身売買の業者『ファリード・ダヒア』から買ったと思われる。
2年間、敵対するニセ国家の中枢にいたジェナは貴重な情報源として、Bチームが救出に向かう。

13「優先順位」 北朝鮮での任務を終え、北朝鮮沿岸からチームは海を泳ぎ、海中の潜水艦魚雷発射管の中で減圧し帰艦するが
ソニーが入った管の扉が開かなくなる。管には水も侵入しソニーは『死』を覚悟し、チームに別れを告げる。
エピソード
14~20

 エピソード7/ 心のある場所

ジェイソンは自分がロペスをけしかけたせいで
彼の家族が殺害予告を受けてしまった事を
悔やんでいた。

マンディはゴンザレスの隠れ家で押収した携帯
電話の連絡先を調べると1つだけ生きている番号
を見つけ、発信元を特定すると、チームが向かう。

発信元は広場になっており、店も出ていて沢山の
人々がいた。
人が多すぎる為、人物の特定に本部が携帯電話
を鳴らすと、、スーツを着た男が電話を取った!

しかし、電話に出ると何かを察知して、慌てて
車に乗り走り出す。チームもその車を追跡。

クレイが撮った写真を本部が顔認証にかけると、、

『ダンテ・ヴェガ』30歳。
犯罪歴も多く、そのほとんどが、ドーザの組織の
ビジネス絡みの犯罪だった。

ダンテは車を止め、ストリップクラブへ入って行く。
ソニーとクレイが観光客を装い中へ入ると、何者かが
ダンテを殺し携帯電話を奪っていった。

本部ではマンディがダンテの車のGPSから複数回訪問
をした場所を調べる。
その中から、女性実業家の『カルラ・レイエス』
経営する『レイエス・タレント事務所』を見つけた。

カルラはドーザの組織幹部にモデルを提供していた
と思われる。
ドーザに気が付かれずに、カルラを本部まで連れて
来る事が、次の任務だ。

カルラが車での通勤途中に車両を制圧し、迅速に
任務を遂行。
本部へ連れて来ると、マンディとリータがカルラを
詰問する。

ジェイソンは作戦終了後、レイとビールを飲もうと
すると、そこへ、ロペスの妻が泣きながら走って来た!

ロペスはドーザから家族を守る為、自ら投降しに
行ったと言う。

それを聞いたジェイソンは車に飛び乗ると、引き留めに
来たレイを車に乗せロペスを連れ戻しに行く。

ソニーは様子がおかしいクレイを連れ出し、バーへ
行くとステラとの別れ話を吐き出させた。

 エピソード8/ 見えない敵

カルラ・レイエスを本部に連行したが、マンディは
アンドレス・ドーザとの繋がりを見出せずに
イライラしていた。

証拠に二度も目を通したのに何も出ない。
しかし、カルラの話しと銀行の帳簿を見比べ
『ソコにある名前』ではなく『ソコに無い名前』
焦点を向けた。

無い、名前はVIP客の『ルイス・カスティーヨ』
リータの話しでは、ドーザの右腕で親友
通称『エル・ラゾ』

エル・ラゾはメキシコに来る度、カルラに
エスコート譲を依頼している。

チームはエル・ラゾをメキシコにおびき出す為に
ドーザの麻薬ラボを商売敵(メリダ・カルテル)
の襲撃と見せかけ、チームがカルテルを装い
襲撃する事となった。

襲撃は成功し、メリダ・カルテルの仕業だと
いう事が3日をかけて広まる。
その間、チームは休息を取り、マンディはリータ
と身の上話しをした。

リータは「私は一人っ子で父の事が大好きだったが
麻薬組織が現れると、とても恐れ、父は変わり、
信仰も喜びも失った」と、悲し気に話した。

リータが作戦は失敗だと思った時、エル・ラゾから
カルラに連絡が入る。

エル・ラゾは
「メキシコに行くのでいつも女性を頼む」
とカルラに依頼。

いつもの女性とは『ソフィア・ヌニェス』。
ラ・ソシアルと言う、クラブで会う。

クラブ内にはジェイソンとマンディがカップルを
装い入店。
2人はエル・ラゾとソフィアを見張っていたが、
エル・ラゾが席を立ち電話に出ると見失った。

ソフィアの携帯の発信元はまだクラブ内だ。
トイレにいたソフィアにリータとマンディが近づき
エル・ラゾを紹介してくれと探りを入れると、、
「ボスに呼ばれ、帰った」と言う。

ジェイソンが外に出ると、車に乗り込むエル・ラゾを
見つけ、レイとトレントが乗るバンへ乗り込み
後を追わせた。

マンディとリータはカルラに連絡が付かなくなった
事から、二人でカルラの家へ行く。

エル・ラゾはイスタパルカといういスラム街
入って行き、道も狭くなる一方だった。

ソニーとクレイのバンも後ろに続くが、応援を
呼べない距離の為、作戦中止を提案するが、
ジェイソンは受け入れない。

そして相手を追い詰めているつもりが、気が付く
と狭い路地に追い込まれ、敵の車に挟まれ追い詰め
られていた。

クレイはスグに本部へ緊急応援部隊を依頼。
バンにRPGが撃ち込まれる寸前に、車外へ飛び出た!

 エピソード9/ 天国か地獄か

アンドレス・ドーザは何処から情報を得て
いいたのか?
無防備な状態で、包囲され、攻撃されるBチーム。

偵察機の到着までは25分。
巻き込まれ怪我を負ったエル・ラゾを捕らえ
何とか建物内に入るが、攻撃の手は緩まない。

本部より応援の到着は30分後と連絡が入る。
東へ5ブロックの所に教会があることがわかり
そこへ逃げ込む。

レイは本部へ「コレは罠で、ドーザは作戦を把握
していた。誰かが密告したんだ」と報告。

タイラーがエル・ラゾの傷を確認し
「腹腔に内出血があるので、処置をしないと
失血死となる」と、ジェイソンに報告。

ジェイソンは1つしかない血液パックを使う
ように指示を出す。

この教会には『聖ユダ』が祀られている。



聖ユダは悪人の祈りも聞き入れる為、悪の組織
にも崇拝
されている。

教会にも敵が近づくが、弾薬不足の為、撃ち合い
は避けたい。敵を教会内に入れ、静かに始末して、
応援が来るまで時間を稼ぐ作戦を取る事にした。

ソニーとクレイはこれから攻撃され、仲間が負傷
する可能性があるのに、ジェイソンがエル・ラゾの
命を救うために血液パックや薬品を使う事に疑問
を抱き反発する。

エル・ラゾはドーザの事を吐かないまま時間だけ
が過ぎてゆく。
応援の到着は15分後、偵察機は5分後となる。

ソニーとレイはマルティネス大佐を疑っている事
をジェイソンに報告すると、ジェイソンはマルティネス
大佐の元へ行き「密告者がいる」と話しかけた。

大佐はジェイソンの目を見て「それは俺かも?」と
言うと、ジェイソンは大佐から銃を取り上げる。

すると、その銃に血が付いている事に気が付いた。
大佐の腹部が広く血に染まっていた。。

ジェイソンは「なぜ何も言わなかったんだ」と聞くと
「少ない医療物資を俺に使わせたくなかった」
と答えた。

そして、その傷をトレントが確認すると静かに首を
横に振った。。

大佐は『臨終の秘跡』をジェイソンに頼んだ。
ジェイソンは神父を呼び、神父が唱え始めると大佐は
召された。。

それを見ていたエル・ラゾは自分にも『臨終の秘跡』
をして欲しいと頼むがジェイソンは
「今まで殺した人々の血で染まった手を神に差し出せ」
と言い許さない。

「ただし、ドーザの居場所を言えば、神父が祈り
天国へ行けるが、言わなければ地獄行きだ
」と
付け足す。

そこへ、本部から偵察機の使用が可能になり、
200m南に20人の敵が来ている事を知らせた。

マンディとリータはカルラの家へ入ると、カルラ
は既に死亡していた。

マンディはリータと話していると矛盾な点に気が
付き、問い詰める。
すると、一人っ子と聞いていたのに妹がいると白状し
「家族は犠牲にできない、ごめんなさい」と言い、
出て行く。

本部から応援の到着は5分後と連絡が入ると敵の
攻撃が始まった。

そして、敵からの総攻撃で銃弾が降る中レイは
エル・ラゾに「黙って死ぬのか?人生の最期を
どうありたい?」と問う。

するとエル・ラゾは「わかった教える」と言うので
レイは神父を呼び『臨終の秘跡』を始めさせる。

そして、途中で一度中断させ、ドーザの居場所を
吐かせる。

「カンデラの線路沿いの終点に倉庫があり、ソコが
緊急避難用の隠れ家だ」
と、話した。

聞き終わると、神父に秘跡の続きを許可するが、、
エル・ラゾは既に息絶えていた。。

チームの銃弾が底をつき始め、本部に「もう限界だ」
と報告をした時攻撃が止んだ。

そして、教会の扉を開けると、ブラックバーンが
助けに入って来た!!

 エピソード10/ 囚人のジレンマ

エル・ゾラの情報を元に、チームは夜になると
カンデラ線路沿いの倉庫へ向かい、1階と屋上に
別れて突入し、倉庫内を捜索。
全室確認するが、ドーザは見当たらない。

倉庫内にいた女性にドーザの事を聞くと、最初は
知らないと言っていたが、声を荒げて質問すると、
無言で壁を見つめ、目くばせをする。

ジェイソンは壁を叩き確認すると「爆破しろ」
と指示を出す。
大きな穴が開き、隠し部屋を見つけるが、ドーザの
姿は無かった。

本部へ報告すると、ブラックバーンから
「テレビがあれば点けろ」と言われテレビを見ると、、

マスコミに囲まれたドーザが「私はアメリカの侵害
行為の被害者だ。メキシコで米兵に追われている」
言い警察に守られている姿が映る。

続けて「私は完ぺきではないが、犯罪者でもない。
彼らの隠密活動を阻止するべく自由を放棄する」

言うと警察に両手を差し出し拘束された(させた)。
これがドーザの逃亡計画だった!

そしてドーザの手下が、倉庫での襲撃後の死体を
写真に撮り『米兵がメキシコの街で交戦』という
両政府が隠しておきたい情報を流した。

それを受け『24時間以内に国を出ろ』と大統領
命令が下る。

ブラックバーンは荷造りしろと言うが、ジェイソンは
諦めきれない。マンディはそんなジェイソンを見て
「証拠を残さなければ国防省を説得できるかも」
言い出て行った。

しばらくすると、マンディが「国防省が明日の夜明け
を期限に、作戦を許可した」と報告すると
「拘束されても誰も助けには行けない」と付け加える。
そして、それを聞いていたロペスは「大佐の為に
チームに加わりたい」と志願した。

ドーザがいる屋敷は本部から800キロ南にある森の中。
ヘリで向かい、海上に降り泳いで岸へ行き、マング
ローブ林の斜面を9キロ進み、砂漠へ出ると屋敷の
裏へ着く。このルートでは誰も来ないと思われている
ことから、この作戦が決行される事になった。
<残りは18時間>

予定通り進み、林へ出ると辺りは暗くなってきた。
そして砂漠の向こうに屋敷の明かりが見えて来る。

偵察機も上空に準備が整い、敵の警護を倒しながら、
屋敷の奥へ進む。
最後の扉を開けるとドーザが両手を上げて立っていた。

ドーザを拘束すると迎えのヘリの音が聞こえてくる。
ドーザがニヤリと笑うので、外を見ると、、。

地上からの攻撃でヘリが撃ち落された!

チアパス州警察がヘリを攻撃し、車列を作りドーザ
を保護しに屋敷へ向かってくる。

ジェイソンは本部へ
「連邦政府から退却を指示出来ないのか?」と聞くが
「州知事が違法だと主張している。何かあればメキシコ
国防省は関与を否定する」とブラックバーンは
ジェイソンに言った。

チアパス州警察はドーザを引き渡せば、Bチームを
無事にアメリカへ返すと本部へ話すと、、
本部から「目標(ドーザ)を解放し、武装を解除しろ」
と命令が下った。

隊員達は不服だがジェイソンは「お前達の命が優先だ」
と言い武装解除の指示を出すがロペスは最後まで
銃を下ろさなかったが、最後はジェイソンに従った。

ジェイソンが武装解除を報告し、州警察の為に
屋敷の扉を開けたその時!!
ロペスがドーザの銃を使いドーザを撃った!

そこへ、ちょうど州警察が入って来て、ドーザが
死んでいる事に言葉を失っている。

ロペスは自分がドーザを殺しBチームは関与して
いない事を主張した。

そこでジェイソンが「ドーザはアメリカに送還される
事を悟り、刑務所で一生過ごす事より、自ら命を
絶つ
ことを選んだ。という可能性もある」
と言うと、、

警官はロペスが床に落とした銃を手袋を使い、
ドーザの手元へ静かに運んだ。

帰路の機内でマンディはジェイソンに「リータの
裏切りに気が付けなかった事でマルティネス大佐
が亡くなった」と言い、落ち込んでいるマンディに
「この仕事は必ず犠牲を伴う」とジェイソンが
励ました。

ジェイソンとレイは家族の元へ帰り、ソニーはリサと
バーで飲みキスをした。
クレイはステラのいない部屋へ帰ると、ソファーへ
座り携帯を取り出すが、ステラへの連絡は思い留まる。

ジェイソンは夜になると、アラナの墓へ行き、チーム
は無事帰国、子供達も元気だ。と報告するが
今後の不安と大きな寂しさをアラナに洩らした。。

 

 エピソード11/ 立場と信念

ジェイソンは家へ帰るとリビングの窓が開いて
いる事に気が付く。
そして家からは何の物音もしない事から、、
エマとマイケルの身を案じた!

エマとマイケルの名前を呼びながら、子供部屋
へと行くと、、。
2人が血を流し、倒れていた!!
と、、いう夢で飛び起きた

悪夢で目を覚ますと、銃を取り出し手入をする。
起きて来たエマに「射撃場へ行って練習するぞ!」
と言うが「イエメンの大学に行くわけじゃないわ
『クラヴ・マガ』の授業でも取れば安心する?」
と冗談を言い、ろくに話も聞かずに家を出て行った。

ソニーとリサは落ち込むクレイをバーへ誘い出す。
クレイが席を外すと、リサはソニーに
「隊員同士が親密になるのは統一軍事法典違反よ」
とソニーを諭した。

クレイは離れた所にいる女性がクレアに見えて、
店を出る男女の後を追う。

そしてその男性に襲いかかる寸前の所、ソニーと
リサに止められた。
もちろん、その女性はクレアでもなかった。。

チームは本部の部屋でテレビを見ていた。
チュニジアのチュニスからフィーダ航空916便が
バルセロナへ飛行中にハイジャックされ、犯人は
イスラム聖戦同胞団による犯行と見られている。
と言う

ニュースを見ながら「デルタフォースの出番だな」
と話しているとブラックバーンが部屋へ入って来て
「デルタフォースは現在、全てのチームが前方
展開中としてBチームが出動する事になった」
と伝えに来たのだ。

人質は乗員乗客を合わせ83名(内、アメリカ人
は22名)今回はカタールと北アフリカ、EUの
軍幹部らと連携し英国特殊部隊(SAS)も
派遣される。

EUは人質の割合が多い事から、主導権を求め、
現在既に交渉に望んでいるとの事。

ハイジャックの目的は『仲間50人を脱獄させ、
ドーハへ24時間以内の移送』
を要求してる。

Bチームがカタール・バスリ国際空港へ到着。
マンディはEU側の責任者で女性の
『クレア・ノース』の元へ行き現状を確認する。

交渉の末、1時間毎の様子確認の連絡とイラン
に到着後では無く、出発前に人質の半分を解放
するという合意を得ている為、現段階では突入
する予定はないと言う。

これに対しマンディは脱獄させる50人が今まで
何人殺して来たか、具体的な数字を読み上げ
罪のない乗客を救いたいが、今後失われるで
あろう命の事も考えるべきだと助言した。

クレアが上層部へ相談すると、マンディの意見
に上層部は同意し突入計画が実行される事に
なった。

ジェイソンはSASのリーダー『ウィッカム一等
軍曹』
に挨拶をし、突入計画を聞く。

ウィッカムが話す計画にジェイソンが欠点を伝え
それを修正する計画を話し合うと、一触即発と
思われる空気になるが、、
何とか、お互いを尊重し、協力しあう事となる。

犯人には燃料補給のトラックを送ると言い、チーム
飛行機の死角へ乗り込み、機体の下まで移動する。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SEAL Team(@sealteamcbs)がシェアした投稿

出入口を爆破して突入する予定だったが、出入口に
人質がいる事がわかり、急遽作戦が中断される。

そしてブラックバーンは『退避』を命じたが、ジェイ
ソンは「人質を少し動かせばいい」と言い、狙撃班の
レイに「前方の着陸脚を爆破する」と伝えた。

着陸脚を爆破する事により、機首が前に下がり、
乗客のいる位置が動くと判断した。
作戦は見事に計画通り、迅速に遂行され、全ての人質
を救った!

ジェイソンは家へ帰ると『クラヴ・マガ』に申込書を
エマに手渡し「妥協案だ」と伝えた。

クレイはバーで女性に話しかけられ、つい皮肉を言って
しまうが、彼女を家に連れ込んだ。

ソニーはクレイとの約束をドタキャンし、リサの部屋
を訪れる。リサは一度断り、更に迷ったが、、
ソニーを部屋に入れた。。

 

 エピソード12/ 信じる心

 

クレイの元には父(アッシュ・スペンサー)
訪れ一緒に飲もうと誘われるが、、
過去の事を思うと乗り気になれなかった。

ジェイソンはアダムの妻(ヴィクトリア)に
支援グループに誘われるがジェイソンも、また
乗り気にはなれなかった。。

レイはメル牧師から洗礼式の日程の相談をされるが
はぐらかしTELを切った。
メキシコの任務以来、しばらくお祈りもしていな
かった。ナイマはそんなレイを心配していた。

ソニーはリサの家で朝を迎え、朝食の用意を始めると
キッチンで『士官候補生学校』のファイルを見つけた。

『ファリード・ダヒア』は性的、人身売買の業者。
トルコの犯罪組織と組み、ネットで女性を売っている。

今回の任務は、、
ジェナ・ロバートソン(22歳・アメリカ人)
『聖戦士ジェナ』はネットで過激化し、家を出て
2年後にはイスラム戦士の妻になった。

夫は活動中の指揮官『アブ・ラキム』
そのジェナが今回、商品となったのは不明だが、
昨日ダヒア宛に相当な額の送金があった。

『ファリード・ダヒア』は性的人身売買の業者
トルコの犯罪組織と組み、ネットで女性を売っている。

推測では夫のアブ・ラキムが逃げた妻を西側諸国に
渡さない為に、ジェナを買ったと思われる。
聖戦士ジェナの脱走はマズイ体面を保つ為だ。
ダヒアからアブ・ラキムへの受け渡しは24時間後。

2年間、敵対するニセ国家の中枢にいたジェナは
貴重な情報源として、国はチームに救出を命令した。

マンディはアブ・ラキムを追わない事に政治の匂いを
感じたがそれ以上は教えてもらえなかった。

チーム(特にソニー)は、あえて裏切り者を救出する
事に、納得がいかなかったが、ジェナの行動は子供時代
の過ちとして、命令に従う。

マンディは『聖戦ジェナがISを拒否』という報道は
大きいとチームをなだめる。

ジェナはシリア国内200キロのハサカにいる。

ハサカはISや、クルド人に占拠され焦土と
化した。その為、目標の5キロ東に高高度降下。
撤収時にはヘリで救助は頼める。

目標の建物は『霊廟(れいびょう)』で敵は
衛星で4人~6人の男を確認。

レイは敵地で当局不在の完全な戦闘地域の為、
危険を危惧し、マンディも政治判断による任務は
情報が不完全で私なら却下する任務だとジェイソン
に伝えるが、ジェイソンは「中止する理由がない
なら、遂行するまでだ」と、言い高高度降下の
準備を始める。

チームは目標の建物(霊廟)に入ると、拘束され
椅子に座らせられているジェナを発見する。

サマー・カイロスが爆弾が無い事を確認すると、
椅子にある仕掛けを見つけた。
彼女が少しでも動けば、ココにいる全員が吹き飛ぶ
程の125ミリの砲弾が3本接続されていた。

予定では日の出前にジェナを回収して撤収する
ハズだったが、爆発物処理の為にしばらく時間が
必要になった。

日が昇ると本部から「建物から2分の距離に6人が
車の乗り重機関銃を装備して近づいて来る」と連絡
が入る。

<カイロスに必要な時間を確認すると5分~10分>

別の方向からは自動車爆弾で自爆しに向かって来た
が、タイラーが爆破して防いだ。

レイとカイロスを残しジェイソンとソニー、他全員
は正面入口へ向かい、緊急対応部隊の迎えの到着を
待つ。

カイロスは手元の仕掛の解除が終わると、ホッと
胸をなでおろした。
レイはジェナを連れカイロスと共に正面入口へ向かう。

しかし全員が揃い、扉を開けるとRPGと手榴弾が
投げ込まれた!
RPGは近距離では爆発しないが、手榴弾が爆発し
ジェナは脚に重症を負う。

動脈は切れていない様子の為、止血帯で処置をする。
敵の重機関銃の弾切れを狙い正面突破、ジェナを
連れ無事に任務を遂行した。

ジェイソンは任務から戻ると、ヴィクトリアに
会いにダイナーへ行った。

ソニーはリサに『士官候補生学校』の件を何も
聞いていなかった事に苛立ち「キミが辞めるまで
プロに徹しよう」と言い残し部屋を出て行った。

クレイは父に会いにバーへ行くと、原稿を見て
欲しいと頼まれ引き受けるが、、

父が席を外したのでテレビを見ていると、その
テレビに父が出演していた。

そして、以前クレイが父に任務の話しを聞かれ信用
して少し話した内容を父はテレビで勝手に話している
のを見て、クレイは何だか利用された気分になり、
怒りと悲しみが込み上げて来ると、席を立ち、バーを
後にした。

 エピソード13/ 優先順位

今回の任務は北朝鮮での特殊偵察。
北朝鮮沿岸からチームは海を泳ぎ、海中の
潜水艦(B.Tワシントン号)魚雷発射管の中で
減圧し帰艦する。

ワシントン号にて回収地点へ行き、待機している
漁船に乗り帰国する。というのが唯一の手段だった。

発射管の中で減圧が終わると、1人ずつ出てくる。
ジェイソン、レイ、クレイがで終わると残りはソニー。
2分後に減圧が終わる予定だ。

閉所恐怖症のソニーを3人は心配し、無線で呼び
かけるといつもの調子で悪態をつくので、3人は
安心して笑い合う。

減圧も完了しソニーを出そうとした瞬間!
潜水艦が大きく揺れ、艦内に警報が鳴り響く。

ジェイソンは発射管担当のタカハシ兵曹に管のロック
解除を指示するが「故障して解除ができない」と言う。

ソニーは「冗談はやめろ」と、ジェイソンに言うも
「電力サージでロック機構がフリーズした」
ジェイソンは伝えた。

ウィルキ上級兵曹が降りて来て、ジェイソンはソニー
を早く出したと訴えるも「艦の正常稼働が兵士より
優先だ」
と言われてしまう。

ジェイソンは納得できずに艦長のエドワーズ大佐
に直接「早く仲間を助けたい!」と言うも、艦長にも
同じことを言われてしまう。

【動力源の原子炉は無事だが、推進装置がダウンして
復旧まで動けないという現状だった】

本部ではリサが報告を受けると「呼吸はできるの?」
と、向かいにいるタイラーに聞く。

「気圧調整と排水が正常なら大丈夫」と言われた。

システムが復旧し、ロック機構も直ったが、ロックが
解除出来ない!

チームは扉の切断を訴えるが『艦の戦闘力低下』
理由になかなか許可が下りない。

ブラックバーンが艦長を説得し、作業が始まるが
ソニーから「管の中に水が溜まってきた」と報告を
受ける。

更には敵の潜水艦をレーダーが捕らえ、作業が中断
れてしまった!
音を出せば気づかれる為、艦は無音航走に、、。

管の中は水位が半分に達し、ソニーが弱気になって
くる。息づかいも荒く、苦しいと言うが何もできない。
しかし、敵艦と離れないと作業も再開が出来ない。

ソニーは満水になったらボンベを使うと言うが、
ボンベの残量は10分程だ。
敵艦と15キロ離れるには15分かかる。
管が満水になるまで5分程、そこからボンベを使い
10分。計算はギリギリだった。

ソニーは『死を覚悟』し、1人1人に別れの言葉を
送り始める。

ジェイソンには「お前は重荷を背負い過ぎだ、自分を
責めるな。お前無しじゃあ、とっくに死んでた」と
慰め、励ました。

レイには「お前とナイマにはいつも俺を家族として
扱ってくれ、どんなに嬉しかったか、子供達へ俺から
のハグを送ってくれ」と伝えた。

クレイがソニーに何か言おうとするとソニーから
「俺も同じ気持ちだクレイ」とクレイを気遣った。

そしてソニーは最後に「お前たちに頼みがある。
リサに『悪かった』と伝えてくれ」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SEAL Team(@sealteamcbs)がシェアした投稿

「俺からは以上だ。愛してるぞ」と言うと、ボンベを
口にくわえ、潜水を始めた。

作業が再開されないまま、ソニーが潜って1分が
過ぎると、ジェイソンは思いついた作戦を艦長に話し
許可を得ると、実行に移る。

回収地点にいる漁船を全速力で指示をした場所へ
移動させる。漁船をおとりにして、敵を漁船に
引きつければワシントン号からは遠ざかる!

作戦は成功し、無音モードは解除され、切断再開の
許可が出た!

しかし、、
ソニーのエアーが切れ、ソニーが水中に沈む方が
少し早かった。。。

扉が切断され、ソニーの身体が大量の水と共に
出てくるが、、既に意識は無かった。。

脈も無く心肺蘇生が開始される。
酸素の投与と電気ショックを与えるが、
ソニーは戻らない。

4度目のショックを与えると、、
ソニーが水を吐いた!

スパインボードに乗せ、士官室に運ぼうとする兵曹
にジェイソンは「チームの仲間は俺たちが運ぶ!」
と強く言うと上級兵曹は黙って頷いた。

良かったね!ソニー!
本当に死んじゃうかと思ったよ!

 

<ひと手間のクリック↓が励みになります>

海外ドラマランキング

 VOD(配信サービス)の
無料体験

990円~1,980/月々
<無料期間>
30日間

<配信本数>
10,000本
933円+税/月々
<無料期間>
14日間
<配信本数>
50,000本
hulu
2,189円税込/月々
<無料期間>
30日間
<配信本数>
140,000本

408円+税/月々
<無料期間>
30日間
<配信本数>
64,000本
500円+税/月々
<無料期間>
31日間
<配信本数>
120,000本
パイレーツオブカリビアン

 VOD(配信サービス)比較表
AXNの視聴方法