season1-2*「アレン」

season1-2*「アレン」

ネタバレ・読む海外ドラマ

シーズン1・エピソード2
「アレン」

<プリズンブレイクの概要とあらすじ>

マイケルは庭での自由時間にウエストモアランド
話していた。
「ボストンは?」
「懐かしい」
「また、行けそうか?」
「今、60歳で刑期も60年ある。行けるもんか」
「俺はやるぞ」
「『お務め』をか?それとも『出る事』をか?」
「頭のいいあんたなら、わかるだろ?」
「みんな3日目で脱獄を考えるもんだ。
そのうち諦めてしまうが、今はもっと違う事に
注意した方がいいぞ」そう言うと、
庭の向こう側に視線を向けた。

視線の先には、白人と黒人が一触即発の
雰囲気を出していた。

房に戻るとマイケルは、腕にあるタトゥーを確認して
『SCHWEITZER ALLEN 11121147』
とメモ用紙に書き留めた。

同房のスクレはトイレの水が流れない事を確認すると
同時に『所持品検査』がある事に気が付く。

全ての房の囚人達があわてて、禁制品を房の外に
投げ込んでいるとマイケルが
「俺たちは関係ないだろ?」とスクレに言うが、、
ベッドの下からビニールに入った白い物を
外に投げると「机の下を探せ」とマイケルに言う。

マイケルが机の下を確認すると、そこにはナイフが
隠されていた。スクレに「早く捨てろ!」と促されるが
ちょうどそこへ、看守のベリックが来てしまった。

ベリックにナイフを没収されると、後ろにいた
ポープ所長に「キミのナイフか?」と聞かれ、
マイケルは何も言わずに黙っていると、、
「ウソが下手だな。スクレを懲罰房に入れろ」
と指示を出した。

礼拝の時間になると、兄のリンカーンはどやって
脱獄をするのか、マイケルに聞いていた。

「警備が一番手薄な診療室から脱獄する。
パグナック(episode1)さえあれば大丈夫。
僕が糖尿病である限り、通い続けられる」

リンカーンはそう聞くと
「ココでは誰も信用出来ない。アブルッチにも
気を付けろ」そう、マイケルに伝える。

翌日庭での自由時間に、木で作られた長椅子の
裏を触りボルトを探す。
どのボルトもきつく閉まっていて、素手では
緩められない。いくつか触って回ると、
一か所緩くなっているボルトがあった。

そして、そのボルトの番号が「11121147」
『SCHWEITZER ALLEN 11121147』

ベンチに座り、コインでボルトを緩めていると、、
そこを指定席にしているセオドア(ティーバッグ)
バッグウェル
がやってきた。

彼は幼女と少年6人をレイプし殺害して終身刑となり
服役。殺害後にレイプした事もあるという。
サディスティックな両性愛者で、目的の為にはどんな
犠牲も厭わぬ危険な性格だ。

「お前が噂の新入りだな。かわいいやつだ
気に入った。黒人が怖いか?連中は人数が多いから
やりたい放題だ。近いうちに叩き潰す。
流血騒ぎになるが、俺がお前を守ってやる。
お前はタダ俺のポケットを握っていれば心配ない」
そう言うと、パンツのポケットを引き出した。

マイケルはきっぱりと断ると、半分まで緩めた
ボルトを後にして、その場を立ち去った。

塀の外ではベロニカ・ドノバンがリンカーンの
ジャイルズ弁護士に当時の状況が聞きたくて
会いに来ていた。ジャイルズが

「リンカーンは副大統領の親族(テレンス・
ステッドマン
)の会社にいたが解雇され、
その2週間後にステッドマンの死体が発見された。
そして、その凶器と血の付いた服がリンカーンの
家から見つかった。これじゃあ到底、裁判には
勝てない」

キッパリとそう言われ、監視カメラのテープを貰うと
ベロニカはその場に立ち尽くすしかなかった。。
テープを確認すると、そこにはリンカーンが
車の中に発砲する映像が流れていた。

ベロニカはリンカーンに面会に行き、証拠のテープを
見たと言うと、リンカーンは
「俺は引き金を引いていない!ステッドマンは既に
死んでいたんだ!クラブ・シモンズと取引をして
あそこに行ったんだ。売人を殺せば、借金を帳消しに
してくれると言われた。
撃ってはいないから、誰かに嵌められたんだ!
俺を愛していたのなら、真相を探ってくれ」
そう懇願したが、、

「あのビデオが真実で死刑は当然なのかもね」
ベロニカはそう言うと、静かにその場を後にした。

マイケルは翌日も庭の長椅子でボルトを緩めていると
ちょうどボルトが外れたタイミングでティーバッグが
来てしまい、ボルトはティーバッグのパンツの
ポケットを掴んでいる『彼女』に奪われてしまった。

囚人達が庭に行き誰もいない、マイケルの房には
刑務官のベリックが部屋をチェックしに来ていた。

布団の下や本の間を探すが何も出ない。
机の上を見回すと、メモ用紙が目に留まった。
白紙で何も書いてはないが、筆圧が強かった為か鉛筆で
薄くなぞると『SCHWEITZER ALLEN 11121147』
の文字が浮かび上がった。

ジョン・アブルッチの元にはファルゾーニが面会に来て
「フィバナッチの居所(episode1)を早く聞き出せ。
来月の公聴解で証言をされたら大勢が逮捕される、
俺もその一人だ。
お前はと俺は旧友で女房同士も友人で子供も同じ
学校だ。そんな家族に何かが起きたら、
俺の家族も悲しむ」

そう脅すと、アブルッチは家族の危険に表情を変え
必ず居所を聞きだすと約束した。

ジャイルズ弁護士は証拠のテープを複製した事を
シークレットサービスのポール・ケラーマン
ダニエル・ヘイルに問い詰められ、複製をしたが
情報公開法で彼女にも所有権があると伝えたが
最後にその彼女とは誰かと名前を聞かれ
ベロニカの名前を伝えてしまった。

ベロニカは刑務所を出ると、リンカーンから聞いた
クラブ・シモンズの家へ行ってみたが
家には母親がいて、クラブは死亡したと言われる。

ベロニカが事務所へ戻ると、クラブ・シモンズの
恋人だったルティシア・バリスと名乗る女性から
電話があり「話がしたいなら、あいつらがいない人
目の多い所なら安全でいいわ」と言われ、指定された
場所へ向かった。

その場所は人通りが多い雑踏の中だった。
「私達はタダの通りすがり、あんたの男も彼同様に
殺される。クラブはあの事件の1週間後に殺された。
リンカーンもクラブも犯人じゃない、奴らに利用
されただけ。何処へ逃げても奴らに追われる」

そう早口で喋ると、足早にその場を立ち去った。
そしてそれを遠くから、ケラーマンとヘイルは
見ていた。

ケラーマンは事務所から、ある女性に電話をした。
「弁護士が、この件を嗅ぎまわっている」と言うと
「ベロニカね、女弁護士の1人くらい何とか
できるでしょ。今のリスクを考えれば出来て当然だわ
私達の計画を脅かす者は誰でも消すの。頼んだわよ」

刑務所内ではついに、白人対黒人の暴動が始まった。
マイケルは暴動の混乱の中、血まみれの
ティーバッグの『彼女』からボルトを奪い返す事に
成功したが『彼女』を殺したとティーバッグに
誤解をされてしまった。

この暴動で48時間の房内監禁となったマイケルは
奪い返したボルトの先をコンクリートの床で
削り始めた。タトゥーに掘った●印と削ったボルトの
直径を合わせ同じ大きさになると、そのボルトを
洗面台を固定しているネジに押し込んで回した。

タトゥーの『SCHWEITZER ALLEN 11121147』
は洗面台に付いているプレートにSCHWEITZER
ALLEN(アレン)はボルトの名前、11121147
はボルトの番号だった。

アブルッチは看守のベリックの協力を受けて、
マイケルが診療室でインスリンを打って貰い房へ帰る
途中に人目の付かない場所へ誘い込むと、
フィバナッチをどうやって見つけて、何処にいるのか
を問い詰めた。

「答えられない」とスコフィールドが言うと、
アブルッチの仲間がマイケルを押さえつけ
靴と靴下を脱がせ言わないと、足の小指を切断する
と脅す。マイケルは恐れたが
「教えたら俺を殺すだろ?ココを出たらスグに教える」
と言うが、今ココで言えとアブルッチも譲らない。

「最後のチャンスだ言うか?」とアブルッチは
マイケルに問うが「言う訳にはいかない」
とマイケルも譲らない。
アブルッチは仲間に目配せをした。。

【(>_<)どうなる!マイケル!】

 

エピソード3
「セルテスト」へつづく、、

エピソード1
「マイケル」はこちら

*詳細なキャストはページ下記へ記載しています。

<ひと手間のクリック↓が励みになります>

海外ドラマランキング

<Huluの無料体験はコチラ>

プリズンブレイクは「Hulu」にてシーズン1~5
(最終話)まで視聴できます。

海外ドラマバナー

<U-NEXTの無料体験はコチラ>

プリズンブレイクは「U-NEXT」にてseason1~5が
視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認下さい(*^_^*)

U-NEXT

<Amazonプライムビデオの無料体験はコチラ>

プリズンブレイクは「Amazonプライムビデオ」にて
season1~5(最終話)まで視聴できます。
*Amazonプライム会員になるとビデオが見れます*

<TSUTAYA DISCAS>

プリズンはDVDレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCAS

<配信ではなく購入派の方へ>


プリズン・ブレイク コンプリート ブルーレイBOX(「プリズン・ブレイク シーズン5」付) [Blu-ray]

【CAST/キャスト】

 役    名  役    者  声    優
マイケル スコフィールド ウェントワース・ミラー 東地 宏樹
リンカーン バローズ ドミニク・パーセル 江川 央生
サラ タンクレディ サラ・ウェイン・キャリーズ 本田 貴子
フェルナンド スクレ アマウリー・ノラスコ 西凛 太朗
ベンジャミン(シーノート)フランクリン ロックモンド・ダンバー  武 虎
チャールズ ウエストモアランド ミューズ・ワトソン 囚人
ジョン アブルッチ ピーター・ストーメア 囚人
ポール ケラーマン ポール・アデルスタイン シークレットサービス
ダニエル ヘイル ダニー・マッカーシー シークレットサービス
ヘンリー ポープ ステイシー・キーチ 刑務署長
ベロニカ ドノバン ロビン・タニー 加藤 優子
ブラッド ベリック ウェイド・ウィリアムズ 林 一夫
セオドア(ティーバッグ)バッグウェル ロバート・ネッパー 若本 規夫
テレンス ステッドマン ジョン・ビリングズリー 副大統領の親族
フィリー ファルゾーニ アル・サピエンザ アブルッチの仲間
ティシア・バリス アディナ・ポーター クラブ・シモンズの元恋人